報道発表資料

2013年11月07日

報道発表:阿寒国立公園オンネトー湯の滝生態系回復工事に係る取材について(お知らせ)

釧路自然環境事務所

 阿寒国立公園オンネトー湯の滝生態系回復工事に関し、現地での取材対応日を定めたのでお知らせします。

 オンネトー湯の滝では、生態系の維持回復を図るため、生態系回復工事を実施していますが、本工事に関してマスコミ各社から多くの問い合わせを頂いたことから、取材日を設定し、現地にて対応することと致しましたのでお知らせします。

取材対応日

11/12(火) 13:30~15:00

場所

オンネトー湯の滝 施工地 (下記「位置図」参照)

【位置図】
「位置図」

申込方法

別紙「申込様式」に必要事項を記入し、FAXで申し込みください。

申込先

北海道地方環境事務所 釧路自然環境事務所 国立公園・保全整備課
FAX:0154-32-7575(担当:藤重)

申込期限

11/8(金)17:00まで
(当該地は国有林のため、取材に際し森林管理署の入林関係の手続きが必要となりますが、今回申込者分の手続きは環境省が実施します。手続きに要する時間の都合上、申込期限を設けさせて頂きます。)

問い合せ先

北海道地方環境事務所 釧路自然環境事務所 国立公園・保全整備課
TEL:0154-32-7500(担当:藤重)

その他

ご不明点は、上記問い合わせ先までご連絡ください。

参考

<オンネトー湯の滝について>

  • 阿寒国立公園 特別保護地区内
  • 地上でのマンガン生成現象が確認できる世界でも希な場所であることから、平成12年に国の天然記念物に指定

<工事実施の背景について>

  • マンガン生成現象には藻類とそれに共生する細菌が重要な役割担うが、人為的に持ち込まれた外来魚(ナイルティラピア及びグッピ-)による食害のため藻類等が減少
  • マンガン生成現象を含むオンネトー湯の滝の自然環境へ、外来魚が多大な影響を及ぼしていることから駆除を行う

<工事内容について>

  • 外来魚の生活水温は16-37℃程度のため、生息域に流入する温泉水を一定期間遮断することで駆除する
  • 遮断するための小規模なバイパス工事を行う
  • バイパス工事は仮設であり、効果確認のうえ、3年後を目処に撤去する予定

<バイパス設置工事の作業予定>

11/5(火)から11/15(金)まで
(現場作業の状況により、末日については変更する場合あり)

添付資料

別紙「申込様式」 [PDF 10KB]

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
国立公園・世界自然遺産カーボン・オフセットキャンペーン(リンク)
釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイ(リンク)
ページ先頭へ