自然とのふれあい

自然とのふれあい

写真:自然観察会(ツタのブランコ)の様子
自然観察会(ツタのブランコ)

自然とふれあうことによって、「日常生活」、「ボランティア活動」、「野外レクリエーション・観光」、「保健休養」、「環境教育・環境学習」といった様々な場面で、自然の大風景に感動したり、身近な自然に接して安らぎを覚えるなど、自然や人を大切にする豊かな心を育みます。

体感!!パークレンジャー

小・中学生を対象に、豊かな人間性を育むことを目的として、環境省のレンジャーとともに、自然保護パトロールや美化清掃、動植物の調査・保護活動、自然解説活動などを体験できるプログラムです。

自然公園指導員

国立公園内において、動植物の保護、美化清掃、事故の防止などについて利用者の指導や情報収集を行うため、環境省の委嘱により活動しているボランティアです。

パークボランティア

国立公園の保護管理、利用者指導等の一層の充実と、自然保護に対する普及啓発を図ることを目的に、地方環境事務所長が、地区毎にボランティアを登録しています。

イベント情報

その他自然とのふれあいに関する情報

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
北海道カーボン・アクション・フォーラム(リンク)
考えるあしプロジェクト(リンク)
観光地域づくりNAVI2016(リンク)
ページ先頭へ