ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年5月

11件の記事があります。

2019年05月31日旭岳ビジターセンターへ行こう!

大雪山国立公園 渡邉 あゆみ

 大雪山国立公園の玄関口とも言える旭岳温泉。

 夏は大雪山の登山基地として、秋は日本一早い紅葉スポットとして、冬はパウダースキーやクロスカントリースキーヤーのホームとして、四季を通し国内外たくさんの方が訪れています。

 現旭岳ビジターセンターは北海道が建設してから30年以上が経過。施設の老朽化や、近年、東川町が取り組んでいるエコツーリズム推進の動きに合わせた新たな拠点施設を設けるため、環境省が実施主体となり、

旭岳ロープウェイ南側(旭岳公共駐車場奥)に新しいビジターセンターの整備を進めてきました。

 そして、この度、6月15日(土)に「新」旭岳ビジターセンターがオープンすることになりました!

 

 一般開館は、6月15日(土)13時30分からとなっています。

 先着100名様には、ご来場記念品をプレゼントいたします。環境省からは可愛いグッズをご用意していますので、是非お越しください♪

 なお、開館式の準備・会場確保のため「旭岳公共駐車場」は6月8()613()までは一部が、614()615()までは全面がご利用頂けません。大変ご迷惑をおかけしますが、旭岳温泉へ来られる方は、公共交通機関のバスで来られるか、お知り合い同士で来られる場合はなるべく乗り合いの上、駐車は旭岳ロープウェイの有料駐車場か旭岳野営場の無料駐車場をご利用ください。

 また、当日は、旭岳ビジターセンターの開館とあわせて14時より、オープン特別企画としてフォーラム、

15時半からは「山のまつり」が開催され、一日中、旭岳温泉を楽しむことが出来ます。

是非、新しくなった旭岳ビジターセンターにお越しいただき、旭岳周辺の自然や歴史を知って、

山のまつりに参加し、東川町の文化や恵みに触れて下さい。

「第1回 大雪山の価値を活かすためのフォーラム」

場 所:旭岳ビジターセンター レクチャールーム

ゲスト:北海道大学大学院 農学研究員 愛甲 哲也 氏

    北海道山岳ガイド協会 宮下 岳夫 氏

主催:東川町、東川町教育委員会、公益財団法人北海道地域活動振興協会

要予約(定員70名)

予約・お問合せは 0166-97-2153 又は 090-3890-2291 旭岳ビジターセンターまで。

 なお、現旭岳ビジターセンターは6月1日(土)から窓口以外、引っ越しのため閉館していますが、 無料休憩舎(畳みのあるお部屋)は開館していますので、ご自由にお休みください。電話は繋がりますので、登山に関することや自然情報のお問合せも上記の電話番号で受け付けます。

 約2週間後には開館です。まだガラーンとした館内。

 登山者には有益な情報を提供出来る場として、地元の方には何度でも足を運びたくなる愛される自慢のビジターセンターなるよう準備を進めています。

 開館をお楽しみに!皆様のご来館、お待ちしております。

ページ先頭へ↑

2019年05月31日今年もAR写真展開催します!

支笏洞爺国立公園 洞爺湖 増田 多美

皆さまこんにちは。

環境省 北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーと希少種保護増殖等専門員による「アクティブ・レンジャー写真展」が今年も開催することになりました。

2017年に初開催し、今年で3回目の開催です!

私たちは、美しく希少な北海道の自然環境を大切に活用し、そしてその自然を次世代へ繋いでいくため、国立公園や日本有数の渡り鳥の渡来地である鳥獣保護区の維持管理や現地調査、動植物との共存方法を考えながら保護・増殖したり、地域の関係者と現地で汗を流しながら、日々様々な業務に励んでいます。

写真は私たちが業務の際に撮影したもので、この写真展を通じて北海道の自然の魅力や環境省やアクティブ・レンジャーの仕事を知ってもらい、自然環境保護への理解を深めてもらうことを目的としています。

写真展は道内各地で開催しますので、↑スケジュールをご覧いただき、お近くにお住まいの方やドライブでお立ち寄りの際は、是非ご来場ください。

昨年度実施した写真展でのアンケート結果を踏まえて、今年は「風景の写真」と「動植物の写真」の計2枚を各地域のアクティブ・レンジャーが選出し展示します。

今年も会場にアンケートを設置しますので、ぜひ感想をお聞かせください。

アンケートにご協力くださった方にはオリジナルのしおりをプレゼント

↑これは昨年度に洞爺湖会場でお配りしたしおりです。

しおりは各会場によって異なりますので、コンプリートしてみるのもオススメですよ

62日(日)~羽幌の北海道海鳥センター、63日(月)~礼文の香深港フェリーターミナルで写真展がスタートします。

北海道の雄大な自然・動植物の魅力をぜひ見に来てください。

また、アクティブ・レンジャーの活動を知っていただけたら嬉しいです。

ページ先頭へ↑

2019年05月31日毎朝開催中~ノド自慢大会 in 勇駒別湿原~

大雪山国立公園 東川 渡邉 あゆみ

 勇駒別湿原のエゾノリュウキンカが見頃を迎えています。

 

 勇駒別湿原は、標高1100m、旭岳ロープウェイ山麓駅舎の裏手に広がる湿原です。

 旭岳公共駐車場と旭岳ロープウェイの駐車場の2箇所から湿原への木道が敷かれ、雪解けがはじまる5月中旬~6月末にかけては、木道沿いからエゾノリュウキンカとミズバショウの大群落を見ることが出来ます。

  

 雪が降り積もる前の晩秋に、木道の標識を外したり、看板の冬囲い、そして春には冬囲いを外し、標識の設置作業をするのはアクティブレンジャーのお仕事。スノーブリッジが出来ている危険箇所にロープを張ったり、木道の破損箇所や倒木、危険な場所はないかの確認をします。

 

 先日も木道での作業中、私の密かなお楽しみ「野鳥ノド自慢大会in勇駒別湿原」が開かれていたので、ついつい観客として聞き入ってしまいました。

 カワラヒワやエゾムシクイ、コマドリ、シジュウカラ、ウグイス・・・あちこちから、はちきれんばかりの野鳥の声が響き、「100点満点!」と称賛を送ったり、「練習あるのみ!」と励ましたり、美しいさえずりにうっとりしたり・・・。

 小さな体から発したとは思えない高らかな美声、もし野鳥になれるならどの声がいいかな?と妄想したりします。(今のところカッコウかアオバト推し。素朴な感じが◎。) 

 

 野鳥のノド自慢大会は勇駒別湿原で春は毎朝開催中!

 野外作業が多い私も、ここほどたくさんの野鳥の声が聞ける場所は他には記憶がありません。

 木道上はバリアフリー対応で、30分ほどで1周を回ることができます。木道上には、ところどころ雪がまだ残っており、踏み抜くところもありますので、長靴での散策がオススメです。

 鮮やかな新緑と青空のコントラスト、ツヤツヤなエゾノリュウキンカやミズバショウ、涼やかでフレッシュな空気に満ちている春の勇駒別湿原に是非お越しください。

ページ先頭へ↑

2019年05月22日日本に棲むのは〇〇アザラシ!春だけの光景って??

えりも自然保護官事務所 熊谷 文絵

みなさんこんにちは。

えりも自然保護官事務所 熊谷です。

えりもも木々や草花が彩り、風や凪が穏やかな日が増えてきました。

今回は、GWが終わったばかりで大分気が早いですが...

小中学生の皆さんには夏休みの自由研究に!大人の皆さんにはプチ自慢に!なるかもしれないお話です。

ここで早速、問題です!

日本にいるのは「何アザラシ」でしょうか?

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

...思い浮かんだのは何アザラシでしたか?

多くの方の答えは、真っ白でフワフワな赤ちゃんで有名な「ゴマフアザラシ」だったのではないでしょうか。ゴマフアザラシは日本の多くの水族館や動物園で飼育され、目にする機会の多いアザラシかと思います。

このゴマフアザラシ、日本にいるといえばいるけれど、いないといえばいないんです。

どういうことでしょうか...??

アザラシは、世界中に19種類が生息しています。

そのうち日本で見ることが出来るのは5種類。

そして、北海道で見ることが出来るのも5種類。

日本で野生のアザラシを見られるのは「北海道」だけなんです!

(たまーに「たまちゃん」と呼ばれたアザラシのように本州に迷い込んでしまう場合も。。)

その5種類のアザラシを生活様式ごとにご紹介します。

【回遊性のアザラシ】

決まった場所に棲みつかず、時期によってその時最適な場所を移動しながら生活します。流氷のくる冬の時期、子育ての為に北海道へやってきて、暖かくなると元いた場所や過ごしやすい環境を求め、北海道を去ります。このスタイルをとっているアザラシは...

●ゴマフアザラシ

白地に黒いゴマをふりかけたような模様をしています。流氷に溶け込む色、白くてフワフワの赤ちゃんは有名ですね。その白さ、たったの2~3週間!

(北海道の居心地が相当良いのか、日本海側にはほぼ周年いる個体もいるようです)

●クラカケアザラシ

黒い体に白い鞍(くら)をかけたような模様から、日本名が付けられました。大抵の生き物は、棲む場所に似た模様や色をしていて外敵に見つかりづらい保護色となっていますが、クラカケアザラシは、本当に保護色になってる?!と思う程はっきりと濃淡のある白黒模様です。

●アゴヒゲアザラシ

からだは茶色、大型のアザラシです。名前の通り立派なひげの持ち主ですが、よく見るとひげはあごからでなく口の周りに生えています。

●ワモンアザラシ

世界で最も小さなアザラシ。それでも成獣(おとな)は約50㎏にもなります。白っぽい黄なりのような地に同系色の輪紋模様からワモンアザラシの日本名が付けられています。

【定着性のアザラシ】

回遊はせず、周年決まった範囲内で過ごします。北海道で見られるアザラシで唯一の定着性のアザラシは...

●ゼニガタアザラシ

昔のお金「銭(ぜに)」のような模様をしていることから名前が付きました。北海道の太平洋側に生息していて、中でも襟裳岬には多くのゼニガタアザラシがおり、国内最大の生息地および繁殖地となっています。

ここまでで、北海道では、回遊性のアザラシは冬の決まった時期だけに姿を見せ、定着性のゼニガタアザラシのみ一年中見られることが分かります。

ゴマフアザラシなど回遊性のアザラシたちを、北海道に"棲む"ではなく"いる"と表現するのはそのためです。

ということで、クイズの正解は...

ゴマフアザラシ、クラカケアザラシ、アゴヒゲアザラシ、ワモンアザラシ、ゼニガタアザラシ...紹介したすべてのアザラシが正解です。複数答えられた方はアザラシ通!

いかがでしたか?えりもに生息しているゼニガタアザラシ、名前を聞く機会は少ないかもしれません。ですが、日本に暮らす私たちに一番関係が深いアザラシともいえるのではないかと感じます。

今時期(5月末ごろまで)はゼニガタアザラシの出産シーズン!!

写真は「ノーズ・トゥ・ノーズ」と呼ばれる行動です。

親子は時折、鼻と鼻を近づけてお互いの匂いで親子であることを確認し合います。今時期だから見ることのできる微笑ましい姿。

母アザラシが子どもを背中に乗せて泳ぐ姿も見ることが出来ますよ♪

子どもは、牛乳の10倍ともいわれる栄養たっぷりの母乳を飲んで成長します。生まれたときは10㎏に満たなかったアザラシは1ヵ月半ほどで約30㎏に。あっという間に大きくなってしまいます。

このように、誕生から独り立ちまでの様子を見守ることが出来るのも、定着性のアザラシだからこそ。

時折波にさらわれそうになったりと、ちょっと危なっかしくも逞しく、そして微笑ましく成長する姿を見届けられることはとても貴重なことです。

出産・子育ての今時期や、一年に一度全身の毛が生え変わる"換毛期"の夏。これらの時期は、天候に恵まれる日が多くアザラシを観察しやすい時期です。

みなさんも、ご自身の目でえりもに暮らすゼニガタアザラシの日常を覗いてみてはいかがでしょうか?

ページ先頭へ↑

2019年05月21日「支笏洞爺国立公園指定70周年記念 春の息吹観察会♪」

支笏洞爺国立公園 當山真貴子

エゾヤマザクラの時期が終わり、あっという間に樹木の先から新芽が出始め、

グリーンシーズンに突入している支笏湖。

早く夏山登山に挑戦したくてたまらない當山です。

 

さて、先日(5/18)、令和元年度初となる「支笏洞爺国立公園指定70周年記念 春の息吹観察会」

を開催しました。

※参加者:15名(4歳のお子様含む)

観察会の様子♪

 

足下を注意深く観察してみると、淡いパープル色のシラネアオイや白色のミヤマエンレイソウの花、

上を見上げると、白色のオオカメノキの花等々、様々な植物が開花していました。

散策中、多くのスミレの仲間を発見!

スミレの仲間は、とても種類が多く判別が難しい植物です。

地上茎が伸びて葉が互性する「(ゆう)(けい)(しゅ)と地上茎が発達せず葉や花柄が根もとからでる「無茎(むけい)(しゅ)

とに分けられるそうで、有茎種にはタチツボスミレイソスミレ、

無茎種にはスミレサイシンやミヤマスミレ等があります。

また、(きょ)の色が紫色or白色なのかも判別するポイントの一つです。

令和元年初にふさわしいほどの快晴で、心地よい太陽の光を浴びながら、

ウグイスやセンダイムシクイ等のさえずり、キツツキの仲間のドラミング等、

終始、賑やかな観察会となりました。

是非、皆さんも新緑が美しい支笏湖にお越し下さい(^^)

ページ先頭へ↑

2019年05月21日「支笏洞爺国立公園指定70周年記念 湖岸清掃」開催!

支笏洞爺国立公園 當山真貴子

みなさんは、5月16日が何の日かご存じでしょうか?

実は、昭和24年に支笏洞爺国立公園が国立公園に指定された日で、今年で70周年を迎えました!

その節目に、この魅力をさらに発信していくことを目的として、支笏湖と洞爺湖で清掃イベントを同時開催♪

支笏湖については、企業様・団体様・地域の皆様にご協力を依頼したところ・・・

15団体、約100名の方々が参加なさいました!

ご参加いただいた皆様、ご協力・ご連携いただいたシーニックバイウェイ北海道_支笏洞爺

ニセコルートウェルカム北海道エリアの皆さん、紙面をお借りしまして、お礼申し上げます。

開会式の様子

 

開会式を始めた際、波が静まり、湖面が山々を反射し「鏡」のような現象が発生しました。

これは、毎年春先、晴れて無風状態など様々な条件が揃わないと見られない貴重な現象です。

支笏湖も自分の誕生日に清掃をしてくれて喜んでいるのではないかと思ってしまいました(^^)

 

開会式後、清掃分担場所をポロピナイの湖岸沿い、丸駒温泉方面の湖岸沿い、

国道453号線沿いの駐車帯、ポロピナイから展望台方面の道路沿いに設定し、いざゴミ拾いへ!

清掃活動の様子

 

ゴミの総重量は、440kg!

空き缶やペットボトル、船体の一部、漁で使う浮き、タイヤ、鉄類等のゴミが集まりました・・・

この周辺は、キタキツネやタヌキ等の野生動物たちが生息しているエリアです。

プラスチック製品やお菓子の袋等は分解されず、ずっと放置されたまま・・・

ここに暮らしているのは私達人間だけではありません。

野生動物たちがゴミを誤飲する可能性もありますので、捨てないようにお願いします。

 

また、焚き火の跡を発見しました・・・

国立公園の利用上のマナーとして、火災の原因になることを考慮し、焚き火(直火不可)は

控えていただくように呼びかけています。

※美笛キャンプ場やモラップキャンプ場の利用上の注意

ゴミや芝生などの影響を考え、湖畔などの砂浜や場内の地面の上での直接のたき火を

禁止しております。火をご利用の際は、必ず焚火台をご利用ください。(直火不可)

 

70歳の誕生日を迎えた支笏洞爺国立公園。

皆さんが住んでいるこの国立公園の環境や自然を守る大切さを見つめ直す

きっかけになって欲しい・・・と改めて感じた一日となりました。

☆全員集合!Happy birthday

ページ先頭へ↑

2019年05月16日令和元年度パークボランティア連絡会総会と春山研修

大雪山国立公園 渡邉 あゆみ

 こんにちは、東川の渡邉です。

 東川町は田んぼに水がはり、天気の良い日は水田に映る大雪山を見ることが出来ます。稲を植え付ける前の、今しか見られない景色。次は農家の方が、トラクターを忙しくまわし、夜にはカエルの大合唱が聞こえてくるでしょう。そんな四季の到来を色濃く感じることが出来るこの町が大好きです。

 さて先日、十勝岳温泉 凌雲閣にて、パークボランティア連絡会総会と春山研修が行われました。

 昨年度、加わった新人の方々が参加するはじめての総会。新人の方にもわかりやすいよう、役員の皆さんが例年よりも丁寧に議事を進行してくれました。

 また、今回は北海道地方環境事務所から大林統括自然保護企画官も参加され、日頃からご活躍頂いているパークボランティアの皆さんへ労いの言葉がかけられました。

 議事では、提案や意見なども活発に交わされましたが、パークボランティアの皆さんが積極的に発言できる場、雰囲気って大切ですね。

 

 翌日の春山研修は、スキーやスノーシュー、5隊に別れ、上富良野岳や三段山周辺をトレッキングし、シーズン前の足慣らしをしました。

 歩き始めは濃かったガスもピークに立つ頃には青空となり、雪面に反射する太陽が眩しくてサングラスなしでは目を開けていられません。春のやわらかな空気、スクッと飛び抜けて高い十勝岳、荒々しいカミホロカメットク山。白い山と青空の爽やかなコントラストに見惚れ、足の裏から力が充電されてくるようでした。

 

 令和元年度の登録数は119名の大雪山のパークボランティア。今年は新たな行事も増え、活動が今まで以上に活発になりますが、大雪山の自然を守るために、楽しみながら活動に参加してもらいたいと思います。私も皆さんと一緒に山を歩けること、今から楽しみにしてます。

 皆さんの夏山シーズンが充実したものになりますようお祈りしています。

ページ先頭へ↑

2019年05月12日大雪山国立公園パークボランティア

大雪山国立公園 大久保 智子

こんにちは、上川自然保護官事務所の大久保です。

大雪山国立公園での好きな業務の一つがパークボランティア活動でした。

いままで歩いてきた大雪山のために何かをしたいという、意識の高い人達との活動は勉強になることが多かったです。

高齢化してきていると言われていますが、年齢なんて何のその、気持も若いし、体力もまだまだ十分、登山も人生も経験豊富、そして何より大雪山のことをよく知っている、本当心強い人達です。いろいろなことを教えていただいたおかげで、経験と知識を積み重ねてこられました。

感謝の意をこめて、大雪山国立公園パークボランティアさんとの思い出を振り返りたいと思います。

忠別避難小屋に捨てられてたまりに溜まったゴミを担ぎ下ろしました。

自分の泊まり装備に加え、人のゴミを背負って下ろすことはそう簡単にはできません。

 

(左)五色ヶ原の笹刈り、(右)愛山渓の笹刈り。

木道にかかる笹は、木道を滑りやすくしたり、覆ってしまったりして危ないです。

笹は小さいけれど、かがみ込んでの作業は結構辛いんです。

愛山渓の笹はものすごく元気で、背も高くて太い、渾身の力を込めてはさみを握ります。

 

登山道整備 (左)ロープ張り、(右)ロープ貼り直し

 

(左)ルピナス駆除に(右)湿原植生再生のためのむしろ敷き

 

マイカー規制の時の普及啓発活動。(左)過去に登山口レクチャーもしていました。

紅葉の見所やまだ咲いている花情報や、山座同定など案内しています。

紹介した活動内容はほんの一部ですが、休日返上で様々な活動をしてくれて、大雪山国立公園を支えてくれています。時には辛いし、汚いし、嫌なこともあります。

でもみなさんいつも笑顔で活き活きしているのは、大雪山のためにという熱い思いからです。

一緒に活動ができて本当幸せでした。ありがとうございました。

昨年新しい会員たちも増え一層活躍の場が広がると思います。これからも大雪山国立公園パークボランティアの活動を応援しています。

パークボランティアのみなさんが活動しているところを見かけた場合には一声かけてください。

きっとさらに気合が入ると思います。

ページ先頭へ↑

2019年05月12日大雪山の魅力 お気に入りの景色より

大雪山国立公園 大久保 智子

こんにちは、上川自然保護官事務所の大久保です。

上川は桜が咲きはじめ、生き物たちの息吹を強く感じる季節になってきました。

そろそろ大雪山の夏山計画をされる方もおられるようで、問い合わせの電話が増えてきました。「今年の高山植物はいつ見頃か?」こればっかりは・・・私も知りたい!!って思いながら頭の中は、広い稜線と高山植物の景色でいっぱいになります。

私は、広い景観とそこに咲き誇る高山植物に魅了され、大雪山の虜になってしまいました。

雪どけ後から次々と台地を埋め尽くす、色とりどりの高山植物は、毎週、いや毎日、表情の違う景観をみせてくれ、通い続けても飽き足りません。

夏山シーズン前に、今まで撮影した写真より、お気にいりを紹介したいと思います。

写真をみてたら、早く夏山を歩きたくてうずうずしてきました。

この景色と花たちを見ることが毎年の楽しみで、大雪山に関わる仕事が出来て幸せを感じるひとときです。

ですが、この度5月末日で、上川自然保護官事務所を退職することとなりました。

これまで多くの方々にお世話になりました。有意義に過ごせたのも関わってくださった皆様のおかげです。ありがとうございました。

でも大雪山愛は永遠ですので、これからも足を運びます。今シーズンの開花状況がどうなるのかが、今の楽しみです♪

では、また山で 

大久保 智子

ページ先頭へ↑

2019年05月08日宮島沼に夏鳥を見に来ませんか!

苫小牧 平 尚恵

皆さまこんにちは

宮島沼も担当しております。平です。

宮島沼(美唄市)には毎年、マガンの群が春と秋の渡りの中継地として訪れます。

普段はゆったりした時間の流れる宮島沼ですが、この時期だけは湖面はマガンやヒシクイ、ハクチョウ類で、センターはバードウォッチャーで大賑わいです。

沼では、早朝に塒立ち(ねぐらだち)と言って、周辺の田畑へエサを食べるため、日の出ご頃に一斉に飛び立つ光景が見られます。

~私が初めて宮島沼のマガンの塒立ちを体験したときの様子です~

寒さに耐えながら、白い息を吐き、観察小屋の横に立っている私の耳に、突然、走っているはずのない貨物列車の音が沼の奥から地響きのように届きました。次の瞬間、黒い塊が沼の奥からこちらに迫ってきたかと思うと、一瞬で空を埋め尽くし、薄曇りだったわずかな空の光を遮り、再び暗闇が訪れました。

あのときの衝撃と、生命の力強さは今も忘れられません。マガンの塒立ちはまさに圧巻です!!

沼の奥から迫ってくるマガン

沼の奥から迫ってくるマガン

薄暗い早朝 一斉に飛び立つマガンの群

空を埋め尽くすマガンの群

そう、そしてマガンは今年もちゃんと宮島沼にやって来ました。

先月の4月16日に宮島沼を訪れたときには、ちょうど6万羽に達したところでした。

沼の横で観察していると、近くに居た群が一斉に沼に戻ってきて、私の頭上を「ヒャララン・ヒャララン」と鳴き合いながら、旋回して沼に下りていきました。

 

        沼近くの畑で             賑やかな声に上空を見上げると

 

春の渡り鳥たちはすでに北帰してしまいましたが、これからは夏鳥の季節になりますので、沼の野鳥観察はまだまだ楽しめます。

センターのパンフレットに宮島沼歳時記として、各月に観られる野鳥や見所を紹介していますのでご覧下さい。パンフレットはセンター入り口に置いてあります。

宮島沼歳時記

また、最新の野鳥の情報は順次更新される、ミヤログからもチェックできます。こちら

周囲を田んぼに囲まれた宮島沼はどこか懐かしい雰囲気が漂っていて、都会の喧噪を離れ一時の休憩するにはもってこいの癒やしスポットです。是非、宮島沼水鳥湿地センターへお越し下さい。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ