ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年7月

6件の記事があります。

2019年07月31日羊蹄山でのお仕事

支笏洞爺国立公園 洞爺湖 増田 多美

皆さまこんにちは。

洞爺湖から羊蹄山方面へ向かっているとパラグライダーをしている人達をよく見かけます。

「気持ちいいんだろうな~」と思いながら、いつか体験するぞ!と考えている洞爺湖管理官事務所アクティブレンジャーの増田です。

パラグライダーも気持ちよさそうですが、羊蹄山での仕事も綺麗な景色やお花に癒やされ気持ちが良いんです。

そんな羊蹄山で今年度行ったお仕事を少し紹介します。

6月28日 羊蹄山避難小屋トイレの点検作業

地元の事業者さん協力のもと、浮遊物や沈殿物の状態の確認や水温、透過度、PH値等を調べます。

↓汚水も処理を促進するため、米ぬかと発酵促進剤を投入

このトイレは水洗式ではありません。

トイレの処理機能を正常に維持するために使用済みトイレットペーパーを他のゴミと一緒に必ず持ち帰って下さいね☺

トイレの点検作業中シマリスを2匹見かけました。

何をしているのか気になったのでしょうか。

7月2日 コマクサ除去

羊蹄山に本来自生していなかったコマクサの除去活動のお手伝いをさせていただきました。

この活動は今年で9年目となり、地元倶知安町などが主体となって国の天然記念物である「後方羊蹄山の高山植物帯」の保護のために続けられています。

↑皆でコマクサを探しているところ

↓ハイマツの下まで念入りに生えていないかチェックします。

除去した個体は記録をつけていきます。

これまでの8年間の除去活動によって個体数は大幅に減少し、今回は有花茎個体(つぼみや花の付いた茎がある成熟した個体)1株と無花茎個体(つぼみや花の無い未成熟な個体)5株のみの除去となりました。

コマクサは少しでも根が残るとそこから発芽してしまうため、丁寧に根を除去する必要があります。

羊蹄山には自生していないはずのコマクサがなぜ生えてしまったのか。

それは、登山者が種を蒔いたからです。

種が蒔かれた場所はエゾカンゾウなど約80種の高山植物が群生している特別保護地区でした。

高山地帯のような厳しい環境条件のもとでは植生が一度破壊されると、その後の復元はきわめて困難です。

万年単位で今の特異な羊蹄山の植生(山の個性)が成り立っています。その特異な羊蹄山の個性をしっかりと子孫に受け継いでいくことはとても大切なことです。

この程度ならば他の高山植物に大きな影響はないだろうという安易な考えは後世に大きな禍根を残すことになります。

綺麗なお花は摘んだり植えたりせず、写真を撮るだけにしてくださいね(*^-^*)

↑母釜付近に咲いていたイワウメ

ページ先頭へ↑

2019年07月29日たまには山へ恩返しinトムラウシ

大雪山国立公園 上村 哲也

 7月20日(土)、21日(日)、大雪山・山守隊が中心となってトムラウシ山のカムイ天上付近で実施した登山道整備イベント「たまには山へ恩返しinトムラウシ」に同行しました。

 トムラウシ山のカムイ天上に延びる登山道は、2003年に新たに開削された区間です。それまでのカムイサンケナイ川を辿るコースは渡渉や登降を繰り返し、辛く難しいコースで事故も起きていました。

 しかし、ササ原を切り開いたこの区間は融雪期や降雨直後にぬかるみがひどく、評判はよくありません。少しずつ整備を進めてきましたが一向に改善されません。ここは切れ目なく木道を敷きつなぐ方が、土が削られてぬかるみが作られることも抑えられるのではないか、そう考えられるようになりました。

参加者自ら資材を荷揚げ このイベントは、参加者自らも長さ60センチや120センチの木材、釘、ハンマー、カケヤなどを分担して運搬します。登山口でトラックから降ろされた資材が、我こそと参加者の背負子に収められてゆきました。みなさん、意欲満々です。主催者の担ぐ荷が少なくなりバツが悪そうです。いえいえ、このほかに山守隊のみなさんは事前に何度も資材を担ぎ上げたと見聞きしました。

 荷揚げは、普段、登山装備を担いで山に登るみなさんですから、それほど苦とはしません。難しいのは組み立てるための釘打ちと揺れ動かない安定した設置です。

釘打ち 枕となる60センチの角材に踏み板となる120センチの角材を4寸釘で固定します。4寸釘は長さ125ミリ、太さ4.6ミリ。厚さ6センチ×2枚をわずかに突き抜けさせます。突き抜けた先を叩いて曲げ、抜け止めにします。並の金槌では打ち込めません。重さが1キロを超える石頭鎚を用います。これが、いうことを聴きません。斜めに当たったり端に当たったりすると、太い釘も平気で曲がってしまいます。いくらか上手に打ち込むことができても、すぐに腕の力がなくなったりします。交代、分担しながら作業を進めました。

 設置もまた難しい作業のひとつです。登山道は平坦ではありません。設置した木道のどこを踏んでもガタガタと動かないように調節します。根気よく丁寧な作業が求められます。

安定した設置

 2日間に汗をかいた参加者は延べ37人。組み立てた木道は69基、敷き延ばした区間は約300mです。大雪山・山守隊のみなさん、参加された山好きのみなさん、お疲れ様でした。

ページ先頭へ↑

2019年07月08日草刈り作業に奮闘!

支笏洞爺国立公園 當山真貴子

気温の高い日が続き、新緑が美しい支笏湖では、各地で山開きやお祭り等のイベントが始まり、連日、多くの観光客で賑わっています。

 

さて、先日、業者さんやパークボランティアの皆さんと休暇村園地周辺の「草刈り・施設整備」を実施しました!(約20名)

 

歩道まで伸びてしまった草を刈り払い機や鎌で刈りました。

 

汚れた案内看板やフットライトの拭き掃除にも取り組みました。

今まで行きづらかった場所が通りやすくなり、看板も綺麗に♪

 

新人パークボランティアも多く参加いただき、いつもより賑やかな雰囲気の中での清掃となりました。

一人では半日以上時間がかかる作業が、約2時間で終えることができ、ご協力いただいた皆さんに感謝★

是非、綺麗になった園地の散策をしてみてはいかがでしょうか(^^)

ページ先頭へ↑

2019年07月08日支笏湖ヒメマス漁解禁!~合同パトロール~

支笏洞爺国立公園 當山真貴子

投稿が遅くなってしまいましたが・・・汗

先月の合同パトロールについて報告させていただきます。

 

6/18/31は、支笏湖のヒメマス釣りの解禁期間ということで、解禁日の前後に市役所・北海道職員、警察署などの方々と合同パトロールを実施しました。

※通常、支笏湖での動力船は規制されています。

 

5/31は、解禁日より前に漁をしている船はいないか確認しながら、湖岸沿いにズラッと並ぶ船の数をカウントしました。

船の数々

 

解禁当日の6/1は、午前2時に起床し、午前3時半頃に船上パトロールを開始!

湖上で釣り糸を垂らしている船の数を数えると・・・およそ160隻!

漁の禁止区域の場所で釣りをしている船を一隻発見し、注意をしましたが、その他の違反はありませんでした。

昨年は、小さいサイズのヒメマスが多かったと聞いていましたが、今年は「体長25cm程の4年魚が大漁に釣れている」とのこと。

最終日の8/31までルールを守りながら、誰も事故なく、釣りを楽しんでいただければと切に祈りました。

ページ先頭へ↑

2019年07月08日礼文島PV(パークボランティア)活動✿

利尻礼文サロベツ国立公園 稚内 津田涼夏

みなさん、こんにちは!

礼文担当アクティブレンジャーの津田です。

今回は、私がアクティブレンジャーとして初めて礼文島内で行われたPV活動をご紹介していきます♪

5月30日に礼文島レブンアツモリソウ群生地にて行われた高山植物盗掘防止合同パトロール活動と6月6日に礼文島桃岩展望台コース付近にて行われた外来種駆除活動についてです。

「高山植物盗掘防止合同パトロール」

高山植物盗掘防止合同パトロールとは......?

昨年の活動は地元のボランティアと一緒に礼文島内のパトロールを行いながら、礼文島を訪れた方々に礼文島の自然について知ってもらい、自然を守る活動のPR、トレイルコースを歩くマナーの普及を主目的とした活動でした。

今年はレブンアツモリソウ感謝祭に参加し、レブンアツモリソウ群生地に訪れる観光客に高山植物盗掘防止の呼びかけを行い、パンフレットやティッシュ等を配り、昨年同様、礼文島を訪れた方々に礼文島の自然を知ってもらい、自然を守る活動のPRやマナーの普及を主目的とした活動を行いました。

礼文島は本州では高山帯にしか生育できないような植物が低い標高でも生育することのできる場所です。礼文島には礼文島にしか生育しない固有種があります。過去にはそれらの植物の盗掘の被害がありました。

・盗掘が行われることにより、まずその植物の個体数が減少します。

・盗掘採取のため踏み込まれた場所は荒らされ、他の植生に影響を与えてしまいます。

これらを防ぐために関係者合同で呼びかけやパトロールを行いました。

来年も再来年もの先も皆さんが礼文島の自然を楽しめるように守っていきましょう。


写真1,2:高山植物盗掘防止合同パトロール(2019/5/30 レブンアツモリソウ群生地)

「外来種除去活動」

この日の礼文島は温かく、また風もなく、過ごしやすい1日でした。

PV 3名、NPO 1名、環境省 1名で行われた活動ですが45リットルのゴミ袋が10個も満杯になるほどのハルザキヤマガラシ(アブラナ科)が除去されました。ハルザキヤマガラシは比較的に手でも抜きやすい植物であり、皆さん真剣な表情でしっかりと活動してくださいました。

外来種はもともとその地域におらず、人間の活動により他の地域から入ってきた生物のことです。私たちは知らない間に外来種の侵入に一役買ってしまっている可能性があるのです。ではなぜ、外来種は駆除しなければならないのでしょうか。礼文島の生態系保全のためであり、お花の中に侵入し広がっていくのを防ぐためです。礼文島ではハルザキヤマガラシの他に、セイヨウタンポポやシロツメクサ、ムラサキツメクサ等、元々礼文島には生育していなかった外来種が侵入しています。一度定着してしまうと、動物・植物問わず根絶するまで長い時間とたくさんの労力が必要となってしまいます。除去活動を行っていくうえでは、このように地道な活動を継続して続けていくことがとても大事です。これからも積極的に活動していこうと思いました。

参加して頂いた皆さん、ご協力ありがとうございました!!

写真3,4:外来種駆除(2019/6/6 桃岩展望台コースの手前)

ページ先頭へ↑

2019年07月02日釧路川の清掃活動へ

釧路湿原国立公園 渡辺欣正

6/12()6/14()の清掃活動を行ってきました。遅ればせながら、今日はその様子をアップします。

1回目は茅沼カヌーポートを出発し、細岡カヌーポートまでを。2回目は塘路湖から岩保木水門までを。どちらも距離にして15kmありますが、川の流れが後押ししてくれます。

5W1H 5W1H

釧路湿原で一番人気のアクティビティであるカヌーツアー。ハイシーズンを前に、「しっかりキレイにしてお客様をお迎えしたい。」と地元カヌーガイドさんをはじめ、釧路川を愛する仲間たちも一緒です。

5W1H 5W1H

そして手に持ったらゴミで満タンにしたくなる不思議なゴミ袋。アウトドアメーカーのコロンビアさんからご提供いただきました。絵柄もこの活動にぴったりだと思いませんか?

5W1H 5W1H

野生動物の記録も行い、JR釧網本線「くしろ湿原ノロッコ号」を川から歓迎する、という裏ミッションも果たし、

5W1H 5W1H

カヌーの中がゴミでいっぱいになったところでゴール!夏の準備が整いました。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!ピカピカの釧路川を下って、たくさんの感動と思い出をつくってほしいですね。

5W1H

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ