報道発表資料

2017年10月12日

「大雪高原温泉沼めぐりコース 魅力向上と活用フォーラム」の開催について

 環境省上川自然保護官事務所、北海道上川総合振興局、上川町は、平成29年10月24日(火)に、「大雪高原温泉沼めぐりコース 魅力向上と活用フォーラム」を開催しますので、参加者を募集します。

1.目的

大雪山国立公園の大雪高原温泉沼めぐりコースは、紅葉の名所として9月中旬~下旬は利用者が多いものの、それ以外の期間は利用者が低迷しているため、このコースが持つ多様な魅力(火山現象や希少な高山植物が観察できること、野生に生息するヒグマを遠望できることなど)を発信し、魅力を深く知ることができるガイドツアーが積極的に実施されるなど一層の活用を図ることが課題となっています。

そこで、湖を巡るコースがあり、多くの人が訪れる知床五湖の事例を学び、大雪高原温泉沼めぐりコースが通年にわたり利用されること、魅力の向上や発信の方策、必要な安全対策について考えるフォーラムを開催します。

このフォーラムを契機として、大雪高原温泉沼めぐりコースの魅力が幅広く知れ渡ることを期待しています。

2.概要

日時:平成29年10月24日(火)13:30~16:00

場所:上川町役場大会議室(上川郡上川町南町180番地)

主催:環境省上川自然保護官事務所、北海道上川総合振興局、上川町

定員:70名

<プログラム>

○開会(上川町長)

○「大雪高原温泉沼めぐりコースの現状と課題」

(環境省上川自然保護官事務所首席自然保護官 桝厚生)

○「知床五湖の取組紹介と大雪高原温泉沼めぐりコースの活性化に向けた提案」

(公益財団法人知床財団 葛西真輔氏、秋葉圭太氏)

○意見交換「沼めぐりコースの活性化に向けて」

進行 上川自然保護官事務所

コメンテーター 公益財団法人知床財団 葛西真輔氏、秋葉圭太氏

テーマ 魅力向上方策、安全対策について

3.申込み

〆 切:平成29年10月23日(月)12:00

FAX:チラシ裏の申込み用紙に必要事項を記入の上、環境省上川自然保護官事務所にFAXしてください(FAX番号:01658-2-2681)。

電 話:環境省上川自然保護官事務所に、氏名、所属、連絡先(電話番号等)をお伝えください(電話番号:01658-2-2574)。

E-mail:件名を「大雪山国立公園フォーラムへの参加希望」とし、参加者の氏名、所属、連絡先(電話番号等)を、RO-KAMIKAWA@env.go.jpまで、送信してください。

※ただし、定員に達し次第、申込みを締め切ります。

4.問合せ先

環境省北海道地方環境事務所 上川自然保護官事務所

電話:01658-2-2574、担当:桝(ます)

添付資料

■ 問い合わせ先
環境省北海道地方環境事務所
上川自然保護官事務所
電話:01658-2-2574
首席自然保護官:桝 厚 生
地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
北海道カーボン・アクション・フォーラム(リンク)
考えるあしプロジェクト(リンク)
観光地域づくりNAVI2016(リンク)
国立公園・世界自然遺産カーボン・オフセットキャンペーンページ(リンク)
ページ先頭へ