管内の国立公園

管内の国立公園

管内には3つの国立公園が指定されています。

[1] 知床国立公園〔昭和39年6月1日指定、38,636ha〕

写真:海上より知床半島斜里側を望む
海上より知床半島斜里側を望む

原始性の高い国立公園でオジロワシ、シマフクロウ、ヒグマの生息地。森に囲まれた知床五湖から眺める知床連山の眺めは絶景。冬には、知床半島西側は流氷にうめつくされる。

■ 関係市町村:斜里町・羅臼町

知床国立公園の詳細はこちら


[2] 阿寒国立公園〔昭和9年12月4日指定、90,481ha〕

写真:冬の雄阿寒と雌阿寒
冬の雄阿寒と雌阿寒

雌阿寒岳をはじめ火山がいくつもある。深い森に囲まれ、マリモが生育する阿寒湖、世界有数の透明度を誇る摩周湖、周囲に強酸性の温泉群のある屈斜路湖などの湖沼の景色が美しい。

■ 関係市町村:大空町・美幌町・津別町・清里町・小清水町・足寄町・標茶町・弟子屈町・釧路市・白糠町・中標津町

阿寒国立公園の詳細はこちら


[3] 釧路湿原国立公園〔昭和62年7月31日指定、28,788ha〕

写真:細岡展望台より
細岡展望台より

釧路湿原は日本最大の湿原。周辺の展望台からは、広大な湿原とともに、蛇行する釧路川を見ることができる。タンチョウの繁殖地で、湿原の東側には塘路湖、シラルトロ湖などの湖沼がある。

■ 関係市町村:釧路市・釧路町・標茶町・鶴居村

釧路湿原国立公園の詳細はこちら

  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
ページ先頭へ