報道発表資料

2017年11月17日

(お知らせ)シマアオジ札幌シンポジウムの開催について

 平成29年11月26日(日)に「シマアオジ札幌シンポジウム」を開催します。

 シマアオジは、ユーラシア大陸北部に広く分布するスズメ大の野鳥で、国内では北海道に夏鳥として渡ってきます。しかし、越冬地での捕獲や密猟により、北海道での生息数も著しく減少しています。

 本シンポジウムでは、国内外におけるシマアオジの現状について専門家から講演していただき、講演者の対談を通じて保全の必要性について考えます。

1.概要

日時:平成29年11月26日(日)14:00~16:00(開場13:30)

場所:北海道大学総合博物館1階 知の交流ホール

(札幌市北区北10条西8丁目 札幌駅より徒歩15分 地下鉄北12条駅より徒歩10分)

主催:環境省北海道地方環境事務所  

主管:NPO法人サロベツ・エコ・ネットワーク

協力:北海道野鳥愛護会 日本野鳥の会札幌支部 NPO法人EnVision環境保全事務所

参加:入場無料、申込不要

<プログラム>

(1)開会

(2)講演

「北海道のシマアオジの減少と今後の保全」

(地方独立行政法人北海道立総合研究機構 環境科学研究センター 玉田 克巳)

「サロベツのシマアオジの減少と最新状況」

(NPO法人サロベツ・エコ・ネットワーク 長谷部 真)

「海外のシマアオジの状況と国際的な保全」

(バードライフインターナショナル シンバ・チャン)

(3)会場から講演者への質問

(4)対談「シマアオジ保全に向けて」

対談者 シンバ・チャン 玉田 克巳 長谷部 真

進行 長谷川 理(NPO法人EnVision環境保全事務所)

2.問い合わせ先

 NPO法人サロベツ・エコ・ネットワーク(担当:長谷部)

 電話:0162-82-3950 メール:info@sarobetsu.or.jp

3.添付資料

シマアオジ札幌シンポジウム・ポスター[PDF 340KB]

■ 問い合わせ先
環境省 北海道地方環境事務所
稚内自然保護官事務所
首席自然保護官:坂本 真一(担当)
電話:0162-33-1100
Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
北海道カーボン・アクション・フォーラム(リンク)
考えるあしプロジェクト(リンク)
観光地域づくりNAVI2016(リンク)
国立公園・世界自然遺産カーボン・オフセットキャンペーンページ(リンク)
ページ先頭へ