野生生物の保護管理

野生生物課では、地域の産業や生活との共存を図りながら、多様な野生生物の保護管理を行うとともに、外来生物対策等に取り組んでいます。

担当部署:野生生物課[業務内容

行政資料

野生生物の保護管理

シマフクロウ保護増殖事業

タンチョウ保護増殖事業

オジロワシ・オオワシ保護増殖事業

傷病個体収容結果

平成28年度

平成27年度

平成26年度

パンフレット等

やさしく野鳥を見守ってP1[PDF 374KB]

やさしく野鳥を見守ってP2[PDF 1,427KB]

関連リンク

希少な野生動植物種の保全

野生鳥獣の保護管理

外来生物対策

関連トピックス

お知らせ:平成30年4月からガーパイクの飼育や販売が規制される予定です

お知らせ:ハナガメを飼い続けるには許可申請が必要です

特定外来生物防除推進普及啓発DVD「特定外来生物の分布拡大防止に向けて」~北海道の現状と防除の取り組み(道東編)について

お知らせ:北海道東部におけるセイヨウオオマルハナバチの監視・防除に御協力下さい!―DVDを作成しました―

パンフレット等

ウチダザリガニリーフレット[PDF 4.79MB]

関連リンク

特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(外来生物法)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 北海道地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO北海道(リンク)
国立公園・世界自然遺産カーボン・オフセットキャンペーン(リンク)
釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイ(リンク)
ページ先頭へ