報道発表資料

2018年09月05日

釧路湿原野生生物保護センター「バックヤードの猛禽類の観察」を開催します!

 釧路湿原野生生物保護センター(以下、センター)では、交通事故等で傷ついて保護されたシマフクロウ・オオワシ・オジロワシ等の希少猛禽類の治療や、野生復帰を目指したリハビリ飼育を行っております。野生復帰を第一に考え、普段は展示室以外の一般公開を行っておりませんが、本企画ではリハビリに支障がない範囲で、オジロワシ・オオワシたちが餌である魚を食べる様子を観察することで、希少猛禽類やセンターの役割に関する理解を深めてもらう機会を提供するものです。

<開催日時> 

 平成30年10月28日(日) 14:00~16:00

<開催場所>

 北海道釧路市北斗2-2101(釧路湿原野生生物保護センター)

なお、午前にはオジロワシ・オオワシに与える魚を釣るイベントが別途予定されています。イベントの詳細と申し込みについては、下記「申込みについて」の連絡先までお問合せください。

<申込みについて>

 参加希望者のお名前、年齢、ご連絡先、イベント名「バックヤードの猛禽類の観察」をご記入の上、1020日(日)17時までにFAXまたはE-mailでお申し込みください。

  FAX0154-56-3466 E-mailevents@irbj.net

  事務局:猛禽類医学研究所(担当:堤)

なお、受付は先着順とさせていただき、定員に達した時点で締切とさせていただきます。

  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
国立公園・世界自然遺産カーボン・オフセットキャンペーン(リンク)
釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイ(リンク)
ページ先頭へ