報道発表資料

2018年01月23日

2018年世界湿地の日記念イベントについて

ウトナイ湖野生鳥獣保護センターで開催する、2018年世界湿地の日記念イベントについてお知らせいたします。 ラムサール条約湿地であるウトナイ湖の湿地内で収集した植物を用いて写真立てを作成します。

開催概要

【ウトナイ湖周辺林内の落枝・落葉を用いた工作体験】

ウトナイ湖の林内で収集した植物(ハンノキ、キハダ、コナラ等)を用いて枝や木の葉を使用して、写真立てを作成します。

主催

北海道地方環境事務所

イベントの種類

クラフト体験

開催日

平成30年2月3日(土)11:00-15:00 開催時間中は随時受付

場所

ウトナイ湖野生鳥獣保護センター 森の休憩所

参加費

無料

募集人数

最大15名(先着順)

対象

一般(小学校低学年以下は保護者同伴)

申し込み

不要(当日直接来館)

備考

クラフト用の材料及び道具はセンターにて用意します。来館されましたら、入り口横の受付スタッフへ、クラフト体験へ参加される旨をお申し出ください。

■ 問い合わせ先
環境省 北海道地方環境事務所
苫小牧自然保護官:結城 貴志(担当)
電話(011)299-1954
FAX(011)736-1234
  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
北海道カーボン・アクション・フォーラム(リンク)
考えるあしプロジェクト(リンク)
観光地域づくりNAVI2016(リンク)
国立公園・世界自然遺産カーボン・オフセットキャンペーンページ(リンク)
ページ先頭へ