報道発表資料

2020年09月14日

(お知らせ)「知床ディスタンス!キャンペーン~#ニンゲンもクマも距離感が大切~」体験イベントの開催について

 知床世界自然遺産地域適正利用・エコツーリズム検討会議カムイワッカ部会は、人と野生動物との正しい距離感を普及するため「知床ディスタンス!キャンペーン~#ニンゲンもクマも距離感が大切~」を本年7月から開始しています。 本キャンペーンの一環として、9月19日(土)から22日(火)まで、道の駅うとろ・シリエトクにおいて体験イベントを開催します。 9月21日には斜里警察署が主催する一日署長・交通安全街頭啓発活動とタイアップし、協同で普及啓発グッズの配布等を行う予定です。

【背景】

知床世界自然遺産地域では、豊かな自然の中でヒグマやエゾシカを観察できる機会が多く、毎年多くの観光客が訪れています。一方で、観察や撮影のため、車道上で停車・降車してヒグマ等に不用意に近づく観光客が後を絶たず、深刻な人身事故に繋がるおそれがあります。また、過度な接近等が人慣れを招き、野生動物本来の生態を変えてしまうといった懸念もあり、長年にわたって解決すべき課題とされてきました。

今年になって新型コロナウイルスの感染拡大に伴い「ソーシャルディスタンス」という言葉が定着し、私たちの生活は大きく変わりました。この機会に人と野生動物の距離感を改めて見直してもらうため、知床の観光利用に携わる関係機関が連携し、本キャンペーンの実施に至りました。「ニンゲンもクマも距離感が大切」をテーマに、知床において野生動物と最低限とるべき距離(ディスタンス)を啓発しています。

【主催】

・知床世界自然遺産地域適正利用・エコツーリズム検討会議カムイワッカ部

(連携協力)

・カムイワッカ地区自動車利用適正化対策連絡協議会

・知床ヒグマ対策連絡会議

【日時】

9/19(土)13:00~15:00

9/20(日)10:00~15:00

9/21(月)10:00~15:00(斜里警察署による街頭啓発は14:00~15:00を予定)

9/22(火)10:00~13:00

【場所】

道の駅うとろ・シリエトク(北海道斜里郡斜里町ウトロ西186-8)

【イベント内容】

1.普及啓発グッズの無料配布

ディスタンスカードやチラシ、ステッカー等の配布、関連映像の上映を行います。

2.ディスタンスカード体験

ディスタンスカードを使って、屋外に設置したヒグマ等身大パネル見ることで、野生動物との適切な距離感を体験できます。

3.オリジナルディスタンスカード工作体験

ブーステント内でオリジナルディスタンスカード工作体験(子供向け)をできます。

【知床ディスタンス!キャンペーンについて】

1.普及啓発内容

ヒグマなどの野生動物をみかけたら

1)十分な距離をとる。(ヒグマ:50m以上、エゾシカ:30m以上)

2)車から降りない。

2.ディスタンスカードの配布

野生動物との正しい距離感を伝えるためのディスタンスカードを作成し、7月より下記ビジター施設にて配布しています。

(カード配布施設)

知床世界遺産センター、知床自然センター、知床羅臼ビジターセンター、知床五湖フィールドハウス、ルサフィールドハウス

配布している野生動物との距離を確認する普及啓発ツール

「知床ディスタンスカード」(ヒグマは50m以上、エゾシカは30m以上距離を取る)

知床ディスタンスカードの使用イメージ

(対象動物が枠に収まらない場合は、動物との距離が保たれていない)

3.チラシの配布・ポスターの掲示

 観光関係施設のご協力を得て、チラシの配布やポスターの掲示を行っていただいています。

添付資料

■ 問い合わせ先
【お問合せ先】
知床世界自然遺産地域適正利用・エコツーリズム検討会議カムイワッカ部会

<キャンペーン事務局>
環境省釧路自然環境事務所
ウトロ自然保護官事務所(渡邊・山田)
〒099-4354北海道斜里郡斜里町ウトロ西186-10
TEL:0152-24-2297 / FAX:0152-24-3646

公益財団法人 知床財団(金川・葛西)
〒099-4354北海道斜里郡斜里町字岩宇別531番地
TEL:0152-26-7665 / FAX:0152-24-2115
  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
国立公園・世界自然遺産カーボン・オフセットキャンペーン(リンク)
釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイ(リンク)
ページ先頭へ