利尻山登山利用検討会

利尻山登山利用検討会

写真:御崎園地からの利尻山  利尻山(標高1,721m)は洋上の独立峰として、利尻礼文サロベツ国立公園のシンボル的な存在となっており、毎年約1万人の登山者が訪れます。しかし、利尻山の登山道は、脆弱な地質のために登山道の崩壊が進んでおり、ハード面とソフト面の一体的な対策が必要になっています。また、十分な装備や経験を持たない登山者による安全面の課題を抱えています。
 そこで、利尻山登山道の適正な保護と利用の推進を図ることを目的として「利尻山登山利用検討会」を設置し、利尻山の登山利用のあり方について平成20年度より検討を行っています。
 検討会は、平成21年度中に3回開催する予定です。

□検討員

  • 北海道大学大学院農学研究科 准教授 愛甲 哲也
  • 山形大学農学部 准教授 菊池 俊一
  • 利尻町立博物館 学芸係長 佐藤 雅彦
  • 利尻富士町長 (産業建設課 商工観光係)
  • 利尻町長 (産業振興課 商工観光係)
  • 宗谷森林管理署長 (利尻森林事務所)
  • 利尻富士町観光協会 会長
  • 利尻町観光協会 会長 (中原 憲彰)
  • 利尻愛山会 会長 (事務局長 長岡 俊裕)
  • 利尻自然ガイドサービス 渡辺 敏哉
  • 利尻礼文サロベツ国立公園パークボランティア 佐藤 里恵
  • 利尻島自然情報センター 小杉 和樹
  • 利尻自然ガイドサービス 山澤 玉木

□第1回検討会

1.日時・場所

日時:
平成21年9月15日(火)13:30~
場所:
利尻富士町役場

2.配付資料及び議事概要

□第2回検討会

1.日時・場所

日時:
平成22年1月25日(月)14:00~
場所:
利尻富士町役場

2.配付資料及び議事概要

□第3回検討会

1.日時・場所

日時:
平成22年3月15日(月)9:00~
場所:
利尻富士町役場

2.配付資料及び議事概要

「平成20年度検討会はこちら」

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
北海道カーボン・アクション・フォーラム(リンク)
考えるあしプロジェクト(リンク)
観光地域づくりNAVI2016(リンク)
国立公園・世界自然遺産カーボン・オフセットキャンペーンページ(リンク)
ページ先頭へ