ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

釧路湿原国立公園 釧路湿原

172件の記事があります。

2006年08月23日釧路川カヌー巡視

釧路湿原国立公園 釧路湿原 磯野 満里子

水遊びが気持ちいい夏、釧路湿原ではカヌーによる川下りが人気を集めています。

というわけで川下りに仲間入り。8月14日に釧路川をカヌーで巡視しました。
区間は塘路湖から細岡地区のカヌーポートまでの約10?。2時間程度と手頃な時間で下ることができるためか、利用者が多いポイントです。巡視途中にも何艇かのカヌーと出会いましたが、ゆったりとした川の流れと静寂に包まれる湿原を満喫している様子でした。

さて巡視中、可能な範囲でゴミ拾いを行いましたが、川の中のゴミの量、そして回収作業の困難さは想像以上でした。
ゴミが集積している地点はヤナギの藪や流木などの障害物が複雑に入り組んでおり、流れも速く、回収以前にゴミへの接近が困難でした。各ゴミのたまり場で流木のダムを足場にしたり、パドルでゴミをたぐり寄せたりと悪戦苦闘しつつ回収できたのは1/3程度の量。それでも数?の区間で特大のゴミ袋3つがいっぱいになりました。

ゴミの中には、納豆のパックや洗剤のボトル、調味料の瓶といった「生活ゴミ」が多く、冷蔵庫のフタや消火器などの粗大ゴミも含まれていました。今年春、釧路湿原を横断する道路沿いでゴミの不法投棄が発覚したのは記憶に新しいところ。人の生活圏と接している釧路湿原では、住民が普段の生活の中で出すゴミの扱いに配慮する必要性が高いことを、改めて目の当たりにさせられた結果でした。

とはいえ、視点を変えて湿原を中から覗くことができるのもカヌーの魅力。もうしばらくは川下りを楽しめるシーズンが続きます。
釧路湿原自然再生協議会では、安全上の注意点や自然環境への配慮などを取りまとめた「釧路川保全と利用のカヌーガイドライン」を作成しています。川下りをされる方は是非参考にして下さい。

釧路湿原自然再生協議会HP釧路川保全と利用のカヌーガイドライン
http://www.kushiro-wetland.jp/news/canoe/


ゆったりとした釧路川の流れ


ゴミの集積箇所


流木を足場にしてのゴミの回収作業

ページ先頭へ↑

2006年07月20日夏期は無休で開館!

釧路湿原国立公園 釧路湿原 磯野 満里子

 7月でも長袖が必須の釧路湿原ですが、夏休みシーズンは到来!です。

 公園を訪れる方々が多くなるこの季節、より多くの方に釧路湿原の魅力をご案内できるように、「塘路湖エコミュージアムセンター あるこっと」、「温根内ビジターセンター」を無休で開館しています。期間は7月18日から8月末まで、開館時間はどちらの施設も10:00?17:00です。

 両施設の休館日にアクティブレンジャーを配置して開館するこの試みは今年で2年目。今回は強力な助っ人がいます。それは、釧路湿原国立公園で長年活動されているパークボランティアの皆様。中には国立公園になる前から釧路湿原を見守っている方もいらっしゃいます。自然情報や見所はもちろん、地域に根ざした情報にも詳しいので、ひと味違ったご案内が可能です。是非この機会に、地域ならではの目線で集められた情報との交流を楽しんで下さい。

 もちろん、各施設のベテランスタッフ、アクティブレンジャー2名も、皆様に釧路湿原の夏を楽しんでいただけるよう、一緒にお待ちしております。


塘路湖エコミュージアムセンター あるこっと
釧路湿原に関するパネル展示、ジオラマ展示が充実。落ち着いた雰囲気は休憩や資料の閲覧にも最適です。


温根内ビジターセンター
センター側に入り口のある、低層湿原から高層湿原まで様々な湿原を観察できる木道が魅力。散策前に是非、旬の自然情報を仕入れるため、当センターにお立ち寄り下さい。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ