北海道地方環境事務所期間業務職員(廃棄物等輸出入管理業務補助員)を募集します

北海道地方環境事務所期間業務職員(廃棄物等輸出入管理業務補助員)募集要項

廃棄物等を輸出入する場合は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号。以下「廃棄物処理法」という。)及び特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(平成4年法律第108号。以下「バーゼル法」という。)に規定された手続を行う必要があります。

北海道地方環境事務所(以下「事務所」という。)では、税関等と協力して廃棄物等の不法輸出入防止のための水際対策を実施しています。しかしながら、不法輸出入が後を絶たないことから、廃棄物処理法及びバーゼル法をはじめとした各種関連法に基づく監視強化を行うため、次のとおり期間業務職員(廃棄物等輸出入管理業務補助員)の募集を行います。

1.募集職種

廃棄物等輸出入管理業務補助員

(国家公務員法の適用を受ける非常勤の国家公務員)

2.募集期間

平成30年2月16日(金)から2月27日(火)まで (必着)

3.勤務先及び業務内容等

(1)勤務先

北海道地方環境事務所 環境対策課

札幌市北区北8条西2丁目 札幌第一合同庁舎3階

(2)業務内容

事務所の輸出入担当官が行う業務のうち、次の業務を補佐する。

  • 廃棄物等の輸出入に関する事前相談
  • 廃棄物等の不法輸出入案件に関する情報収集、資料作成、関係者との連絡調整等
  • 廃棄物処理法又はバーゼル法に基づく立入検査
  • 個別リサイクル法(注)に基づく立入検査
  • 廃棄物の輸出の確認及び輸入の許可に係る審査
  • その他、課長が指示する環境対策課関係業務

(注)特定家庭用機器再商品化法、使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律等

(3)募集人員

1名

4.募集条件等

(1)条件

以下の(ア)~(ウ)を満たす者。

(ア)基本的なパソコン操作(メール作成、文書作成、表計算等)ができること。

(イ)廃棄物処理法、バーゼル法、又は他法令に基づく規制等の実務経験を有すること。

(ウ)普通自動車第一種免許を取得していること。

(2)雇用期間等

  • 平成30年4月1日から平成31年3月31日まで。
  • 採用後1か月は条件付採用期間(試用期間)となります。
  • 職務を良好な成績で遂行したときには次年度以降も再雇用される場合がありますが、雇用を継続する期間は最長でも3年です(平成33年3月末日まで)。

(3)勤務日数

  • 週5日勤務(原則として、土曜日、日曜日、祝祭日及び年末年始(12月29日から1月3日まで)は休日)
  • 業務の都合により休日に出勤が必要な場合がありますが、その場合には振替休日・代休が与えられます。
  • 6か月間一定日数以上の勤務を行うと、10日間の有給休暇が取得可能です。

(4)勤務時間

  • 午前8時30分から午後5時15分(休憩時間12:00~13:00)

(5)給与関係

【給与】日給9,190円(日給を月末締め翌月16日支給)

【賞与】別に定める賞与の取扱いによります。

【社会保険】健康保険、厚生年金保険、雇用保険に加入します(一部自己負担)。

【各種手当】通勤手当、扶養手当、住居手当、超過勤務手当、退職手当(規定あり)

5.応募方法

次の(1)から(3)を募集期間内に下記の申込先に郵送して下さい。

(1)履歴書(写真貼付)

(2)職務経歴書(職務内容を詳細に記入)

(3)A4が入る返信用封筒(住所、氏名記入の上、140円切手を貼付すること)

6.申込先

〒060-0808

札幌市北区北8条西2丁目 札幌第一合同庁舎3階

北海道地方環境事務所 総務課

廃棄物等輸出入管理業務補助員公募係 あて

7.選考方法

【一次審査(書類選考)】

提出された履歴書、職務経歴書により書類審査をします。

【二次審査(面接)】

一次審査合格者に面接の日程を通知します。

  ※面接予定 平成30年3月中旬頃予定

[備考] 本公募については、今後国会で審議が予定される平成30年度予算が成立することを前提としています。

問い合わせ先

環境省北海道地方環境事務所 総務課
担当:小林
電話: 011-299-1950

  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
北海道カーボン・アクション・フォーラム(リンク)
考えるあしプロジェクト(リンク)
観光地域づくりNAVI2016(リンク)
国立公園・世界自然遺産カーボン・オフセットキャンペーンページ(リンク)
ページ先頭へ