報道発表資料

2012年07月13日

報道発表:天売島におけるウミガラスのヒナ確認について

北海道地方環境事務所

 天売島においてウミガラスのヒナを確認しましたのでお知らせします。 7月11日現在5羽のウミガラスのヒナを確認しています。抱卵個体は残り8羽いますので、今後1~2週間の間に順次ふ化していくものと思われます。 このまま順調に育てば、7月下旬~8月中旬頃にかけてヒナが巣立つ見通しです。


7月11日ヒナ

1.現時点でのウミガラスの飛来・繁殖状況(赤岩対岸の繁殖地)

      ・ 最大飛来数 :28羽(前回5月30日発表から変化なし)
      ・ 抱卵個体数 :残り8羽
      ・ ヒナ数 :5羽(最初のヒナ確認日は7月2日、昨年巣立ったヒナの数は7羽)

      ※昨年の餌運び(=ヒナ誕生)初認日は7月3日ですので、ほぼ同時期になります。

    赤岩対岸の繁殖地で生まれて間もないヒナが観察されたのは初めてです。

2.ヒナの写真 ・ 動画について

 写真 ・ 動画を提供いたしますので、ご要望がありましたら羽幌自然保護官事務所(電話:0164-69-1101)までお問い合わせ願います。
 提供する動画は、北海道海鳥センターHPで公開しています。

<提供可能写真>

写真1 : ヒナ1


写真2 : ヒナ2

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
北海道カーボン・アクション・フォーラム(リンク)
考えるあしプロジェクト(リンク)
観光地域づくりNAVI2016(リンク)
ページ先頭へ