ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2022年01月13日アクティブ・レンジャー写真展in合庁☆開催します!

支笏洞爺国立公園 洞爺湖 小松瑠菜

こんにちは! 洞爺湖アクティブ・レンジャーの小松 瑠菜です!

今年度も全道各地で開催されてきた「環境省アクティブ・レンジャー写真展~北の自然の舞台裏~」ですが、

写真展の集大成として、昨年度に引き続き、札幌第一合同庁舎1階で自然風景や野生生物の写真等の展示を行います☆

環境省アクティブ・レンジャー写真展 2021-2022 ~北の自然の舞台裏~

○期間 令和4年1月7日(金)10時~1月19日(水)13時まで

○場所 札幌市北区北8条西2丁目 札幌第一合同庁舎1階 南玄関

*新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、少人数で設置を行っています。

この写真展では、札幌管内各地の国立公園や鳥獣保護地域等で活動する

アクティブ・レンジャーや希少種保護増殖等専門員の業務紹介や、

日頃の業務中に巡り合ったとっておきの瞬間を、撮影した写真を展示しております☆彡

札幌での開催の特徴は・・・

   ①各地のパンフレットを入手できる!種類豊富!

   ②アンケートに回答すると、全道各地のしおりを入手できる!

   ③過年度のAR写真展のポストカードを入手できる!

*一昨年のチカホでは各地のアクティブ・レンジャーから(写真や業務について)説明がありましたが、

昨年度に引き続き、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から各地のアクティブ・レンジャーの説明はありません。

是非お近くにお越しの際はお立ちより下さい(^^)/

【おまけ情報①】

令和4年1月31日(月)まで、Instagram(インスタグラム)でも、

「環境省アクティブ・レンジャー写真展~北の自然の舞台裏~」オンライン写真展を開催しております☆彡

各地の写真展では紹介しきれなかった写真や情報等もアップしておりますので、

既に現地で写真をご覧になっていただいたみなさまも、是非覗いてみてくださいm(_ _)m

【おまけ情報②】

令和4年1月30日(日)~令和4年2月10日(木)の期間、帯広市図書館での開催が追加決定しました☆彡

まだ未公開の帯広自然保護官事務所のARが撮影した写真も展示予定です!

ページ先頭へ↑

2022年01月04日冬のはじまり

知床国立公園 羅臼 高林紗弥香

明けましておめでとうございます。

今年の仕事始めは事務所の雪かきからスタートしました!

雪に埋もれる羅臼自然保護官事務所の高林です。

本年もよろしくお願いします。

事務所がある「知床羅臼ビジターセンター」は国道334号線沿いの羅臼町市街地より標高が高い場所にあるため、街中の天候が落ち着いていたとしても・・・

このようにビジターセンターまで来ると、周りが見えないほど吹雪いている時もあります。

私の出勤前の嫌な予感はだいたい当たります(写真は2022.1.4撮影)。

一見厳しい羅臼の冬ですが、考え方次第では幻想的で儚さと力強さも感じます。

そんな幻想的な景色に包まれる!?知床羅臼ビジターセンターは、18日(土)10:00から開館しています。

皆さまのご来館をお待ちしております。

どうぞお気をつけてお越しください。

強風の中でも大きな翼で風をとらえ海ワシ※たちは飛んでいます。写真はオジロワシ。

カモメたちも時化た海上を飛んでいます。

改めて動物たちの逞しさを感じる、厳しい冬が始まりました。

※海ワシは、魚を主食としているワシ類の総称。

ページ先頭へ↑

2021年12月27日オオワシの剥製

苫小牧 大久保 智子

こんにちは、野生生物課の大久保です。

各地で雪の便りが届いていますが、札幌も一面銀世界となり、景色が変わりました。

冬の楽しみの一つは冬鳥に会えること。

楽しみにしている冬鳥の1種、オオワシは、極東沿岸、カムチャッカ半島、サハリン北部で繁殖し、北海道で越冬します。種としての総個体数は約4,6005,100羽と推定され、国内では道東を中心に8001,500羽が初冬を迎える頃に飛来してきます。

総個体数は減少傾向にあり、餌資源の減少、ねぐらの減少、鉛中毒、衝突死などが生息を脅かす原因とされています。

環境省では平成17年に保護増殖事業計画を策定し、越冬調査や餌資源調査などを実施しているほか、日ロ渡り鳥条約に基づくオオワシ協同調査を実施しています。また傷病個体の保護、死体の回収をして、剖検データを積み重ねること原因究明を行い、将来的な事故対策等に活用しています。

魚を主食としているので海やサケの遡上する河川などでみることができ、私もたまにウトナイ湖上空を飛んでいる姿を目にします。ただ、とても空の高いところを飛んでいるので、じっくり観察することは非常に難しいです。

そんなオオワシの剥製を環境省に寄付していただけるという話が、舞い込みました。なんとも躍動感のあふれる立派な剥製です。


昭和43年に厚岸の海で拾ったオオワシの死体を剥製にしたものとのこと。保管状態もよいので、すぐにウトナイ湖野生鳥獣保護センターで展示する方向で必要な法的手続きを終えたところ、たまたま釧路方面に出張することになっていたので、搬送の命をうけました。

剥製のサイズは、剥製が高さ93cm×両翼端長141cm×頭尾長105cm、土台が高さ130cm×110cm×奥行76cmと大きく、とてもデリケートなため、羽根や嘴を傷つけないよう慎重に荷台に詰め込み、バランスを崩さないよう安全運転を心がけました。

 

翼と嘴が傷つかないように固定。流木も動かないよう固定。

運転席から振り返って見る後部座席がシュール。

そして4時間にも及ぶオオワシとのドライブを無事に終え、ウトナイ湖野生鳥獣保護センターへ搬入することができました。

 

【仮設置】剥製と土台をセットすると人の背を超える大きさです。センター職員と安全確認中。

生きている個体を近くで見ることはなかなかできませんが、剥製だとじっくり観察することができます。大きい体、太い嘴、鋭い爪、深みのある羽、長い足など、色々と気が付くことが多いです。

年明けに正式にウトナイ湖で展示しますので、見に来てください。

12月21日のウトナイ湖の様子。

湖が凍り始め、凍っていない部分でハクチョウが寛いでいました。

遠くにいるオジロワシも見つけました。肉眼サイズだと豆粒のようですが大きさでワシ類だと気が付きます。

ウトナイ湖へお越しの際には双眼鏡を持っていると、より楽しめます。

年の瀬も迫って参りました。

今年もお世話になりました。良いお年をお迎え下さい。

ページ先頭へ↑

2021年12月24日赤潮の海

えりも自然保護官事務所 熊谷 文絵

みなさんこんにちは。

えりも自然保護官事務所の熊谷です。

当事務所ではおなじみ。

今年も、秋サケ定置網漁に同行してのゼニガタアザラシによる漁業被害調査を実施しました。

9月頭から11月20日の最終日まで、途中天候不良や時化に見舞われながらも無事に終えることが出来ました。

漁獲については、数年前から記録的不漁が続いていますが今年も低迷しています。日高管内では統計が残る1989年以降最低の漁獲量を記録し、漁業関係者は肩を落とす事態となりました。

そんな中、9月下旬に道東で大規模な「赤潮」が発生したことで多くの魚が死亡するなどしたため、少ない漁獲にさらに追い打ちをかける大打撃となりました。

「赤潮」とは、プランクトンが大量発生している状況をいい、大量に浮遊していることで海が茶褐色となり、普段より赤く見えるものです。赤潮の状況が一番深刻な時、定置網で沖に出てみると海水がまるでコーヒーのような色をしており、"いつもとは違う、海中で色んな影響が出ているに違いない" そう感じたことをよく覚えています。

 

港の中までプランクトンが大量に入ってきているため、海水が茶色く見えています。

特に右の写真は船から出ている水の勢いで周りの海水が動き、濁り具合が分かり易いです。

いざ外海へ船を出してみると...

 

 

茶色い海が続くばかり...

私が乗船しているのはサケの定置網漁船。この場所へ回遊してやってくるサケにも影響を及ぼしました。

エラ呼吸をしているサケのそのエラに付着し、多くを窒息死させてしまいました。通常、活きのよいサケのエラは血が通っていて濃い赤色ですが、窒息死したサケのエラは白くなります。


▲活きの良いサケ。ハリがあり、エラをめくるのも硬くて大変です

▲赤潮被害で死亡したサケ。

隣の船でも。その隣の船でも...同様の被害が見られました。

 

無傷であっても死亡していれば出荷することは出来ず、売ることが出来ないサケを回収する手間ばかりが増えていく状況です。

この「赤潮」はサケ以外にも、えりも町ではウニが全滅、ツブもほとんどが死亡しているなど多くの生物に影響を及ぼしました。

現場は初めての状況に戸惑い、この影響がいつまで続くのか懸念しています。

しかし!本日、12月24日のニュースや新聞では、今月15日までに赤潮は収束を迎えたようだと発表されていました。約3ヵ月間と長く続いた状況が解消されたことは、良いことです。

 9月下旬、赤潮の海

 11月20日、赤潮が治収まってきている海

ただ、ウニは漁獲できる大きさに育つまで4~5年、ツブに至っては6~7年かかるとされているため、赤潮が引いたこれから先も影響が長引くこと必須。少しずつ快方に向かうことを願います。

このように、赤潮は北海道の広い範囲で影響を及ぼしました。

赤潮が発生した地域を生活圏とするゼニガタアザラシ。アザラシへはどんな影響が考えられるのか、そのことに注視しています。

■海上から

・赤潮の海を泳いでいるアザラシ、サケのようにプランクトンが直接影響し死亡した個体は確認していない

・乗船調査中、普段なら定置網に入る魚を追い侵入してくるアザラシが今年はほとんど見かけない

...どこで過ごしているのでしょうか。

■上空から

・日常的にドローンを用いた個体数調査を実施していますが、映像を見ていても個体が減った様子がない

・見えている限り、変わった動きがない

これらから、今のところアザラシが赤潮の状況下でも生活できていることは確認できました。

しかし、アザラシのエサとなる生物がほとんど死亡してしまっています。今後アザラシはどういった動きをみせるのか、引き続き注視していこうと思っています。

(おまけ)

えりもは1年を通じて気温差の少ない地域と言われていますが、猛烈な風が吹くことで体感温度は一気に下がり、寒さ厳しい地域でもあります。乗船中は早朝という時間帯もあって特に寒いですが...とにかく美しい日の出・朝焼けが見られます。3ヵ月に及ぶ調査期間中、私の活力になりました〇 

 

 

 

 

お疲れさまでした!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ