報道発表資料

2019年02月19日

平成30年度「支笏洞爺国立公園支笏湖・定山渓地区訪日外国人自然体験活動推進協議会」の開催について(お知らせ)

環境省では「明日の日本を支える観光ビジョン」に基づき、2020年までに、全国34カ所の国立公園の訪日外国人利用者数を1000万人にするための取組を計画的、集中的に実施する「国立公園満喫プロジェクト」を進めています。 北海道地方環境事務所では、「国立公園満喫プロジェクト」の一環として、支笏洞爺国立公園内の支笏湖・定山渓地域において、訪日外国人の自然体験活動を推進し関係機関の相互連携を図るため、昨年1月に「支笏洞爺国立公園支笏湖・定山渓地区訪日外国人自然体験活動推進協議会」を設置するとともに、各地域の部会において訪日外国人自然体験活動推進プログラムの方針について検討を行ってきました。 今回、平成30年度の協議会を下記の通り開催いたしますので、紙面への掲載について、特段のご協力をお願いします(当所HPにも掲載してあります)。

1.日程

平成31年2月26日(火)13:30~15:30(予定)

2.場所

札幌市教育文化会館 3階(研修室305) 

札幌市中央区北1条西13丁目 TEL:011-271-5821

3.議題(案)

支笏洞爺国立公園支笏湖・定山渓地区訪日外国人自然体験活動推進プログラムの取組状況について

4.参加予定団体

添付資料のとおり

5.傍聴・取材の申込み方法

(1)傍聴

①傍聴を希望される方は、2月22日(金)15時(必着)までに、電子メール又はFAXにてお申込みください。お申込みの際には、「平成30年度支笏湖・定山渓地区訪日外国人自然体験活動推進協議会傍聴希望」と明記し、住所、氏名、所属(勤務先)、電話番号、傍聴券の送付先(電子メールアドレス又はFAX番号等)を記入の上、下記「6.申込先」宛てにお申込みください。電話でのお申込みはお受けできません。

②お申込みは、傍聴希望者1人につき1通とし、傍聴希望者が傍聴可能人数を超過した場合には抽選といたします。電子メールで申し込まれた場合は返信メールを印刷したものを、FAXで申し込まれた場合はこちらからの返信をそれぞれ傍聴券といたしますので、傍聴の際にご持参願います。なお、当日は傍聴の受付に当たり、身分を証明するものをご提示いただく場合がございますので、あらかじめ御了承ください。

③傍聴の可否については、2月25日(月)15時までに連絡いたします。万が一、返信メール、FAX等が届かない場合は、下記「問い合わせ先」までご一報くださるようお願いいたします。

(2)取材

当日取材を希望される報道関係者につきましては、2月22日(金)15時までに、下記「6.申込先」宛て、メールまたはFAXにて氏名及び所属等の事前登録を行ってください。また、カメラ撮りを希望される場合、その旨も併せて登録をお願いします。なお、カメラ撮りは、会議の冒頭のみとさせていただきます。

6.傍聴・取材の申込先

株式会社 ライヴ環境計画 

e-mail:mail@live-kk.co.jp

FAX:011-213-1954

担当:井部、秋井

■ 問合せ先

(傍聴・取材の申し込みについて)

株式会社 ライヴ環境計画

担当:井部、秋井

電話:011-213-1955

(会議の内容について)

環境省北海道地方環境事務所 国立公園課

担当:田中、松本

電話:011-299-1953

添付資料

■ 問い合わせ先
北海道地方環境事務所
札幌市北区北8条西2丁目札幌第一合同庁舎
担当:国立公園課長 田中 準
   国立公園課 松本 恵里
TEL:011-299-1953

  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
北海道カーボン・アクション・フォーラム(リンク)
考えるあしプロジェクト(リンク)
観光地域づくりNAVI2016(リンク)
国立公園・世界自然遺産カーボン・オフセットキャンペーンページ(リンク)
ページ先頭へ