報道発表資料

2019年06月21日

釧路湿原野生生物保護センターで「プロに学ぶ猛禽類の絵画教室」を開催します!

 釧路湿原野生生物保護センター(以下、センター)では、交通事故等で傷ついて保護されたシマフクロウ・オオワシ・オジロワシ等の希少猛禽類の治療や野生復帰を目指したリハビリ飼育を行っております。野生復帰を第一に考え、普段は展示室以外の一般開放をしておりませんが、本企画では、リハビリに支障がない範囲での飼育個体の観察等を行い、絵画を通じて、希少猛禽類やセンターの役割への理解を深めてもらう機会を提供するものになります。

<開催日時>  

・令和元年7月27日(土)

 ① 10:00~12:30(題材:オオワシ)

 ② 14:00~16:30(題材:シマフクロウ)

・令和元年7月28日(日)

 ③ 10:00~12:30(題材:オジロワシ)

 ④ 14:00~16:30(題材:シマフクロウ)

<対象者・定員>

 各回20名(小学生以上)

<開催場所> 

 北海道釧路市北斗2-2101(釧路湿原野生生物保護センター)

<参加費用> 

 各回3,500円/人

<申込みについて> 

 参加希望者は、氏名、連絡先、参加希望日時(上記①、②、③、④)をご記入の上、7月24日(水)17時までにFAXまたはE-mailでお申し込みください。

FAX:0154-56-3466 E-mail:events@irbj.net

事務局:猛禽類医学研究所(担当:小笠原)

なお、受付は先着順とさせていただき、定員に達した時点で締切とさせていただきます。

添付資料

  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
国立公園・世界自然遺産カーボン・オフセットキャンペーン(リンク)
釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイ(リンク)
ページ先頭へ