報道発表資料

2020年07月09日

令和2年度「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰伝達式について

 環境省では、自然環境の保全に関し、顕著な功績があった者(又は団体)を表彰し、これを讃えるとともに、自然環境保全について国民の認識を深めることを目的に平成11年度から毎年度、『「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰』を行っています。令和2年度の表彰は、38件が選ばれ、北海道(オホーツク管内)においては、自然ふれあい部門で羽根(はね)石(いし) 晃彦(てるひこ)氏が選ばれました。新型コロナウイルス感染拡大防止を考慮し本表彰式が中止となりましたが、推薦団体である北海道(オホーツク総合振興局)により、次のとおり伝達式を行うこととしましたので、お知らせします。

1.北海道内の被表彰者の功績概要

羽根(はね)(いし) 晃彦(てるひこ)

功績概要

平成15年より、地域での自然への理解のため、自然体験活動や自然調査、及び環境教育活動を実施しており、これまで15年間で延べ2,000人以上が参加。

自然体験活動では、子ども自然体験教室や、エゾリスウォッチング、及び川魚採りを交えた自然講座を開催。環境教育活動では、地域の学校教育や行政の社会教育活動を支援。

永年にわたり、数多くの活動を通じて、将来を担う子どもたちをはじめ多くの人々に対する自然環境保全の普及啓発活動に尽力。自然への理解の浸透に努めた。


2.伝達式  

日時:令和2年7月13日(月)14:00~

場所:北見市役所北2条仮庁舎 別館2階 第2会議室

3.参考

・本表彰に係る表彰式は、令和2年(2020年)4月15日(水)に環境省中央合同庁舎第5号館にて行う予定でしたが、新型コロナウイルスに係る感染拡大防止の観点から予定されていた表彰式が中止となりました。このため、上記の伝達式において環境省北海道地方環境事務所釧路自然環境事務所長による環境大臣表彰状の授与を行います。

・伝達式当日の取材については事前のお申し込みは不要です。

・本表彰の詳細については環境省ホームページ『令和2年度「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰について』(http://www.env.go.jp/press/107949.html)をご覧ください。

■ 問い合わせ先
環境省 釧路自然環境事務所
電話:(0154)32-7500
FAX :(0154)32-7575
所長:田邉 仁
国立公園企画官:松尾 浩司
担当:森田 由女花
  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
国立公園・世界自然遺産カーボン・オフセットキャンペーン(リンク)
釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイ(リンク)
ページ先頭へ