報道発表資料

2020年06月01日

「令和2年度 北海道アクティブ・レンジャー写真展 ~北の自然の舞台裏~」の開催について(お知らせ)

 環境省北海道地方環境事務所では、令和2年6月より北海道西地区のビジターセンター等において、「アクティブ・レンジャー写真展」を開催します。本写真展では、国立公園や国指定鳥獣保護区、野生生物保護センターなどで、アクティブ・レンジャー達が、現地巡視や自然ふれあい活動、野生生物の保護活動など日頃の業務を通じて撮影した写真と業務を紹介するポスターを展示し、北海道各地の自然が持つ素晴らしさと自然環境保全活動について紹介します。お近くの施設に立ち寄られる際には、是非ご覧ください。(開催場所は下記チラシに記載)

1.行事名 

令和2年度 北海道アクティブ・レンジャー写真展 ~北の自然の舞台裏~

2.主催 

北海道地方環境事務所

3.趣旨 

アクティブ・レンジャー(※1)や希少種保護増殖等専門員(※2)が日頃の業務を通じて撮影した四季折々の写真を集めた写真展を開催し、北海道の自然が持つ素晴らしさを多くの方々に知っていただき、自然環境への関心と理解を深め、アクティブ・レンジャーや希少種保護増殖等専門員の活動を広く一般に知ってもらうことを目的に開催します。

4.開催期間

令和2年6月~令和3年1月(別紙チラシの開催スケジュールのとおり)

5.開催場所

管内ビジターセンターほか(別紙チラシの開催スケジュールのとおり)

6.その他

別紙のチラシに掲載している開催場所・期間は、追加・変更することがあります。ご了承ください。

※1アクティブ・レンジャー(自然保護官補佐)とは

世界遺産地域、国立公園、国指定鳥獣保護区等の現場において、環境省自然保護官等を補佐し、パトロールや各種調査、利用者の指導、自然解説などの業務に携わる環境省職員のことです。

※2希少種保護増殖等専門員とは

主に野生生物保護センター等を拠点として、絶滅のおそれのある野生生物の保護増殖事業等を実施するために、生息・生育状況のモニタリング、分析、生息・生育環境の改善などの業務に携わる環境省の職員のことです。

添付資料

■ 問い合わせ先
環境省北海道地方環境事務所
統括自然保護企画官 大林 圭司
国立公園課 自然保護官 塩野 啓一
野生生物課 自然保護官補佐 大久保 智子(担当)
電話:011-299-1954、FAX:011-736-1234
  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
国立公園・世界自然遺産カーボン・オフセットキャンペーンページ(リンク)
ページ先頭へ