ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2021年04月30日観光シーズンに向けて準備中

利尻礼文サロベツ国立公園 北海道地方環境事務所

皆さん、こんにちは。利尻事務室の室田です。

道内も桜が咲き始め、外出が楽しくなってきましたね。最近の利尻島は雨が多いせいか

雪解けが早く、利尻山も衣替えを始め、裾野から色合いに変化が出てきました。

【利尻事務室からの景色】

4月下旬、最高気温は10度。これでも利尻島は暖かくなってきた方です。春を感じるのは

気温だけではありません。山菜のアイヌネギが食べごろになり、ニシンが産卵に訪れて海面が

白くなる現象の群来(くき)が起きるなど、利尻島は様々な自然の変化が季節を知らせてくれます。

高山を有する離島だからこそ、山、海の恵みを感じられる。利尻島の大きな魅力のひとつですね^^

【群来:ニシンの放卵・放精】

利尻島の定番の観光地である「姫沼」に沼を周遊できる木道があります。

雪解けが進み巡視すると、木道の板が複数外れていました。

犯人は利尻の冬から春にかけての寒さです。姫沼は標高130mの位置にあるため、厳しい寒さに沼も

地面も凍結します。そして、春に雪解けとともに地面も溶けていきます。

この地面が固まり、溶ける変化によって木道が歪み、破損してしまいます。

花が咲き始める5月の連休に間に合うよう復旧作業を進めていますのでご不便をおかけしますが

開通をお待ちください^^

【姫沼】

ページ先頭へ↑

2021年04月28日4月の大掃除

利尻礼文サロベツ国立公園 稚内 福井翔太

突然ですが初めまして!

福井翔太(ふくい しょうた)です!

大学を卒業し、4月からサロベツ地域のアクティブレンジャーとして活動をしています!!

実は私は地元民なのですが、道北の気温には慣れていると思いきや、4月にまだ残る肌寒さや風の強さを実感しました。

これからAR日記などを通してサロベツ地域の魅力や活動をお伝えします

皆様よろしくお願いします!

さっそくですが4月中二箇所の清掃活動に参加をしてきました。

4月11日(日)ペンケ沼清掃活動

ペンケ沼は幌延町のサロベツ原野の中にあります。

普段は牧草地と湿原に囲まれているため立ち入ることはできませんが、清掃活動と言うことで特別に牧草地の持ち主の方から立入りの許可をもらって行っています。

ペンケ沼の清掃活動は平成30年度から行われている活動になります。

午前9:30

快晴の中、特別に牧草地を通りペンケ沼へと向けてひたすら進んでいきます。

沼が見えてくると人の気配を察知して飛び立つコハクチョウやオオヒシクイたち

サロベツは4月にマガンやオオヒシクイ、コハクチョウといった北へ向かって渡る鳥たちが多くきています。

マガンやオオヒシクイはこんな感じで集まっています。

今回活動を行ったペンケ沼も多くの鳥が集まります。

しかし、足下を見ると...ペットボトルや空き瓶、タイヤなどたくさんのゴミが...

どうやら川や雪溶け水の増水によって流れてきている様子です。

胴長を来て沼の中へと進んで行き、ひたすらゴミを集めていきます。

後日、改めて整理し、結果40リットルのゴミ袋を20袋分、約90kg回収しました!!

4月22日(木)浜勇知園地清掃活動

利尻礼文サロベツ公園内の浜勇知園地の清掃です。

浜勇知園地はこうほね沼を囲むように作られた園地で利尻富士がよく見え、沼周辺ではハマナスやエゾカンゾウ、初夏には様々な植物を見ることが出来ます。

今回は稚内自然保護管事務所から2名 パークボランティア(PV)から5

北海道宗谷総合振興の方や町内会の方など65人で清掃活動を行いました。

午前10:00 清掃開始

こちらはペットボトルそして流木やプラスチックが多い印象でした。

人数が多いぶん回収はあっという間・・・

1時間でこちらの活動も大量のゴミを回収しました!

後で確認したところ約1000kg回収したとのことです。

皆様今回はお疲れ様でした。

こうした清掃活動を続けていくことや

普段の生活からゴミを外に落とさないようにするなどの意識や行動から

綺麗な景観や動植物が安心して住むことができるように行動をしていきたいです。

ページ先頭へ↑

2021年04月28日準備着々...

えりも自然保護官事務所 熊谷 文絵

みなさんこんにちは、えりも自然保護官事務所の熊谷です。

▼えりも事務所からの景色

 

山道にはまだ雪が残っているものの気温の高い日が続き、えりもではおなじみの強風も柔らかな春の風へと変わってきました。この時期、個人的には冬が終わってしまった寂しさと花粉が飛ぶなぁ...苦手。そんな気持ちが入り混じります。それでも、"春"に気分が高揚することもあるんです。

それはっ!

野生のゼニガタアザラシの赤ちゃんが見られること。

えりも町周辺はゼニガタアザラシの国内最大の繁殖地・生息地となっていますが、そのゼニガタアザラシは4月後半ごろから出産が始まり子育てのシーズンを迎えます。母アザラシから産まれたばかりの赤ちゃんアザラシは毛が新しいのでツヤッツヤ。成獣(おとな)に比べ、黒っぽく見えます。産まれたその時から泳ぐこともできますが、その動きはまだまだ拙く、こどもらしい可愛らしい姿です。

▼アザラシ親子(4月26日撮影)

 

今年初めてこどもの姿を確認しました!

2頭の間に小さな赤ちゃんアザラシがいます。波が打ち寄せる度、おとなのアザラシはシャチホコのように頭部と尾っぽを反るようにして避けますが、赤ちゃんは波を避けきれずにさらわれそう。見ていてハラハラしてしまいます。本日確認できた赤ちゃんは3頭でした。

近くにはお腹の大きな妊娠個体が沢山いたので、これから小さな赤ちゃんアザラシが増えそうです!

これらの様子を見られる目安は6月いっぱい。その後、栄養、特に脂肪分の多い母乳をもらっていた赤ちゃんアザラシは独り立ちの時を迎えます。少しだけ沖に出てこども同士で遊んだり魚を捕ったりと泳ぎ回ります。

襟裳岬の突端から双眼鏡で覗けばアザラシの子育ての様子が見られます。町施設の「風の館」には望遠鏡が置かれていますので、皆さんもぜひ!

アザラシの子育て。他では見られないこの光景はえりもの春らしさとも言えますが、アザラシとは別のこの光景も、とてもえりもらしいものです。何をしているところでしょう?

▲これは漁師のみなさんが、定置網を設置する準備をしているところです。

えりも町の襟裳岬以西では春(5月上旬~7月に上旬)に定置網漁が行われていますが、その網は周年海に入っている訳ではありません。シーズンが終われば陸に上げ、清掃や修繕をします。またシーズン開始前には網の状況を確かめたり準備をして、初日に間に合うよう決められた場所に設置します。

えりも自然保護官事務所では、今年度も"春さけ定置網漁"に同行し、アザラシによる被害調査を実施します。船に乗り始めるのはGW後からですが、約2カ月続く調査期間を前に準備の進む現場の様子を見て「この時期が来たんだな、始まる」と、ちょっとした緊張感にも包まれます。

漁師さんがよく言います。「準備は前もって、もうこれで大丈夫と何度も確認するくらいでなければダメだ」。定置網漁の準備をする漁師のみなさんの丁寧かつ確実な仕事ぶりを見ていると「えりもの海を熟知していて、だから突風に吹かれても高波がたっても予想外のことが起きてもケガなく対応できるんだ」と思います。

私も、スムーズに調査に入れるよう、調査用紙・水中カメラ・水産合羽等の準備はぬかりなく!始めることとします。

▼調査用紙と記入ボードの準備

▼水中カメラの準備

▼今年から乗船デビューの黒田保護官

船上では合羽を脱ぎ着している暇はありません。また、大きすぎても小さすぎても動きづらいので、自分に合ったサイズを身につけることも大事な準備のひとつです。

準備着々◎

ページ先頭へ↑

2021年04月22日気がかりな春の幕開け

大雪山国立公園 東川 渡邉 あゆみ

こんにちは、東川管理官事務所の渡邉です。

東川町にも本格的な春がやってきました。

野鳥の声、雪解けで水量が増した川の音、盛大に花粉をつけたネコヤナギがそよぐ音。

冬が静かなだけに、にぎやかな春の訪れは、季節の巡りをいっそう強く感じられる気がします。

これからの季節は、いつもやってくる渡り鳥たちとの再会がとても楽しみです♪

さて、旭岳ビジターセンターに新たな展示が増えましたので、ご紹介します。

表大雪地域のバーチャル・トレッキングや、空を飛んでいるような感覚が体験できるスカイウォーク、絶景コレクションなど11個のコンテンツをご用意しました。

バーチャル・トレッキングでは山岳ガイドさんの解説を聞きながら、お天気の良い日に大雪山を歩いているような体験ができます。ぜひ、全てのコンテンツを見ていただきたい!自慢の映像集です(^○^)

実在する風景にバーチャルの視覚情報を重ねて表示することで、目の前にある世界を"仮想的に拡張する"仮想現実。タブレットで動植物の紹介や、大雪山の環境分布など見ることができます。

最新の映像展示技術をぜひ、ご覧になっていってください。

【2021年4月10日(土) 上富良野岳より撮影】

今年の大雪山はとても雪が少ないので、このまま早く雪解けがすすむと、高山植物の開花が早まり、マルハナバチが蜜を集める時期とお花の開花のタイミングがズレてしまいます。虫媒花高山植物の約40%がマルハナバチに受粉を依存しているため、お花も受粉もできず、ハチも蜜不足となり、お花とハチの共生関係が保たなくなるのでは・・・シーズン前から気がかりです。

大雪山のお花畑とマルハナバチを守るために、なにができるでしょうか。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ