調達資料

2021年04月23日

令和3年度支笏洞爺国立公園支笏湖地域エゾシカ生息状況および植生影響調査業務における質問と回答について

質問:自動撮影カメラのデータ回収ですが、カメラから自動で撮影データがメール送信される仕組みであれば(遠隔で管理できるのであれば)、任意の回数でも良いでしょうか。

回答:3.(1)①の自動撮影法については、以下の事項が想定されるため、仕様書に規定する「週1回程度の確認」を行ってください。

・カメラの設置位置が山間部であり、通信エリア対象外地域である可能性があるため。

・寒冷地等の厳しい気象環境であり、自動撮影カメラが順調に作動していることを定期的に確認する必要があるため。

  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
国立公園・世界自然遺産カーボン・オフセットキャンペーンページ(リンク)
ページ先頭へ