管内の国立公園

管内の国立公園

道内には6つの国立公園が指定されています。

[1] 利尻礼文サロベツ国立公園〔昭和49年9月20日指定、24,166ha〕

写真:利尻礼文サロベツ国立公園 礼文島から利尻富士を望む
礼文島から利尻富士を望む

日本最北端の国立公園。海からそそり立つような利尻山、レブンアツモリソウなどの希少な高山植物が咲き乱れる礼文島、湿原植物が豊かなサロベツ原野と稚咲内の砂丘林など変化に富んだ景観が楽しめる。

関係市町村:稚内市・幌延町・豊富町・礼文町・利尻町・利尻富士町

利尻礼文サロベツ国立公園の詳細はこちら


[2] 知床国立公園〔昭和39年6月1日指定、38,636ha〕

写真:知床国立公園 海上より知床半島斜里側を望む
海上より知床半島斜里側を望む

原始性の高い国立公園でオジロワシ、シマフクロウ、ヒグマの生息地。森に囲まれた知床五湖から眺める知床連山の眺めは絶景。冬には、知床半島西側は流氷にうめつくされる。

関係市町村:斜里町・羅臼町

知床国立公園の詳細はこちら


[3] 阿寒国立公園〔昭和9年12月4日指定、90,481ha〕

写真:阿寒国立公園 冬の雄阿寒と雌阿寒
冬の雄阿寒と雌阿寒

雌阿寒岳をはじめ火山がいくつもある。深い森に囲まれ、マリモが生育する阿寒湖、世界有数の透明度を誇る摩周湖、周囲に強酸性の温泉群のある屈斜路湖などの湖沼の景色が美しい。

関係市町村:大空町・美幌町・津別町・清里町・小清水町・足寄町・標茶町・弟子屈町・釧路市・白糠町・中標津町

阿寒国立公園の詳細はこちら


[4] 釧路湿原国立公園〔昭和62年7月31日指定、28,788ha〕

写真:釧路湿原国立公園 細岡展望台より
細岡展望台より

釧路湿原は日本最大の湿原。周辺の展望台からは、広大な湿原とともに、蛇行する釧路川を見ることができる。タンチョウの繁殖地で、湿原の東側には塘路湖、シラルトロ湖などの湖沼がある。

関係市町村:釧路市・釧路町・標茶町・鶴居村

釧路湿原国立公園の詳細はこちら


[5] 大雪山国立公園〔昭和9年12月4日指定、 226,764ha〕

写真:大雪山国立公園 赤岳第三雪渓
赤岳第三雪渓

北海道の屋根といわれる山岳公園で、日本一大きな国立公園、北海道最高峰の旭岳、十勝岳などの火山群や、石狩岳の雄大な山並みと高山植物が特徴。ヒグマ、エゾシカ、ナキウサギなどが生息する。

関係市町村:富良野市・上川町・東川町・美瑛町・新得町・上富良野町・南富良野町・士幌町・上士幌町・鹿追町

大雪山国立公園の詳細はこちら


[6] 支笏洞爺国立公園〔昭和24年5月16日指定、99,473ha〕

写真:支笏洞爺国立公園 洞爺湖中島
洞爺湖中島

支笏湖、洞爺湖の二大湖に、羊蹄山、有珠山、昭和新山、また樽前山のような新しい火山もあり、活発な火山帯の個性的な山岳風景を見ることができる。洞爺湖は北限の不凍湖としても有名。

関係市町村:札幌市・苫小牧市・千歳市・登別市・恵庭市・伊達市・洞爺湖町・壮瞥町・ニセコ町・喜茂別町・京極町・倶知安町・白老町・真狩村

支笏洞爺国立公園の詳細はこちら


名称指定年月日面積(ha)
特別保護地区特別地域普通地域
第1種第2種第3種
利尻礼文サロベツ S49.9.20 9,720 2,742 3,536 7,993 175 24,166
知床 S39.6.1 23,526 3,822 3,249 8,039 0 38,636
阿寒 S9.12.4 10,460 20,253 24,764 17,379 17,625 90,481
釧路湿原 S62.7.31 6,490 2,321 7,663 3,303 9,011 28,788
大雪山 S9.12.4 36,807 29,566 22,271 94,848 43,272 226,764
支笏洞爺 S24.5.16 2,706 29,190 17,385 10,400 39,792 99,473
  • (陸域のみ)

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
北海道カーボン・アクション・フォーラム(リンク)
考えるあしプロジェクト(リンク)
観光地域づくりNAVI2016(リンク)
ページ先頭へ