報道発表資料

2014年03月20日

報道発表:東アジア・オーストラリア地域フライウェイ・パートナーシップ(EAAFP)第8回パートナー会議の釧路開催について(お知らせ)

釧路自然環境事務所 
代表:0154-32-7500
直通:0154-32-7575
所長:西山 理行
野生生物課長:大林 圭司
係員:中田 一誠

 渡り性水鳥の保全のための国際的枠組である「東アジア・オーストラリア地域フライウェイ・パートナーシップ(以下、EAAFP)」(別紙1参照)の第8回パートナー会議(MOP8)が平成27年1月16日~1月21日にかけて、我が国ではじめて、釧路市において開催されることとなりましたので、お知らせいたします。

■EAAFP第8回パートナー会議(MOP8)

【会期】
平成27年1月16日(金)~1月21日(水)
【会場】
釧路市観光国際交流センター(北海道釧路市)

●主要な議題(想定)

  • EAAFP事務局からの前回会合以降の取組に係る報告
  • 風力発電施設と渡り性水鳥の保全に関する情報共有
  • ガンカモ類、ツル類、シギ・チドリ類等の作業部会毎の会合及び報告
  • 東アジア・オーストラリア地域フライウェイにおける渡り性水鳥のモニタリングの促進に係る議論 等
  • 次期EAAFP実施戦略の検討

●これまでのパートナー会議(MOP)開催地

MOP1 (平成18年11月)
ボゴール, インドネシア
MOP2 (平成19年11月)
北京, 中国 
MOP3 (平成20年11月)
仁川, 韓国
MOP4 (平成22年2月)
城東, 韓国
MOP5 (平成22年12月)
シエムリアップ, カンボジア
MOP6 (平成24年3月)
パレンバン, インドネシア
MOP7 (平成25年7月)
アラスカ, アメリカ合衆国

参考資料

(別紙1)EAAFP概要 [PDF 143KB]
(別紙2)渡り鳥の主要な渡り経路 [PDF 137KB]
(別紙3)日本のネットワーク参加地位置図 [PDF 130KB]

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
国立公園・世界自然遺産カーボン・オフセットキャンペーン(リンク)
釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイ(リンク)
ページ先頭へ