報道発表資料

2016年02月24日

平成27年度第3回知床世界自然遺産地域連絡会議及び知床世界自然遺産地域適正利用・エコツーリズム検討会議の開催について(お知らせ)

知床世界自然遺産地域の関係機関の連絡・調整を目的とした知床世界自然遺産地域連絡会議及び適正な利用およびエコツーリズムの推進を図ることを目的とした知床世界自然遺産地域適正利用・エコツーリズム検討会議を下記の要領で開催いたしますので、お知らせします。

平成28年2月24日(水)

知床世界自然遺産地域連絡会議事務局

適正利用・エコツーリズム検討会議事務局

環境省釧路自然環境事務所

林野庁北海道森林管理局

北海道

1.日 時

平成28年3月2日(水)

13:00~14:00 知床世界自然遺産地域連絡会議

14:20~17:20 知床世界自然遺産地域適正利用・エコツーリズム検討会議

2.場 所

羅臼町商工会 2階会議室 

〒086-1832 北海道目梨郡羅臼町船見町46番地1

3.議題(予定)

●知床世界自然遺産地域連絡会議

(1) 科学委員会からの報告

(2) エゾシカ・ヒグマ等の対策について      

(3) 環境省、林野庁、北海道の実施事業報告    

(4) 第39回世界遺産委員会決議の対応方針について

(5) 北海道知床世界自然遺産条例案について

(6) シンボルマーク部会からの報告        

(7) その他

●知床世界自然遺産地域適正利用・エコツーリズム検討会議

①実施部会からの報告

(1)知床ヒグマ餌やり禁止キャンペーン

(2)厳冬期の知床五湖エコツアー事業

(3)赤岩地区昆布ツアー部会

(4)「外国人旅行者向け情報発信の強化」部会

(5)先端部地区利用の心得の点検 検討部会

②個別部会等からの報告

(1)知床五湖地区における取組                 

(2)カムイワッカ地区における取組

(3)ウトロ海域における取組

③地域からの報告

(1)知床五湖地区周辺における早朝利用について

(2)スカイバスについて

(3)ヘリコプタークルージングについて

④モニタリング調査について

(1)平成27年度知床世界自然遺産地域の利用状況について

(2)長期モニタリングについて

・長期モニタリングの考え方・基準

・平成26年度長期モニタリング評価(適正利用・エコツーWG担当分)

⑤その他

(1)知床エコツーリズム戦略事務取扱要領の一部改定について

(2)北海道知床世界自然遺産条例案について

4.その他

会議は公開で実施します。傍聴希望の方は、当日、直接会場にお越し下さい。

添付資料

■ 問い合わせ先
(問い合わせ先)
環境省釧路自然環境事務所
国立公園企画官:坂口 隆
担当:中田 一誠
TEL:0154-32-7500
FAX:0154-32-7575

  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
国立公園・世界自然遺産カーボン・オフセットキャンペーン(リンク)
釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイ(リンク)
ページ先頭へ