ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年8月

13件の記事があります。

2016年08月31日3年目のテンサ-

大雪山国立公園 渡邉 あゆみ

ご無沙汰していました、東川の渡邉です。

短期間に凝縮された大雪山の四季。この夏はタイミングを逃し高山植物の大群落には出会えず...気づけば9月を目前となっていました。

赤・黄・橙・茶になるモザイク色の山の斜面や、陽に当たる美しい黄金色の穂、冬眠の準備に忙しそうな動物たちの残した食べ殻や足跡。淡々と、着々と、長い冬を受け入れる前のいつもより静寂を増した秋の大雪山は一段と美しく、山の稜線に立ち、乾いた透き通った風に吹かれると、このまま風になり山肌を撫でたり、稲穂を揺らす風になりたい、と願ってしまいます。

山が白くなる前に、まだまだたくさん大雪山を歩かなければ。

先日、パークボランティアと裾合平で登山道補修をしました。

流水で洗掘が進む登山道に、河川の土留めとして使われるテンサーを使い、土留め補修をするようになり3年目。

今年も北海道山岳整備の岡崎講師に来て頂き、頭の体操をしながら土木作業の開始です。

つくづく、登山道整備は体力はもちろん必要ですが、相手は山。

その場しのぎの整備では誤魔化しが効かず、中途半端な施工をするとすぐにひっくり返され、前より状態が悪化してしまうこともあり、そこで何が起こっているのかよくよく観察することが重要なのだと感じます。次にこれに対応するためにはどうすれば良いのか考える柔軟な頭、その次が技術...と登山道整備に関わるようになり駆け出しですが、毎回新たな発見と感動を覚えつつ、作業をしています。

2年前に置いたテンサーには土砂が満タンまで溜まり、予想よりもうまく機能していることに一安心。

しかし去年置いたテンサーに土砂はあまり溜まっていない・・・流速が早いところでは土砂が水と一緒に勢いをつけてテンサーを乗り越えて流れ出していってしまうようです。なので、昨年度の検証を生かし、大きな水たまりが出来易い、流速の弱まる部分にテンサーを設置することにしました。

3年連続参加してくださる方もいるので安心して作業をお任せでき、ARは石運搬係に徹します。(ときどき口うるさく監督します。)

そして設置したテンサーは10基。水たたき石代わりにササをはさみ石運搬は最小限にし労力を削減、ヤシロールで土砂を誘導しテンサーに土砂を溜まり易くするなど、確実に進化している3年目のパークボランティアでの登山道整備!!

嬉しく、燃えますね。

作業中、当麻岳の斜面には食事中のヒグマを見ることが出来ました。

100年後、200年後...山にはヒグマが悠々と草を食み、裾合平にはチングルマの大群落が咲き、毎年そこを訪れることを楽しみにしている人がいること、そしてその人たちが大自然から無限の癒しと力をもらい続けていること、それがいつまでも続くことを心から願い、今年も登山道整備をしました。

参加された皆さん、岡崎講師、楽しい作業でした。お疲れさまでした。

ページ先頭へ↑

2016年08月26日「山の日記念イベント」開催報告♪

支笏洞爺国立公園 支笏湖 北海道地方環境事務所

811日】

みなさんは、この日が何の日だったか御存じでしょうか?

実は、今年度から施行された、山に親しむ機会を得て、山の恵みに感謝する「山の日」

という初めての祝日です。

それを記念して、洞爺湖自然保護官事務所を始め、全国各地で様々な催しが行われ、

ここ支笏湖でも「山の日記念イベント」を開催しました!

 

「支笏湖園地でのミニガイド」と山にちなんで木の実や枝を使った「クラフト作り」を同時開催し、

道内外から観光にいらしていた多くの方々に御参加いただきました。

 

お子様が多かったのですが、中学生や高校生、大人の方々まで、

それぞれのセンスで真剣に作っていました♪

また、フランス人の御家族の方もフクロウの置物を作って楽しんでいただき、

クラフト作りは、言葉の壁を越えるイベントだと実感...!

国籍など関係無く、やはり人の喜ぶ姿を見るとこちらまで嬉しくなりますね(^^)

 

 

クラフト作りは今回初めての企画だったので、

支笏湖ビジターセンター職員の方々に御協力いただきました(>_<)

 

  

この場をお借りしまして、材料の提供や加工作業をレクチャーいただいた

支笏湖ビジターセンター職員の方々やお盆前の忙しい時期にお手伝いしていただいた

パークボランティアのみなさんに、心より感謝申し上げます。

 

今年の「山の日」は過ぎてしまいましたが、

これからは葉が赤色や黄色に色づく紅葉シーズンも始まります。

みなさんも、まだまだ多くの魅力を秘めている「山」と親しむ機会を作ってみてはいかがでしょうか。

ページ先頭へ↑

2016年08月26日イベントのお知らせ

苫小牧 平 尚恵

みなさん、こんにちは。ウトナイ湖の平です。

最近は台風の影響で天気が悪いですね。

ウトナイ湖も増水し所々、観察路に水たまりがありますので、散策される方は長靴をご持参いただいた方が安心です。増水の状況により、通行止めの箇所もありますので、事前にセンターで観察路の最新情報をご確認ください。

 

さて、来る9/4に「第10回 胆振動物愛護フェスティバル」が開催されます。

------------------------------------------------------------------------

日時:2016年9月4日(日) 10時~15時

場所:ノーザンホースパーク 苫小牧市美沢114-7

主催:胆振獣医師会

------------------------------------------------------------------------

 

個性的なブースが多く、ウマやウシ、巨大昆虫などが来て、とても賑やかなイベントです。

ウトナイ湖野生鳥獣保護センターも傷病鳥の救護活動について紹介すべく、工夫を凝らした展示を準備していますので、お楽しみに。

※過去のフェスティバルの様子はこちら→イベント報告と開催案内

 

 

 

 

おまけ

先日、珍しい鳥が保護されました。

 コアホウドリ

【Phoebastria immutabilis コアホウドリ】

分  布:北太平洋の中央部~西部の海上。北海道ではほぼ周年、太平洋側の海上で確認

繁 殖 地:99%がハワイ諸島、日本の小笠原諸島やメキシコ西岸でもごく少数が繁殖

エ  サ:魚やイカ

英  名:Laysan Albatross

保護経緯:8月3日(水)長沼町で刈取り後の牧草地にうずくまっているところを保護された。保護当初から呼吸音が有り(普通、鳥の呼吸音は聞こえない)、体重は通常2500gあるが、この個体は1565gと痩せている状態のためチカを給餌。プールでは浮く事が出来て羽繕いをする様子も見られ、リリースを予定していたが、8月14日(日)に急変し、死亡。

 

繁殖時期以外は洋上で生活するコアホウドリですが、内陸の長沼町で発見されたことに、とても驚きました。推測するに、強風にあおられて内陸に迷い込み、その際に胸を強く打ち、呼吸器を損傷したのではないかと思われました。

二日後にリリースを控えていたにもかかわらず、とても残念です。

もう一度、大海原をグライダーのように滑空しながら飛翔する姿を見たかったなと、洋上に浮かぶコアホウドリを見る度に、この個体を思い出すことになりそうです。

 

koahoudori03治療室で:起立することが出来るかを確認

 

 

コアホウ2

ウミネコと同居中のコアホウドリ:お互いに知らんぷり

 

おしまい

ページ先頭へ↑

2016年08月23日石狩川クリーンアップ作戦

大雪山国立公園 岩城大洋

 みなさま、こんにちは。上川自然保護官事務所の岩城です。

暑い日が続いていますが、いかがお過ごしですか。

 

今回は上川町役場が主体となり取り組んでいる石狩川クリーンアップ作戦が8月5日に開催され、

上川自然保護官事務所の3名が参加してきましたので、その様子をお伝えします。

 

 クリーンアップ作戦は、平成5年11月に開催されました石狩川サミットにおいて8月7日を石狩川の日と

することを川が隣接している市町村長によって宣言され、それにちなみ、翌年の平成6年から石狩川クリーンアップ作戦が毎年行われています。

 

もともと上川町だけで実施していたのですが、平成23年からは旭川市や近隣の自治体にも参加の

案内をしたところ、それ以来、多くの人たちが清掃活動に参加するようになりました。

 

クリーンアップ作戦が行われたのは層雲峡温泉の石狩川河川敷で、冬を彩る氷瀑まつりの会場としても

利用される場所です。

この日は時折強い風が吹いていましたが、青空が気持ちいい一日でした。

  

 みなさん左手にゴミ袋、右手には火バサミのスタイルで集合しています。

拾う気満々です。

 

 もちろん我々も同じスタイル。

 

スタートの合図とともに約30分間の作戦が始まりました。

 

 川沿いや雑草の中、ゴロゴロした石の間など様々なところをチェック。

するとやっぱり出てくるゴミ・・・・。

ゴミの種類はお菓子の包装紙やティッシュペーパー、たばこの吸い殻など、

変わったものでいえば針金などがありました。

 

 あらゆるゴミを拾い集め、袋がずっしりと重くなってきたところで、

一回探した場所をもう一度確認してみることに。

案の定、見落としているゴミがちらほらと姿を現します.....。

それらを回収したところで終了の声が掛かりました。

ゴミは1カ所に集められ、量りにかけられます。

 

 

参加された総人数は37人。回収されたゴミの総量は130kgでした。

 

これで今回の作業は終了です。

 

ぜひ来年も石狩川クリーンアップ作戦に参加して、今年以上にゴミを拾ってやるぞーと

心に誓う3人でした。

  

人にとって、動物にとって、

生きるものすべてにとって大切な自然が少しでもきれいになりますように。

 

今回のAR日記はここまでです。

次回をお楽しみに。

ページ先頭へ↑

2016年08月23日山の日は山に恩返し 大雪高原温泉沼めぐりコース荷揚げ登山

大雪山国立公園 大久保 智子

こんにちは、上川自然保護官事務所の大久保です。

811日が山の日に制定され、記念すべき1回目を迎えました。

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」という山の日の趣旨に沿って、この日大雪山上川地区では、紅葉時期に人気の大雪高原温泉沼めぐりコースのぬかるみ対策用に登山道補修資材を荷揚げしてきました。

この資材は、昨年9月の紅葉時期に沼めぐりコースにおいて北海道大学が調査の一環として行った、登山道補修資材の購入用の募金をもとに購入したものです。

 

当日は、旭川西高校や上川高校の山岳部、北海道大学、上川山岳会、大雪山パークボランティア、大雪山自然学校、層雲峡ビジターセンター、にも協力してもらい、上川地区登山道等維持管理連絡協議会、大函森林事務所、上川総合振興局、上川自然保護官事務所と合わせて37名が参加。4班に分かれ、角材や丸太を、バショウ沼までの指定された場所まで運びました。今後、これらの資材をもとに、登山道を補修してぬかるみ対策を行う予定です。

私の班には、旭川西高校山岳部の生徒が6名いました。山中泊の山行も経験しているという彼らは、率先して重い物を持つなど逞しく、頼もしかったです。慣れない背負子での木材荷揚げも、黙々と足を運び、立ち止まった時には楽な姿勢を仲間と教え合ったり、荷を下ろしたり担いだりする時に支え合うなど、協力しあっている姿が微笑ましく、仲間を思いやる姿に感心させられながら目的の場所までゆっくりと歩きました。

 

重い荷を下ろし、背中に羽が生えたように軽やかになった足取りで、この日のもう一つの目玉、大学沼でのヒグマ観察に向かいました。朝のヒグマ情報センターの情報では4頭のヒグマが出没しているのが観察できるとのことで、みんな野生のヒグマを見るのを楽しみにしていましたが、大学沼に着いた時には、ヒグマは藪に隠れてしまい、30分待ちましたが出てきませんでした。そこでヒグマ情報センター職員にヒグマの監視活動などの話をしてもらい、姿は見えなくても近くに生息していること、そういう環境の中を自分たちは歩かせてもらっているのだということを学んで下山しました。

  

高原温泉の駐車場からは、親子グマの姿が豆粒のような大きさながら確認でき、ヒグマ情報センター職員が設置してくれたフィールドスコープでみんなで順番に覗きました。

ヒグマの生息圏で紅葉の名所の大雪高原温泉沼めぐりコース。野生動物と人が共存している場を大切にしながら、ぬかるみでの登山者のストレスを減らしたり、ぬかるみを避けて道が拡幅しないように、今回の資材が役立てばと思います。そうした中で、また今回のように多くの人たちと協力しあっていければ、なんと素晴らしいことでしょう。

募金をしてくださったみなさま、ありがとうございました。

荷揚げ登山に参加してくださったみなさま、お疲れさまでした。

 

 

ページ先頭へ↑

2016年08月17日見て、聞いて、ふれて。夏を五感で楽しもう!

二階堂美香

 みなさま、こんにちは。阿寒国立公園川湯自然保護官事務所の二階堂です。

夏らしい陽気が続いたかと思えば、びっくりするほど冷え冷えする日もあり、北海道らしい短い夏が盛りを迎えています。そんな川湯地区で、全身で夏を感じた子ども達の様子をお伝えします。

 

 まずは、弟子屈町教育委員会主催の「夏休みこども体験学習」の様子です。

 和琴半島にて、北限で精一杯夏を告げる「和琴ミンミンゼミ(国指定天然記念物)」の声を聞きながら、オヤコツ地獄周辺に生育する「マダラスズ」を探したり、屈斜路湖で特定外来生物である「ウチダザリガニ」釣りに挑戦したりしました。

和琴半島オヤコツ地獄でマダラスズを観察するこどもたち(2016年8月2日)

(和琴半島オヤコツ地獄にてマダラスズを観察する子ども達)

 「マダラスズ」はコオロギ科の昆虫で米粒くらいの大きさ。オヤコツ地獄の地熱がマダラスズが快適に生育できる環境をつくっています。地面を触ってみると暖かく、地熱を体感できる場所です。

レンジャー

(レンジャーから特定外来生物「ウチダザリガニ」の説明を受ける子ども達)

 ウチダザリガニは繁殖力が強く、ほかの生物のえさやすみかを奪ったり、捕食したりしています。

 しかし・・・、悪いのはウチダザリガニでしょうか?

 いいえ。責任は、影響を考えずに持ち込んでしまった人間の行動にあります。まずはこれ以上「広げない」ことが大切です。

釣り上げたザリガニを茹でて食べるこどもたち(2016年8月2日)

(ウチダザリガニを食べる子ども達)

 「広げない」ために。釣り上げたウチダザリガニは、その場で茹でてみんなでおいしくいただきました!

※外来生物は、「飼育・栽培」「運搬」「保管」「輸入」「販売」「野外に放つ」などの行為が外来生物法で規制されています。

  

 また、川湯エコミュージアムセンターにも、夏休みを利用してたくさんの方にご来館いただきました。

 流入する川もないのに水位が変わらない神秘の「摩周湖」、歴史的な硫黄採掘地でもある「硫黄山」、北海道第2の大きさを誇りオオハクチョウ飛来地でもある「屈斜路湖」など、川湯地区の自然や歴史について知識を深めることができます。

川湯

(顕微鏡を覗く子ども達)

 顕微鏡で硫黄の結晶やトドマツの種、フクロウの羽などを観察。細部まで見てみると、新たな発見がきっとありますよ。

川湯エコミュージアムセンターのクラフトコーナーにて工作に励むこどもたち(2016年8月15日)

(クラフトコーナーで工作に励むご家族)

 

 センター内のクラフトコーナー(無料)では、職員やパークボランティアが拾ってきた「まつぼっくり」や「木の枝」などを使って、自由に工作することができます。この日もたくさんの力作が生まれました!

 

 夏には夏を。もちろん、秋には秋を。その季節の旬を五感で満喫してはいかがでしょうか?

ページ先頭へ↑

2016年08月17日ゴロタ岬に階段が出来ました!!

利尻礼文サロベツ国立公園 小笠原涼太

こんにちは。礼文アクティブレンジャーの小笠原です。

気温の高い日々が続きますが、皆様体調などはいかがでしょうか。

天気予報などでご覧になることもあるかもしれませんが、道北は他の地域に比べると大変過ごしやすい日々が続いています。羨ましいと思う方も多いかと思いますが、しかしそれも屋外だけ。ひとたび熱が籠もりやすい屋内などに入ると、屋外とは一転、物凄い湿気と熱気で汗が噴き出て来るのです。外との差が大きいのもあって、体感では尚更キツく感じてしまいます。結局、夏はどこでも暑いモノなのだと実感している今日この頃です・・・。

 

そんな夏バテ気味の私ですが、先日礼文島の自然歩道における協働管理の一環として、ゴロタ岬における階段の設置に参加してきました。今回、階段を設置する事となったゴロタ岬という場所は、礼文島でも「岬めぐりコース」というトレイルコースの一部となっている人気の高い場所です。

この写真は今回よりも少し前に撮影した写真です。丸印が付いているところが今回、階段設置を行った場所となります。ここは急な坂道がダーッと続いており、足を踏ん張る場所が全くありません。しかもここは足下が崩れやすいため、油断するとずるずると足が滑り落ちてしまいます。こうなると土は流れて無くなってしまいますし、それを避けようと草の上を歩いてしまうと植生を痛める事となり、写真のような歩道の複線化へと繋がりかねません。そこで、有志で協力して、ここに階段を設置することとなったのです。

 

        

参加者全員で土を掘って、木をはめ込んで、固定して、埋めて、整えて・・・と太陽が照りつける中で作業をして3時間ほど。遂に階段が完成致しました。実際に歩いてみると、とても歩きやすいです。足が流れないというだけで安心感が違います。実際に利用者の方にも感想を聞いてみたのですが、歩きやすいと仰ってくれました。自分たちがやり遂げた事で誰かが喜んでくれるととても嬉しいですね。参加者の皆様、お疲れ様でした。

 

 

さて、8月も中盤に差しかかり、"夏休み"もそろそろ終わる頃に成りました。暑かった夏はあっという間に過ぎ去って、まもなく秋がやってきます。いよいよ礼文島の花シーズンも終盤に入ります。夏の花と、気の早い秋の花が共演する今の時期だからこそ見られる風景があるかもしれません。夏の最後の思い出を作りに、礼文島を歩いてみませんか?

ページ先頭へ↑

2016年08月10日ビジターセンター夏季無休のお知らせ

釧路湿原国立公園 渡辺欣正

 こんにちは。釧路湿原自然保護官事務所の渡辺欣正です。

 釧路湿原も夏らしい陽気が続いています。

5W1H

 さて、当事務所では、釧路湿原国立公園の来訪者に湿原の素晴らしさを少しでも堪能していただきたく、温根内ビジターセンターは8月22日(月)まで、塘路湖エコミュージアムセンターは8月23日(火)まで、無休で開館しています。

 特に、火曜日は温根内、水曜日は塘路湖において、パークボランティアのご協力もいただき、館内の展示解説を充実させています。

5W1H

 また、湿原でのハイキングを楽しんでいただけるよう、温根内木道の自然情報マップをつくりました。ぜひ散策前にビジターセンターへお立ち寄りください。

5W1H

 もっと歩きたい!という方には、釧路湿原東部にある達古武夢ヶ丘歩道がオススメです。ここは片道約1時間30分の、ほどよいハイキングコースとなっています。最後に急な坂が続きますが、登りきった後には爽やかな風景が待っていますよ。達古武オートキャンプ場と細岡展望台のビジターズラウンジでマップを配布しています。

 それでは、皆さまのお越しをお待ちしています。

ページ先頭へ↑

2016年08月09日イベントを終えて...

支笏洞爺国立公園 高橋祐子

みなさま、こんにちは。

洞爺湖自然保護官事務所の高橋です。

先月末に執り行われた山の日の制定を記念した大イベントは、当日の雨予報にも関わらず曇りを保ち無事開催することができました。今回、洞爺湖事務所では午前と午後2つのイベントと1日通しの自然体験プログラムを担当いたしました。

午前のトークセッションでは、4人のゲストをお招きして

羊蹄山のことについて熱く語りつくしていただきました。

羊蹄山の監視員であり避難小屋の番人の近藤さんからは、

羊蹄山周辺の人の歴史や山小屋と避難小屋の役割について。

北海道の山々を舞台にツアーを行う山岳ガイドの古市さんからは、

羊蹄山の生い立ちやその個性的な植生について。

道庁職員で動物の調査をしていた経験のある吉田さんからは、

熊や山で出合った動物について。

アウトドアスタイルクリエータの四角さんからは、

自分の命を守ることにもつながる山における正装・山ウエアについて。

各分野におけるプロフェッショナルが集結し語ってくれた1時間はとても有意義なものになりました。

午後の南コブ山登山会は、パネリストの近藤さんと古市さんにガイドをお願いして、

2チームに分かれ登頂。こちらも個性あふれるツアーで大満足の3時間でした。

一日通し企画、洞爺湖ビジターセンター協力のもと行われた自然体験プログラム

『羊蹄山の葉っぱでリーフプリントのエコバッグを作ろう!』も大盛況でした。

これからシーズン最高潮を迎え、たくさんの人たちが羊蹄山の山頂をめざし素敵な時間を過ごしてくださることと思います。利用者の皆さんが、今年も怪我無く安全に山行を楽しんでいただけたら、山に親しんでいただけたら、うれしいです。

ページ先頭へ↑

2016年08月05日下サロベツ木道自然観察会を開催しました

利尻礼文サロベツ国立公園 青山留美子

道北で「暑い」と言ったら全国の方々に怒られる気温かもしれませんが、

「暑くて辛い」と感じる毎日が続いている、稚内の青山です。


そんな中、青空が広がるも蒸し暑い8月1日、「下サロベツ木道自然観察会」を行いました。

サロベツ湿原は豊富町・幌延町にまたがっており、豊富町側を「上サロベツ」、幌延町側を「下サロベツ」と呼んでいます。各町に一つずつ自然ふれあい施設があり、今回は下サロベツ(幌延町字下沼)にある「幌延ビジターセンター」にて行いました。



サロベツ湿原では、雪解け後まもなくから花を咲かせる植物が見られますが、大方がとても小さい植物です。エゾカンゾウなどの大きめの花が見られる初夏を越えても、当たり年のポスターの写真などをイメージして来られた方には、物足りなく感じる事が多いようで、

「何もない」という言葉をいつの時期でもよく耳にします。

もっとゆっくり見ると大きな花以外の花が見つけられ、もっとじっくり見ると湿原という過酷な環境で生きているたくましさを知る事ができるのですが、なかなか伝わっていません。

更に、花を見つけ足を止めても、写真を撮り、名前を知ることで満足している方が多いように感じていました。


そこで、もっとゆっくりじっくり見て湿原を楽しんで欲しいという思いから、地元に住むパークボランティアさんと観察会を企画しました。

木道を歩いて見つけた動植物に、自分で名前をつけ、それをまとめて自分だけの「サロベツ図鑑」を作ろうというものです。

名前を付けるためにゆっくり観察し、図鑑を作るためにもじっくり観察することになります。夏休みなので、子どもの参加をイメージしていましたが、実際は小学生1名、大人11名の参加だったため、大人には何かと抵抗がある内容かもしれないと不安がありました。

しかし、実際に外に出て観察が始まると、木道の入口で早速立ち止まり、観察したり、スケッチしたり、考えたりする姿が見られました。

木道に座り込む人、考えながら歩いていて危うくぶつかりそうになる人、言葉を紡ぎ出そうとしている人など、普段の木道で見られる光景とは明らかに違いました。

50分弱の時間でしたが、それぞれがゆっくりじっくりと木道からの観察を楽しんでいるようでした。


観察後、休憩と図鑑の仕上げをしてから、それぞれ一押しの名前を発表してもらいました。

下記にあげたものは、ほんの一部です。


「確かに~」と大きく頷いたり、「なるほど~」と感心したり、「私はこう付けたよ」と違う発想が次々飛び出し、大変盛り上がりました。

最後に、全員でもう一度木道へ行き、発表した名前はどれのどこを見てつけたのかを確認して歩きました。実物を見て、更に様々な名前が誕生していました。


普段、木道をゆっくり歩いているつもりでも、以外と何も見えていないという事に気づくことができた観察会でした。また、多くの人と歩くことで、違う発見と発想を知り、新たな要素を自分の中に取り入れられるおもしろさもわかりました。

参加者からも、「名前を考える事が、脳が活性化して良い」や、「写真を撮らずに書くことが良かった」、「個性あふれるネーミングが面白い」、「ゆっくり観察できてよかった」など、始めに抱いていた不安を全て払拭してくれる感想を頂きました。

そして観察の途中で参加者の誰かが言った「宝探しみたい」との声が最高に嬉しかったです。


サロベツ湿原にお越しの皆様、ゆっくりじっくり「宝探し」をしてみませんか?

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ