報道発表資料

2012年07月20日

報道発表:オフセット・クレジット(J-VER)制度を活用した復興支援に係る事業者支援の採択結果(カーボン・オフセット及びカーボン・ニュートラル認証取得支援第2次募集分)及び追加募集について(お知らせ)

北海道地方環境事務所

  • 環境省では、東日本大震災の被災地支援に係る事業者支援として、オフセット・クレジット(J-VER)制度を活用した復興支援に係る事業者支援を実施しています。
  • 被災地で創出されたオフセット・クレジット(J-VER)及び都道府県J-VER(以下「被災地産J-VER等」という。)を活用したカーボン・オフセット及びカーボン・ニュートラル認証取得に係る事業者支援について、4月3日(火)から6月29日(金)までに応募のあった案件の中から、カーボン・オフセット認証取得支援が11件採択され、そのうち北海道関連で3件が採択されましたので、お知らせいたします。なお、カーボン・ニュートラル認証取得支援についての採択はありませんでした。
  • 被災地産J-VER等を用いたカーボン・オフセット認証取得に係る事業者支援については、9月21日(金)まで第3次公募を受け付けております。なお、被災地産J-VER等を用いたカーボン・ニュートラル認証取得に係る事業者支援の追加募集はありません。

1.被災地産J-VER等を活用したカーボン・オフセット認証取得に係る事業者支援の支援内容について

 被災地産J-VER等を用いたカーボン・オフセットを通じた民間資金の還流と、当該取組を通じたカーボン・オフセットの更なる認知度向上を促し、復興支援・地域支援につなげるため、被災地産J-VER等を企業・市民等がカーボン・オフセットに活用するための支援事業の公募を行います。

●カーボン・オフセット認証取得支援について
 採択された事業者に対して、カーボン・オフセットプロバイダー(注)が150万円(税抜き)/件を上限に下記の支援業務を実施します。なお、カーボン・オフセットに必要なクレジット調達費用は申請者の自己負担となります。

【支援内容】
カーボン・オフセットの企画に対するアドバイス
温室効果ガス排出量算定・オフセット認証費用支援
情報提供ツール作成支援(プレスリリース、WEBサイト、CSR報告書等での紹介方法)

2.被災地産J-VER等を活用したカーボン・オフセット及びカーボン・ニュートラル認証取得支援に係る事業者支援第2次採択結果【北海道分】

○カーボン・オフセット認証取得支援事業採択案件

申請者名事業概要
中央バス観光商事株式会社  「カーボン・オフセット修学旅行」として、修学旅行や宿泊研修などを「環境教育旅行」や「被災地復興支援」の機会にしたいと考える小・中・高校を対象とする。カーボン・オフセット認証ラベルを取得することで、環境教育の活動フィールドとなる天狗山(北海道小樽市)への来訪者の増加につなげ、地域活性化を図る。
 「カーボン・オフセット修学旅行」のサービス利用者には、オフセット証明書が渡され、本サービス利用の証明となる。また、今後の環境教育にも活用することができる。
東京都市大学等々力中学校・高等学校  中学校で行っている「環境」のプログラムで実施する13回の授業を対象とし、授業に伴う校舎利用(電気利用など)から排出するCO2をオフセットする。オフセットには被災地域から創出されたJ-VERクレジットおよび海外のCERクレジットを活用。国内外のクレジットを活用することで地球環境問題の授業プログラムに沿った関係性学習と統合学習につなげる。地球温暖化対策としての環境貢献を行い、さらに、豊かな漁場の復興のため、森林保全を通じた被災地域復興支援のきっかけとして取り組む。
株式会社スタイル工房  中古住宅を購入し、リフォームの契約をされた方に対して、そのリフォーム工事中(約2か月間)の電気使用により発生したCO2をオフセットする「カーボン・オフセットリフォーム」の取組。
 もともと新築に比べて廃棄物が少ないリフォーム工事に、カーボン・オフセットを実施することで、より環境貢献性を上げ、リフォームのPRにつなげることで、中古住宅の流通活性化や、既存住宅の再生を促し、低炭素社会の実現に貢献する。
 オフセットには被災地域から創出されたJ-VERクレジットを活用し、被災地域復興支援のきっかけとして取り組む。
上記採択案件では、北海道広尾町のJ-VER(北海道広尾町有林における森林吸収プロジェクト ~サンタの森づくりプロジェクト~)が活用される予定です。
他の採択案件につきましては、環境省報道発表をご参照下さい。

○カーボン・ニュートラル認証取得支援事業採択案件  カーボン・ニュートラル認証取得支援についての採択はありませんでした。

3.第3次公募について

 被災地産J-VER等を用いたカーボン・オフセット認証取得に係る事業者支援については、9月21日(金)まで第3次公募を受け付けております。採択件数は10件程度を想定しています。

第3次公募 : 平成24年7月20日(金)~平成24年9月21日(金) 17:00まで

 公募開始日の平成24年7月20日(金)以降に、別添の資料2-1「オフセット認証取得支援事業応募様式」に必要事項をご記入の上、以下の提出先に電子メールで送信してください(なお、電子メールが利用できない場合は郵送も可)。なお、本事業は環境省の委託を受け、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社が担当しております。

【提出・お問い合わせ先】
〒105-8501 東京都港区虎ノ門5-11-2 オランダヒルズ森タワー
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
(担当:綿引(わたひき)・山口・櫻井・竹田)
「被災地産J-VER等を活用したカーボン・オフセット認証取得に係る事業者支援事業係」
TEL : 03-6733-3400 / E-mail : offset@murc.jp

 なお、被災地産J-VER等を用いたカーボン・ニュートラル認証取得に係る事業者支援の追加募集はありません。

4.資料

    1.被災地産J-VER等を活用したカーボン・オフセット認証取得に係る事業者支援の第2次採択事業の概要【北海道分】

    2.被災地産J-VER等を活用したカーボン・オフセット認証取得に係る事業者支援について

5.参考

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
北海道カーボン・アクション・フォーラム(リンク)
考えるあしプロジェクト(リンク)
観光地域づくりNAVI2016(リンク)
ページ先頭へ