報道発表資料

2021年05月17日

阿寒摩周国立公園内の西別岳及びその周辺におけるコマクサ植栽等規制について

 令和3年4月9日に阿寒摩周国立公園の公園計画を変更し、西別岳及びその周辺において、許可を受けなければ植栽し、又は種子をまくことをしてはならない植物として、コマクサを指定しました。   ※なお、特別保護地区に指定されている摩周湖、摩周岳及びその周辺では、コマクサを含む全ての植物を植栽し、又は種子をまくことをしてはなりません。

1.概要

 ・阿寒摩周国立公園内の西別岳及びその周辺には、コマクサは自生していません。しかし近年、人為的にコマ

  クサの種子が播かれた可能性があり、実際に数個体が生育していることが確認されました。

 ・持ち込まれたコマクサが今後定着及び拡大し、在来の植物相に影響を及ぼすおそれがあることから、自然公

  園法(昭和32年法律第161号)に基づき、西別岳及びその周辺において、許可を受けなければ植栽し、又は

  種子をまくことをしてはならない植物に、コマクサを指定しました。

 ・当該指定に関する公園計画の変更にあたっては、国民から広く意見を募集するため、令和2年11月10日か

  ら11月30日にかけてパブリックコメントを実施しました。

 ・また、令和3年1月26日に中央環境審議会自然公園等小委員会の意見を聞いた上で、公園計画の変更を決

  定し、令和3年4月9日付けで告示しました。

2.告示内容

  自然公園法第20条第3項第12号の規定に基づき、阿寒摩周国立公園の特別地域内において環境大臣が指定 

 する区域及び当該区域において許可を受けなければ植栽し、又はその種子をまくことをしてはならない植物を

 次のとおり指定する。

植物の種名:コマクサ

名称及び区域

 名称:西別岳

 区域:北海道川上郡標茶町内国有林根釧西部森林管理署3420林班の全部並びに3405林班、

    3406林班、3412林班、3413林班及び3419林班の各一部

参考)阿寒摩周国立公園の公園区域及び公園計画の変更(一部変更)に関する意見の募集(パブリックコメント)について

https://public-comment.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCM1040&id=195200067&Mode=1

■ 問い合わせ先
環境省釧路自然環境事務所阿寒摩周国立公園管理事務所
TEL:015-483-2335
所長  笹渕 紘平
管理官 和田 光央
  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
国立公園・世界自然遺産カーボン・オフセットキャンペーン(リンク)
釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイ(リンク)
ページ先頭へ