報道発表資料

2022年01月13日

「知床国立公園及び阿寒摩周国立公園における指定植物種の改定」について

 環境省釧路自然環境事務所では、平成27年8月に策定された「指定植物の選定方針」に基づき、最新の植物分類学を踏まえ、有識者ヒアリングを実施し、知床国立公園及び阿寒摩周公立公園の指定植物の見直しを行いました。見直しの結果、令和3年12月27日に知床公立公園では336種、阿寒摩周国立公園では378種の指定植物が告示されました。

1.指定植物制度について

指定植物とは、自然公園法20条第3項第11号の規程に基づき定められている、特別地域内において許可を受けなければ採取し、又は損傷してはならない高山植物その他これに類する植物です。特別地域内で許可なく指定植物を採取・損傷すると、懲役6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。

<参考>

指定植物について.pdf

2.指定植物リスト

https://www.env.go.jp/nature/np/plant_prot/index.html 

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
国立公園・世界自然遺産カーボン・オフセットキャンペーン(リンク)
釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイ(リンク)
ページ先頭へ