報道発表資料

2019年12月25日

(お知らせ)市民フォーラムin中標津「シマフクロウの営み、タンチョウの暮らし~標津川流域に生息する希少な鳥たち~」の開催について

 北海道東部は、大型の希少鳥類であるシマフクロウ、タンチョウ、オオワシ、オジロワシが生息する貴重な地域です。本フォーラムは、標津川流域に注目し、シマフクロウとタンチョウを中心に、広い空間を必要とするこれらの鳥たちが、生きていける環境とはどのようなものか、豊かな森や川を維持し、こうした野生生物たちとの共存を目指すことが、市民の生活環境をまもるとともに、産業の振興にもつながることを考えるきっかけとして、下記の通り開催しますので、お知らせします。

【日時】

 令和2年2月11日(火・祝)13:00~15:00                    

【会場】

 中標津町総合文化会館【しるべっと】コミュニティホール

 入場無料、事前申し込み不要

【内容】

■はじめに 13:00-13:10

・環境省の取組の紹介 根上泰子(環境省釧路自然環境事務所)

■講演 13:10-14:40

・「根釧地域のシマフクロウ」山本純郎(シマフクロウ研究者)

・「タンチョウとの共生と俵橋ゆめプロジェクト」百瀬邦和(NPO法人タンチョウ保護研究グループ理事長)

・「希少鳥類のこれから 生息環境の再生に向けて」竹中健(シマフクロウ環境研究会代表)

■質疑応答・総括 14:40-15:00

 質疑応答:山本純朗、百瀬邦和、竹中健 

 総  括:徳田裕之(環境省釧路自然環境事務所次長)

【添付資料】

案内チラシ

■ 問い合わせ先
(問い合わせ先)

・特定非営利活動法人EnVision環境保全事務所
 電話(011)726-3072
 e-mail: hasegawa@env.gr.jp

・環境省 釧路自然環境事務所 根上 
 電話(0154)32-7500 FAX(0154)32-7575
Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
国立公園・世界自然遺産カーボン・オフセットキャンペーン(リンク)
釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイ(リンク)
ページ先頭へ