報道発表資料

2012年11月01日

報道発表:2012年度ウォームビズについて(第2報)(お知らせ)

北海道地方環境事務所

 環境省では平成17年度から、冬の地球温暖化対策の一つとして、暖房時の室温20℃でも心地良く過ごすことのできるライフスタイル「WARM BIZ」(ウォームビズ)を推進しています。
 今年度も11月1日から3月31日までをウォームビズ期間とし、エネルギー全般の使い方を見直しながら、各主体が低炭素社会の構築に向けたビジネススタイル・ライフスタイルに変革することを目指し、オフィスや家庭でできる「ウォームビズ」の普及啓発を予定しています。また、今年度は、「ウォームビズ」の中でみんなで暖かいところに集まったり、家庭の暖房を止めて、街に出かけることでエネルギー消費の削減になる「ウォームシェア」を呼びかけていきます。
 この度、本年度のウォームビズ特設WEBサイトの本格運用を11月1日から開始し、ウォームビズ・ウォームシェアに関する情報を一層わかりやすく発信いたします。
 また、ウォームシェア関連事業として、環境省が特別協力し、11月1日から北海道で実施する「北海道発!ウォームシェア大作戦!」(主催:北海道エコ・アクション事務局)について、詳細をお知らせします。

1.ウォームビズ特設WEBサイトの本格運用について

 ウォームビズ期間が始まる11月1日からウォームビズ特設WEBサイトを本格運用し、オフィスや家庭でできるウォームビズ・ウォームシェアのアイデアなど、様々な情報をわかりやすく発信するとともに、ロゴマーク、ポスター、ステッカー等の各種ツールを国民や企業が自由にダウンロードできるようにいたします。
 また、今年度から始まる「ウォームシェア」についても呼びかけます。ウォームシェアとは、一人一人が暖房を使うのではなく、家族や御近所で一つの部屋に集まることや、暖房を止めて街に出かけることでエネルギーの節約につながるというものです。
 みんなで集まることで、暖かさだけではなく、楽しさやうれしさもシェアできます。また、みんなが暖房を止めて街に出かけることでエネルギーの節約にもなり、街の活性化にもつながります。

様々な情報やオフィスや家庭でできるウォームビズ・ウォームシェアのアイデアをわかりやすく発信します。
ロゴマーク、ポスター、ステッカー等の各種ツールのダウンロードができます。
地域で気軽に集まって暖まることができる場所を自治体、企業、個人が登録できるWEB上の地図「ウォームシェアマップ」が公開されます。


(特設WEBサイト)


(ロゴマーク)


(ポスター)

2. 「北海道発!ウォームシェア大作戦!」について

【概要】

 北海道地域において、節電にも貢献する低炭素社会の構築のため、暖房に頼りすぎなくても快適に過ごす工夫として「ウォームシェア」を推進します。

【関係主体】

主催 :
北海道エコ・アクション事務局(北海道新聞内)
特別協力 :
環境省、北海道地方環境事務所
協力 :
北海道、札幌市、経済産業省北海道経済産業局、国土交通省北海道開発局札幌開発建設部、北海道環境財団、ウインターライフ推進協議会

【期間】

平成24年11月1日~平成25年2月末日

【内容】

①特設WEBサイトの開設、新聞告知などの情報の発信
 「北海道発!ウォームシェア大作戦!」特設WEBサイトの開設、新聞による告知のほか、協力の行政機関、自治体、団体、企業が連携し、様々な手段により、ウォームシェアに関する説明、北海道のウォームシェアスポット・イベント等の情報をわかりやすく提供し、キャンペーン情報も随時発信します。
特設WEBサイトURL
http://eco.hokkaido-np.co.jp/warmshare/
②あったかアイデアの募集
 ウォームビズ宣言をした参加者がPC、スマートフォン、携帯電話から応募できる、室温20℃でも快適なウォームビズの工夫やアイデアを募集(応募された方の中から抽選でウォームシェアに関連する景品が当たります。)し、集まったアイデアを特設サイトで公開することで、多くの方々がアイデアを共有できるようにします。
③ウォームシェアスポットの利用促進
 北海道内における飲食店、商業施設(映画館等)、スポーツの試合会場、観光イベント等のうち、ウォームビズに賛同し、ウォームシェアスポットに登録している施設等の利用促進を図るため、これらの施設等の積極的な利用を道民に呼びかけるとともに、利用者の中から抽選で様々なウォームビズグッズをプレゼントします。
 また、別途、一部のウォームシェアスポットでは来店時に「家の暖房を止めて来ました。」と告げていただくことで、一品追加、割引等、本キャンペーンのための特別なサービスを実施します。
◆ウォームビズとは
 環境省ではCO2を始めとする温室効果ガス排出量の削減のため、2005年から過度な暖房使用を控えながらも快適に過ごすライフスタイルです。
 自治体、民間企業、各家庭に対して呼びかけ、室温20℃を目処に適切な暖房機器の使用を啓発しています。
◆ウォームシェアとは
 一人一人が暖房を使うのではなく、家族や御近所で一つの部屋に集まることや、暖房を止めて街に出かけることでエネルギーの節約につながるというものです。
 みんなで集まることで、暖かさだけではなく、楽しさやうれしさもシェアできます。また、みんなが暖房を止めて街に出かけることでエネルギーの節約にもなり、街の活性化にもつながります。
  • ウォームビズ期間 : 11月1日~3月31日
  • 特設WEBサイトURL :
    http://www.challenge25.go.jp/practice/warmbiz/warmbiz2012/
    ※サイト上でウォームビズに賛同していただくと、ロゴ、ポスター、チラシなどの啓発ツールがダウンロードできるようになります。
地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
北海道カーボン・アクション・フォーラム(リンク)
考えるあしプロジェクト(リンク)
観光地域づくりNAVI2016(リンク)
ページ先頭へ