車馬等乗入れ規制

車馬等乗入れ規制

乗り入れ規制のマーク自然環境の優れた地域でのプレジャーボート、スノーモビル、オフロード車などの無秩序な使用は自然環境に悪影響を与えることから、これらを防ぐために国立公園内の特別保護地区、車馬等乗入れ規制地区、原生自然環境保全地域において、それらの乗入れを禁止しています。

  • 特別保護地区、乗入れ規制地区、原生自然環境保全地域に、スノーモビルなどを乗り入れる場合には、地方環境事務所長又は知事の許可が必要です。ただし、行為の内容により許可を要しないものもありますので、事前に確認をしてください。
  • 乗入れが規制されるのは、スノーモビル、自動車、オートバイ、動力船(モーターボート等)、飛行機などで、馬などの動物に乗っての乗入れも規制されます。ただし、一般車両などが道路や宅地などを運行することは構いません。
  • 特別保護地区、乗入れ規制地域、原生自然環境保全地域に許可なく、スノーモビルなどを乗り入れると、自然公園法、自然環境保全法の規定により、6ヶ月以下の懲役又は50万円以下の罰金が課せられます。

  道内の車馬等乗入れ規制地区についてはこちらをご覧ください。[北海道ページ]

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
北海道カーボン・アクション・フォーラム(リンク)
考えるあしプロジェクト(リンク)
観光地域づくりNAVI2016(リンク)
ページ先頭へ