報道発表資料

2017年04月10日

温根内ビジターセンターの開館について(お知らせ)

環境省が鶴居村温根内にて建替工事を進めていた温根内ビジターセンターは、4月9日(日)より一般公開しました。

1.開館時間

4月~10月 9:00~17:00

11月~3月 9:00~16:00

※4~10月は休館日を含めトイレは24時間開放

※火曜、年末年始休館

2.施設規模及び構造等

【敷地面積】 2348.25㎡

【構造】 木造平屋建

【延床面積】 596㎡

・展示室 160㎡

・レクチャールーム  60㎡

・休憩室 40㎡

・ボランティアルーム  20㎡

・その他(事務室、作業室、トイレ等) 316㎡

3.施設のコンセプト

  1. 湿原環境へと誘うゲート

    湿原の散策フィールドである温根内木道や鶴居軌道の入口に立地することから、温根内木道及び鶴居軌道敷と一体的利用が可能で、湿原環境へ誘うための魅力あるゲートとなる施設をコンセプトとした。

  2. ユニバーサルデザインの実践

    アプローチ空間を含めた施設全体を、幼児から高齢者及び車椅子等利用者の利便性・安全性・安心性を考慮した施設とし、外国人利用者に対応するため、誘導標識や展示を含め多言語化とピクトグラムを採用し、誰もが利用しやすい施設とした。

  3. 環境低負荷型施設づくり

 太陽光パネルを設置し、商用電力の消費の削減、ハイサイドライトの設置による自然採光の活用、排水の循環再利用等、環境への低負荷型の施設とした。

4.施設運営についての連絡先

温根内ビジターセンター 0154-65-2323

釧路湿原自然保護官事務所 0154-56-2345

添付資料

  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
ページ先頭へ