報道発表資料

2014年08月22日

報道発表:天売島におけるウミガラスの繁殖結果について(お知らせ)

環境省 北海道地方環境事務所
所 長: 德丸 久衞
統括自然保護企画官: 番匠 克二
野生生物課長: 小口 陽介
羽幌自然保護官: 竹中 康進(担当)
電話(0164)69-1101 FAX(0164)69-1102

 天売島におけるウミガラスの繁殖が終了しましたのでお知らせします。 昨年より2羽多い11羽のヒナが巣立ち、4年連続の巣立ち成功となりました。また、天売島において二桁のヒナが巣立ったのは、1996年(平成8年)以来18年ぶりとなります。

7月12日巣立ち直前のヒナ

1.ウミガラスの飛来・繁殖結果

・最大飛来数 :35羽
・つがい数 :15羽
・ヒナの数 :12羽
・巣立ち数 :11羽
・巣立ち日 :7月12日~8月9日の間(昨年7月19日~23日)

2.最近20年間のウミガラスの繁殖状況

最近20年間のウミガラスの繁殖状況

※天売島ではかつて、赤岩対岸の繁殖地以外に、7カ所繁殖地がありましたが、現在繁殖が確認されているのは、赤岩対崖の繁殖地のみとなっています。環境省では、2009年から赤岩対岸の繁殖地で、音声装置やデコイの設置等を実施し、ウミガラスの保護増殖事業に取り組んでいます。

3.ヒナの写真・動画について

写真・動画を提供いたしますので、ご要望がありましたら環境省羽幌自然保護官事務所(電話:0164-69-1101)までお問い合わせ願います。動画は北海道海鳥センターHP(http://www.seabird-center.jp/)でも公開しています。

提供可能写真

7月12日巣立ち直前のヒナ 7月12日巣立ち後の親子
写真1:巣立ち直前のヒナ
(7月12日撮影)
写真2:巣立ち後の親子
(7月12日撮影)
7月25日巣立ち直前のヒナ
写真3:巣立ち直前のヒナ
(7月25日撮影)
※その他提供できる写真があります。
地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
北海道カーボン・アクション・フォーラム(リンク)
考えるあしプロジェクト(リンク)
観光地域づくりNAVI2016(リンク)
ページ先頭へ