ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年12月12日「阿寒湖の冬到来」

阿寒摩周国立公園 阿寒湖 川村胡桃

初めまして。

今年の8月に着任した、阿寒湖管理官事務所の川村です。

初投稿になりますがよろしくお願いします。

今年は北海道全体で異例の冬到来が遅かったですね。

去年の今頃であれば、阿寒湖は凍ってフロストフラワーが見られる様子だったそうですが、今年はまだ阿寒湖のふちが薄っすら凍ったくらいです。ここ1週間あたりでぐっと寒くなりましたが、全面結氷するのはいつ頃になりますかね...。

今朝、ボッケ遊歩道を歩いてきました。

寒くなってきたおかげで、初めてしぶき氷が見られました!しぶき氷は、湖岸の枝にしぶきがあたって、凍ってできるものです。屋根にできるつららと違って、氷の先が丸くなっていて透明できれいです。

朝靄の中、晴れてきて雄阿寒が山頂まで見えました。私が見る時は山頂が雲で隠れていることが多いので、山頂まで見えると気持ちいいです。

あとは枝の上で木の実を食べているエゾリスを見つけました。器用に両手で木の実を抑えながらかじる様子は本当にかわいいです。

葉っぱが散って遮るものがないこの時期は、高確率でエゾリスを見つけることができます。ほぼ毎日会えます。エゾリスの他にもエゾシカやアカゲラ等の鳥類も見ることができます。

これから徐々に、アイスバブルやフロストフラワー等の冬の現象が見られるようになると思います。

防寒対策をしっかりして、ぜひボッケ遊歩道に散歩しに来てみてください。

ページ先頭へ↑

2018年12月10日「支笏湖地区パークボランティアの新規募集」のお知らせ♪

支笏洞爺国立公園 當山真貴子

 先日、久し振りの大雪で、積雪が一気に10cm以上になり、事務所周辺の除雪作業に追われた當山です。

 

さて、支笏洞爺国立公園支笏湖地区において、国立公園の保護管理活動にご協力いただける

「パークボランティア」を募集することとなりました!

また、パークボランティア活動に興味がある人に向けて、パークボランティア制度や

活動内容の事前説明会を北海道千歳市の「千歳市中心街コミュニティセンター」で

平成30年12月15日(土)に行います。

告知チラシ.pdf

 

「パークボランティア」とは、環境省の登録を受け、国立公園の自然解説及び案内活動、

利用マナーの普及活動、登山道の維持管理、貴重な動植物の保護活動等、

様々な活動に取り組んでいます。

支笏湖地区の主な活動内容は・・・

①自然観察会の解説・補助(安全管理)

②美化清掃・外来種除去作業

③支笏湖ビジターセンター館内解説・主催イベント補助(安全管理) 等

上記の活動等があり、そのうち2回以上の活動に参加していただくことが応募資格者の

条件となっています。

 現在の会員数は29名で、千歳市、札幌市、恵庭市、苫小牧市等から

参加していただいています。

 

皆様のご応募をお待ちしています!

詳細はこちら↓↓

http://hokkaido.env.go.jp/pre_2018/30_3.html

ページ先頭へ↑

2018年12月07日最果ての島の冬

利尻礼文サロベツ国立公園 小笠原涼太

皆様こんにちは。

礼文担当アクティブレンジャーの小笠原です。

初雪からしばらく。雪が降ったり、暖かくなって溶けたり、と秋と冬を行ったり来たりしている稚内及び礼文島ですが、皆様は如何お過ごしでしょうか?

最近は毎年恒例であるインフルエンザ流行の兆しも見え始めています。

どうか体調を崩さないようにお気を付け下さい。

さて、今回は12月の礼文島についてご紹介します。

雪こそ降りましたが、まだこんもり積もったというわけではないため、今のタイミングならまだ歩けるだろうと桃岩展望台コースにも行ってきました。

※荒涼とした冬の礼文。本格的な積雪はまだですが、それでも雪はこうして残っています。また一度気温が高くなり、雪が溶けそうではありますが、根雪になるのは時間の問題でしょう。

※晴れていたため気温は暖かめだったのですが、体感気温はマイナスでした。とにかく風が冷たい!

冬になると、礼文は西海岸側から大変強い風が吹き付けてきます。桃岩展望台コースも例外ではありません。むしろ、風の通り道にコースが作られているため、強烈な風が直に当たることとなります。今回コースを歩いた時も、冬の礼文の中では平時より若干強い程度の風だったのですが、それでも幾度となく体は風に煽られて転びそうになり、その冷たさによって体温が奪われてしまいました。

一緒にコースの巡視をした私の上司は「本州の3000メートル級の高山のようだ」と仰っていました。

しかしこの厳しい自然こそが、礼文の不思議で豊かな自然を生み出す要素になっているので、礼文の草花は逞しいなあと改めて感心しきりです。

師走に入り、既に年の瀬が直ぐ傍に迫っています。

平成最後の一年は皆様にとって、どのような一年間となったでしょうか?

私も反省すべき点、評価すべき点、色々ございました。

初心を忘れず、反省を活かし、上手くいったところはしっかり誇って、来年以降も頑張っていこうと思います。これからも宜しくお願いします!

※最後の写真は、礼文の人気観光スポット「澄海岬」。夏は穏やかで美しく、その名の通り「澄んだ海」が見られますが、冬になると大波が次々にうねりながら押し寄せるため、「荒れ狂う海」を感じさせます。

ページ先頭へ↑

2018年11月30日「藻琴山巡視」

阿寒摩周国立公園 川湯 岡西 大助

阿寒摩周事務所の岡西です。川湯に移住して3度目の冬を迎えました。今年は本当に暖かい日が続いており、とても過ごしやすいのですが、あとで帳尻合わせのような大雪が降るのではないかと少し不安でもあります。何事も普通が良いですね。

11月21日、雪に閉ざされる前に藻琴山巡視に行ってきました。藻琴山登山はハイランド小清水725から入るコースと大空町側から入る2つの登山コースがありますが、今回は最も利用者の多いハイランド小清水725駐車場から入山。

登山届けを出す箱はすでにかたづけられていました。

今日はパークボランティアのメンバーが同行してくれました。心強い!

町中に雪はないけど、山は真っ白。ハイマツに綿を被せたような美しい景色。