報道発表資料

2019年12月11日

アクティブレンジャー(自然保護官補佐)及び希少種保護増殖等専門員の募集について

 環境省北海道地方環境事務所では、国立公園等の管理体制の充実方策の一環として、保護地域内の巡視、利用者指導や保全活動などの業務を担うアクティブ・レンジャー(自然保護官補佐)を国立公園各地に配置しています。また、ウミガラスの保護増殖事業のほか、天売島など北海道海岸部の希少鳥類の調査・保全事業及び普及啓発等の業務を担う希少種保護増殖等専門員を配置しています。 この度、以下のとおりアクティブレンジャー7名及び希少種保護増殖等専門員1名の募集を行いますのでお知らせします。

1.募集勤務地及び募集人数

○アクティブレンジャー

<札幌管内>

 上士幌自然保護官事務所(大雪山国立公園):1名

 支笏洞爺国立公園管理事務所 洞爺湖管理官事務所(支笏洞爺国立公園):1名

<釧路管内>

 羅臼自然保護官事務所(知床国立公園):1名

 阿寒摩周国立公園管理事務所(阿寒摩周国立公園):1名

 阿寒摩周国立公園管理事務所 阿寒湖管理官事務所(阿寒摩周国立公園):1名

 釧路湿原自然保護官事務所(釧路湿原国立公園):2名

○希少種保護増殖等専門員

 羽幌自然保護官事務所(国指定天売島鳥獣保護区):1名

2.雇用期間  

○アクティブレンジャー

 令和2年4月1日から令和3年3月31日まで

※前年度勤務実績が優良と評価された場合、1年の任期が連続2回まで更新できる場合があります。

○希少種保護増殖等専門員

 令和2年4月1日から令和3年3月31日まで

※前年度勤務実績が優良と評価された場合、1年の任期が連続2回まで更新できる場合があります。

3.業務内容  

○アクティブレンジャー

 保護地域内のパトロール、利用者指導、情報収集、調査、資料整理など

○希少種保護増殖等専門員

 国指定天売島鳥獣保護区に生息するウミガラスの保護増殖事業のほか、天売島など北海道海岸部の希少鳥類の調査・保全事業及び普及啓発など

4.応募方法  

○アクティブレンジャー

 履歴書、小論文を同封の上、申込先に郵送。

(過去3年以内の自然環境に関わる活動実績の資料を追加することも可能)

※詳細は別紙募集要項(アクティブレンジャー)のとおり。

○希少種保護増殖等専門員

 履歴書、学位(修士、博士)の取得を証明する書類、過去5年以内の活動実績の資料、小論文を同封の上、申込先に郵送。

※詳細は別紙募集要項(希少種保護増殖等専門員)のとおり。

5.募集期間

 令和元年12月11日(水)~令和2年1月20日(月)必着

6.問い合わせ先

○アクティブレンジャー

<札幌管内関係及び募集全般>

 北海道地方環境事務所国立公園課

「アクティブ・レンジャー公募係」(電話 011-299-1953)

< 釧路管内関係>

 釧路自然環境事務所

「アクティブ・レンジャー公募係」(電話 0154-32-7500)

○希少種保護増殖等専門員

 北海道地方環境事務所

「希少種保護増殖等専門員公募係」(電話 011-299-1954)

野鳥の糞便調査風景 登山道の補修作業風景 ウミガラスのモニタリング機材の設置風景

    野鳥の糞便調査         登山道の補修作業       ウミガラスのモニタリング機材の設置

添付資料

  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
国立公園・世界自然遺産カーボン・オフセットキャンペーン(リンク)
釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイ(リンク)
ページ先頭へ