環境白書を読む会について

環境白書を読む会について

環境省・地方環境事務所は、環境白書、循環型社会白書、生物多様性白書の内容を広く国民の皆様に知っていただくため、2002年(平成14年)から毎年、テーマやねらいなどを白書編集担当者が直接解説する「環境白書を読む会」を全国で開催しています。

※北海道における開催状況は次のとおりです。2012年(平成24年)からは意見交換会(コーディネーター:北海道環境パートナーシップオフィス(以下「EPO北海道」という。))を取り入れる等、ご参加いただく方のご理解が深まるよう努めています。

令和元年版 環境白書を読む会

【札幌会場】

日時:令和元年8月19日(月)14:00~17:00

会場:札幌市北区北8条西3丁目 エルプラザ2階札幌エルプラザ公共4施設2階 環境研修室1・2

【釧路会場】

日時:令和元年8月20日(火)14:30~17:00

場所:釧路市幸町10丁目3 釧路地方合同庁舎5階 釧路地方合同庁舎 第1会議室   

【内容】

白書のテーマは、「持続可能な未来のための地域循環共生圏―気候変動影響への適応とプラスチック資源循環の取組―」。

専門家から持続可能な開発目標(SDGs)の国内外の動向や環境、経済、社会の統合的向上を図り、達成に向けて取り組む方法等の講演の後、環境白書に係る講師から「地域循環共生圏」の考え方の解説や取組事例の紹介をしました。

札幌会場では、専門家と講師が参加者との間で活発に意見交換が行われました。釧路会場では、釧路市身体障害者福祉センターの手話通訳者が同席し、参加者への支援が行われました。

開催報告/EPO北海道ホームページ

平成30年版 環境白書及び環境基本計画を読む会

日時:平成30年8月20日(月)10:00~12:00

会場:札幌市北区北8条西3丁目 エルプラザ2階

札幌エルプラザ公共4施設2階 環境研修室1・2

内容:白書のテーマは、「地域循環共生圏の創出による持続可能な地域づくり」。

第五次環境基本計画(平成30年4月閣議決定)で提唱された「地域循環共生圏」の考え方や地域資源を活用した取組等、先進的な取組事例を解説しました。

関連:第五次環境基本計画/環境省ホームページ

開催報告/ EPO北海道ホームページ

平成29年版 環境白書を読む会

日時:平成29年8月25日(金)13:30~16:00

会場:札幌市北区北8条西3丁目 エルプラザ2階

札幌エルプラザ公共4施設2階 環境研修室1・2

内容:白書のテーマは、「環境から拓く、経済・社会のイノベーション」。

持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定を踏まえた国内外の動向と環境・経済・社会の諸課題の同時解決に向けた我が国の方向性や取組事例等を紹介しました。

開催報告/EPO北海道ホームページ

平成28年版 環境白書を読む会

日時:平成28年8月26日(金)13:30~16:30

会場:札幌市北区北8条西3丁目 エルプラザ2階

札幌エルプラザ公共4施設2階 環境研修室1・2

内容:白書のテーマは、「地球温暖化対策の新たなステージ」。

パリ協定の採択を踏まえ、地球温暖化対策に関する国際的な動向、地球温暖化対策の状況や今後の取組の方向性、持続可能な開発のための2030アジェンダの概説、森里川海をつなぎ支えるための取組等を紹介し、講師と参加者との意見交換を行いました。

関連:開催案内/EPO北海道ホームページ

   開催報告/EPO北海道ホームページ

平成27年版 環境白書を読む会

日時:平成27年7月14日(火)13時30分~16時

場所:札幌市北区北8条西3丁目 エルプラザ2階 札幌市環境プラザ 環境研修室1・2

内容:白書のテーマは、「環境とともに創る地域社会・地域経済」。

東日本大震災の被災地における復興に向けた取組に加え、環境問題への取組が地域経済や地域社会の課題解決につながるとの観点から、環境対策による地域経済活性化や自然資源等をいかした地域づくり等について紹介しました。

意見交換会は、講師もワークショップに加わり、環境白書に記された"都市と農山漁村が一体となって連携していく地域循環共生圏"などについて意見が交わされました。

平成26年版 環境白書を読む会

日時:平成26年7月16日(水)13時30分~16時

場所:札幌市北区北8条西3丁目 エルプラザ2階 札幌市環境プラザ 環境研修室1・2

内容:白書のテーマは、「我が国が歩むグリーン経済の道」。

地球温暖化をはじめとする環境問題への対応と、経済成長の両立を目指すグリーン経済の重要性について示すとともに、これを実現する環境技術や環境金融等の取組の紹介を行いました。また、意見交換会では環境白書の説明内容に対してグループ討議を行いました。参加された方から課題の共有できて、それに対して講師から内容の説明をしてもらったのでよく理解できたと感想がありました。

平成25年版 環境白書を読む会

日時:平成25年7月24日(水)13時30分~16時15分

場所:札幌市北区北8条西3丁目 エルプラザ2階 札幌市環境プラザ 環境研修室1・2

内容:白書のテーマは、「真に豊かな社会を子供達へ 〜震災復興の中でともに考える持続可能な未来〜」。

持続可能な社会の構築を目指して、低炭素社会、自然共生社会、循環型社会、グリーン経済に係る各取組の説明と東日本大震災からの復旧・復興の紹介がありました。

意見交換会ではEPO北海道がコーディネーターとなり、環境中間支援会議・北海道が編集、制作した「もうひとつの北海道環境白書」取り上げ、意見交換を行いました。

関連:環境中間支援会議・北海道/EPO北海道ホームページ

平成24年版 環境白書及び環境基本計画を読む会

日時:平成24年7月24日(火)13時30分~16時30分

場所:札幌市北区北8条西3丁目 エルプラザ2階 札幌市環境プラザ 環境研修室1・2

内容:白書のテーマは、「震災復興と安全安心で持続可能な社会の実現に向けて」。

東日本大震災からの復旧の状況の紹介の後、リオ+20を踏まえ、我が国が持続可能な地域社会づくりやグリーン成長の実現に向けて、環境技術の面で世界にどのように貢献しているか解説がありました。また、環境白書の説明後、第4次環境基本計画の内容及びポイントの説明を行い、参加者と講師の意見交換会を開きました。

関連:第四次環境基本計画/環境省ホームページ

平成23年版 環境白書を読む会

日時:平成23年7月1日(金)14時~16時30分

場所:札幌市中央区北5条西5丁目7番地 sapporo55ビル 紀伊國屋書店札幌本店1階インナーガーデン

内容:白書のテーマは、「地球との共生に向けた確かな知恵・規範・行動」。

生物多様性の保全と持続可能な利用を中心に生物多様性の損失状況と私たちの暮らしとの関係などを解説。また、本年3月11日に発生した東日本大震災のがれき等の処理など、復旧・復興に向けた取組を紹介しました。

平成22年版 環境白書を読む会

日時:平成22年6月24日(木)14時45分~

札幌会場:札幌市北区北10条西7丁目 北海道大学 文系共同講義棟 W103教室

釧路会場:釧路市北大通4丁目1番地  釧路市民活動センター 2階会議室

内容:白書のテーマは、「地球を守る私たちの責任と約束―チャレンジ25―」。

地球温暖化、生物多様性、水環境、環境と経済の関係等に焦点を当て、これらの問題の現状と今後目指すべき方向性について、具体的事例を交え紹介しました。

札幌会場と釧路会場をインターネット回線で結び、札幌会場の環境白書を読む会の模様を釧路会場に同時中継しました。

平成21年版 環境白書を読む会

日時:平成21年6月27日(土)14時~16時

場所:札幌市中央区宮ヶ丘3-1 円山動物園 動物科学館

内容:環境白書、循環型白書、生物多様性白書を1冊に取りまとめ、環境が経済を牽引して未来を開拓するための取組や生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)で予定される主な議題と日本の取組の方向性等を紹介しました。

平成20年版 環境・循環型白書を読む会

日時:平成20年7月18日(金)14時~16時

場所:札幌市北区北8条西3丁目 エルプラザ2階 札幌市環境プラザ 環境研修室

内容:白書のテーマは、「低炭素社会の構築に向け転換期を迎えた世界と我が国の取組」、「循環型社会の構築に向け転換期を迎えた世界と我が国の取組」

低炭素社会への世界の潮流と我が国の取組や国際貢献社会づくりの解説の他、「地域循環圏」や江戸期の社会から振り返り、「もったない」の考え方を紹介しました。

平成19年版 白書を読む会

日時:平成19年6月27日(水)13時30分~15時30分

場所:札幌市北区北8条西3丁目 エルプラザ2階 札幌市環境プラザ 環境研修室

内容:白書のテーマは、「進行する地球温暖化と対策技術」と「我が国の循環型

社会づくりを支える技術−3R・廃棄物処理技術の発展と変遷−」。

地球温暖化の現状とその影響、温暖化対策技術の状況とその普及による効果を紹介。また、循環型社会の形成に向けて、政策、施策の紹介と3R・廃棄物処理技術について解説しました。

平成18年版 環境白書を読む会

日時:平成18年6月20日(火)15時~17時

場所:札幌市中央区北2条西7丁目 北海道立道民活動センター(かでる2・7)10階 1040会議室

内容:白書のテーマは、「人口減少と環境」、「環境問題の原点 水俣病の50年」

の2つ。人口減少に対応した持続可能な社会の実現に向けた取組の重要性と公式確認から50年を迎える水俣病について地域福祉と連携した取組を解説しました。「環境基本計画を読む会」の二部構成で開催。

平成17年版 環境白書を読む会

日時:平成17年6月28日(火)

1回(14時〜16時)2回(18時30分~20時30分)

場所:札幌市北区北8条西3丁目 エルプラザ2階 札幌市環境プラザ 環境研修室

内容:白書のテーマは、「脱温暖化-"人"と"しくみ"づくりで築く新時代」テーマやねらいなどの解説の他、「外来生物法(特定外来生物による生態系 等に係る被害の防止に関する法律)」の説明も行いました。

平成16年版 環境白書を読む会

日時:平成16年6月16日(水)

1回(14時〜16時)2回(18時30分~20時30分)

場所:札幌市北区北8条西3丁目 エルプラザ2階 札幌市環境プラザ 環境研修室

内容:白書のテーマは、「広がれ環境のわざと心」。「環境のわざと心」を環境教育、国際環境協力等を通じて広げ、くらしや社会経済活動を発展させ、地球環境の保全につなげることを紹介しました。

平成15年版 環境白書を読む会

日時:平成15年6月27日(金)14時〜16時

場所:札幌市中央区北4条西5丁目 KKRホテル札幌5階「丹頂」 北海道経済連合会会議室

内容:白書のテーマは、「地域社会から始まる持続可能な社会への変革」。

地球規模の環境問題の解決に向けて、個人・地域レベルの取組が重要。個人の取組や地域環境力を活用した取組は、地域の環境保全、地域の活性化につながり、持続可能な社会の構築に向けた原動力になることを紹介しました。


平成14年版 環境白書を読む会

日時:平成14年7月2日(火)13時30分〜16時

場所:札幌市中央区北3条西4丁目 日本生命ビル9階 北海道経済連合会会議室

内容:白書のテーマは「動き始めた持続可能な社会づくり」。

持続可能な社会づくりのためには、社会経済システムと自然環境の2つの健全な循環が必要、経済成長を上回る環境効率性の向上が必要と指摘し、様々な主体の取組を紹介しました。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
北海道カーボン・アクション・フォーラム(リンク)
考えるあしプロジェクト(リンク)
観光地域づくりNAVI2016(リンク)
国立公園・世界自然遺産カーボン・オフセットキャンペーンページ(リンク)
ページ先頭へ