ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

阿寒摩周国立公園 阿寒湖

81件の記事があります。

2021年02月17日一歩園の森展望ハイキング

阿寒摩周国立公園 北川 栄司

皆さまお久しぶりです、阿寒湖管理官事務所の北川です。

前回の阿寒湖アクティブレンジャー(AR)日記で鈴木ARが紹介しました、2月14日開催の「一歩園の森展望ハイキング」に参加しましたので、その様子をお伝えします。

阿寒湖の周辺は「前田一歩園財団」の所有地となっている場所が多く、毎年許可を頂いて温泉街の南に広がる森の中をスノーシューで歩くハイキングイベントです。

▲スノーシューで森歩き

▲新雪の上を歩くので、転ぶのも楽しい!

面白いガイドで人気のある阿寒湖畔エコミュージアムセンタースタッフの野竿さんが、リピーターの方でも飽きさせないよう、毎年新たなネタを仕込んでガイドします。

今年は・・・。

▲トドマツの葉っぱを発酵させて・・・

▲葉っぱについている酵母を増やしてトドマツ天然酵母パン作り

トドマツの香りが強く、パン作りに使った炊飯器についたトドマツのにおいが取れないそうです。

▲松ヤニを溶かした石鹸水で作ったシャボン玉

割れにくく、色もついてきれいです。

▲エゾシカのアキレス腱で作った糸

丈夫で、アイヌ楽器のトンコリの弦に使ったりします。

もちろん、自然解説もしてくれていますよ。

▲エゾモモンガの巣穴

▲クマゲラの採餌跡

見晴らしの良い場所でお弁当を食べた後は、阿寒湖を歩いて帰ります。

▲結氷した阿寒湖上を歩いて帰ります

いつもは冷たい北風にさらされて、皆さん黙々と歩くのですが、この日はなんと最高気温がプラスの(!)6.7℃!風も無く暖かな天候で、おしゃべりしながら景色を見たり雪だるまを作ったりと、楽しく帰ることが出来ました。

▲阿寒湖上から見る雄阿寒岳

北海道の真冬の時期、さらに新型コロナウィルス感染症の影響もあり、出歩くことが減っている状況が続いていますが、皆さんも感染対策は十分に実施しつつ、気分転換に自然を楽しんで下さいね。

▲また来年の冬にお会いしましょう

ページ先頭へ↑

2021年02月03日ひょうたん沼スノーシューハイキング

阿寒摩周国立公園 阿寒湖 鈴木達郎

みなさん、はじめまして。

阿寒湖管理官事務所の鈴木達郎です。

これから、阿寒の自然や私たちの活動について紹介していきますので、どうぞよろしくお願いします。

1月22日(日)、阿寒湖畔エコミュージアムセンター主催の自然ふれあいイベント「ひょうたん沼スノーシューハイキング」に同行してきました。

ひょうたん沼は阿寒湖畔から東へ10kmほど離れた、鶴見峠の入り口に位置する沼です。この沼は、春から夏の釣り利用を除いてほとんど人の立ち入りが無く、ひっそりとした雰囲気が魅力のスポットです。

特に冬期は、林道の閉鎖にともない車の通行が制限されるため、沼周辺は一層静まりかえって、耳を澄ませば動物の息づく声さえ聞こえてきそうなほどです。

今回はツアー参加者とスタッフ合わせて総勢21名で森にお邪魔しました。


スノーシューを装着し、森に入ろうとしたところで早速動物の足跡を発見しました。

ひょうたん沼入口付近にてエゾユキウサギの足跡

▲前後に長い後ろ足と、真ん中にちょんと着いた前足の跡。この特徴的な足跡は、エゾユキウサギですね。

ひょうたん沼入口付近エゾユキウサギの糞

▲足跡と一緒にまん丸い糞も転がっていました。

木材を細かく砕いてそのまま丸く圧縮したような面白い見た目です。


可愛らしい痕跡に皆さん顔を綻ばせながら、木々の間を抜けていきます。

今季は雪が少なかったためか、斜面でもどこでも随分歩きやすくなっており、余裕を持って自然を楽しめました。

ひょうたん沼林道にて針葉樹の葉状に成長した霜の結晶ひょうたん沼林道にて羽毛状に成長した霜の結晶

▲地面の段差から垂れ下がって大きく成長した霜の結晶。

場所によって風向きや湿度などの条件が異なるのか、まるでビーズで出来た針葉樹の葉のような形状もあれば、もこもこした羽毛のような形状もありました。

ひょうたん沼林道にてエゾシカによるオヒョウニレ食害の解説

▲阿寒湖畔エコミュージアムセンター野竿さんによるオヒョウニレの解説。

エゾシカによる食害の傷跡が痛々しい...。オヒョウニレ内皮は強靱な繊維質になっており、アイヌの人々はかつて布や衣服に利用していたそうです。

ひょうたん沼の凍結湖面から仰ぎ見る雄阿寒岳

▲結氷したひょうたん沼の湖上から仰ぎ見る雄阿寒岳。
雲一つ無い青い空と真っ白な雪原に挟まれて非常に美しかったです。

ひょうたん沼凍結湖面にて何層にも連なったアイスバブル

▲ひょうたん沼のアイスバブル。

氷の層が10層以上も重なり、中に多数のアイスバブルが閉じ込められた幻想的な様相を呈していました。

今回は残念ながら動物と出会うことはありませんでしたが、写真で紹介した他にもエゾリスの食痕、エゾシカやキタキツネの足跡、したたかに根付く樹木の数々など、様々な自然の営みを観察出来ました。

来月は、阿寒湖から国道240号線を挟んで南側にある、前田一歩園財団が管理する「光の森」をスノーシューで歩くイベントが開催されます。光の森は、温泉街近郊であるにもかかわらず、一般には開放されていないエリアで、ひょうたん沼と同様に動植物のありのままの姿を楽しむことが出来ます。

冬のハイキングが初めてという方でも参加しやすいイベントですので、是非お気軽にご参加下さい。

・一歩園の森展望ハイキング

■日時  :2月14日(日)午前10時~午後3時半

■集合場所:阿寒湖畔エコミュージアムセンター

■参加費 :1,000円

■主催  :阿寒湖畔エコミュージアムセンター

※申込受付は阿寒湖畔エコミュージアムセンター(0154-67-4100)までご連絡下さい。 

 イベント詳細は阿寒湖畔エコミュージアムセンターのインスタグラム(https://www.instagram.com/p/CKs7H11nLs7/)にも掲載しております。

※新型コロナウイルスの状況により、開催を中止させて頂く場合がございます。悪しからずご了承下さい。

ページ先頭へ↑

2018年12月12日「阿寒湖の冬到来」

阿寒摩周国立公園 阿寒湖 川村胡桃

初めまして。

今年の8月に着任した、阿寒湖管理官事務所の川村です。

初投稿になりますがよろしくお願いします。

今年は北海道全体で異例の冬到来が遅かったですね。

去年の今頃であれば、阿寒湖は凍ってフロストフラワーが見られる様子だったそうですが、今年はまだ阿寒湖のふちが薄っすら凍ったくらいです。ここ1週間あたりでぐっと寒くなりましたが、全面結氷するのはいつ頃になりますかね...。

今朝、ボッケ遊歩道を歩いてきました。

寒くなってきたおかげで、初めてしぶき氷が見られました!しぶき氷は、湖岸の枝にしぶきがあたって、凍ってできるものです。屋根にできるつららと違って、氷の先が丸くなっていて透明できれいです。

朝靄の中、晴れてきて雄阿寒が山頂まで見えました。私が見る時は山頂が雲で隠れていることが多いので、山頂まで見えると気持ちいいです。

あとは枝の上で木の実を食べているエゾリスを見つけました。器用に両手で木の実を抑えながらかじる様子は本当にかわいいです。

葉っぱが散って遮るものがないこの時期は、高確率でエゾリスを見つけることができます。ほぼ毎日会えます。エゾリスの他にもエゾシカやアカゲラ等の鳥類も見ることができます。

これから徐々に、アイスバブルやフロストフラワー等の冬の現象が見られるようになると思います。

防寒対策をしっかりして、ぜひボッケ遊歩道に散歩しに来てみてください。

ページ先頭へ↑

2018年03月30日ボッケ遊歩道リニューアル!

阿寒摩周国立公園 北川 栄司

ボッケ遊歩道の改修工事がひとまず終わり、ウッドチップも敷き詰め直され歩きやすくなりました。

柵も新しいものに交換され、全体的に明るい雰囲気になった気がします。

(改修されたボッケ遊歩道)

また、阿寒湖を望む個所に小さな展望スペースを設けました。

(ボッケ遊歩道展望台)

湖畔園地のトイレは、4月中旬頃を目処に使用を開始する予定です。

(工事中の湖畔園地トイレ)

今年は積雪も少なく暖かい日が続いており、雪解けが早く生き物たちも活発に活動し始めています。

ボッケ遊歩道も様々な生き物たちの音が聞こえています。

(駆け回るエゾリス)


(ドラミングをするオオアカゲラ)


(瞬膜が閉じた顔も撮れました)

(ゴジュウカラや様々なカラ類もさえずっています)


(ハクセキレイもお尻を振り振り歩き回っています)


(人気のシマエナガも飛び回っていました)

春の訪れを告げる生き物たちの声を聴きに、阿寒湖を訪れてください。

ページ先頭へ↑

2018年01月31日雄阿寒岳&雌阿寒岳登山者数【2017年10月】

阿寒摩周国立公園 北川 栄司

真冬の阿寒湖、早朝のボッケ遊歩道を歩くと、美しい氷の作品を見ることができます。

(ボッケの霧氷)

(阿寒湖のフロストフラワー)

さて、しばらく間が空いてしまいましたが、雄阿寒岳&雌阿寒岳の登山者数最終10月分のデータと、集計を開始した2010年度からの年間登山者数とを、あわせてお知らせします。

まずは、雄阿寒岳。

「雄阿寒岳2017年10月」

次に、雌阿寒岳。

「雌阿寒岳2017年10月」

2010年~2017年の年間登山者数です。

「参考:雄阿寒岳&雌阿寒岳登山者数(2010~2017年)」

(雌阿寒岳2015年は入山規制による減少。)

両山とも、登山者数は微増傾向にあるようです。

冬山登山は多くの観光の方には難易度が高いと思われますが、真冬の阿寒湖も、雪景色やワカサギ釣り等各種氷上イベントを楽しめます。ぜひ足を運んでください。

ページ先頭へ↑

2017年10月30日雄阿寒岳&雌阿寒岳登山者数【2017年9月】

阿寒摩周国立公園 北川 栄司

今年の雌阿寒岳初冠雪は、10月4日で例年より10日近く早かったのですが、その後は目立った降雪もない日々が続いた10月下旬、台風21号がやってきました。

(台風後のオンネトー)

「台風」の影響で「暴風雪」...。

アメダスのある阿寒湖畔では23cmの積雪を記録しましたが、阿寒湖より標高の高いオンネトー周辺ではもっと雪が多かったようです。

(オンネトーの登山者カウンター)

登山道も入口から雪が積もっています。

(エゾシカ足跡)

エゾシカも越冬地へ向かったのでしょうか?

台風通過後は温暖な日が続き、画像もかなり雪が融けた日に撮影していますが、今度は台風22号です。

この記事を書いている現在、台風は温帯低気圧に変わり、阿寒湖周辺に雪の影響はありませんが、明日の雌阿寒岳はどうなっているでしょうか?

さて、6月分からお知らせしています雄阿寒岳&雌阿寒岳の登山者数、9月分のデータを平年値とあわせてお知らせします。

まずは、雄阿寒岳。

「雄阿寒岳2017年9月」

「参考:雄阿寒岳平均値」

次に、雌阿寒岳。

「雌阿寒岳2017年9月」

「参考:雌阿寒岳平均値」

登山をされる方は十分な冬山装備でお楽しみください。

ページ先頭へ↑

2017年09月29日雄阿寒岳&雌阿寒岳登山者数【2017年8月】

阿寒摩周国立公園 北川 栄司

樹々も色づき始め、雪虫が飛ぶ姿も目撃した阿寒湖周辺で、本日の最低気温がこの秋初めて氷点下を記録しました。

(事務所前の紅葉状況)

雌阿寒岳の初冠雪の平年値は10月15日ですが、今年はどうでしょうか?

そんな中、気象台による地元関係者への定例説明会、「雌阿寒岳活動状況説明会」が行われました。

(雌阿寒岳活動状況説明会)

気象台からの正式発表前に内容を報告することはできませんが、10月10日頃に9月分の火山活動解説資料が掲載される予定となっています。

(8月の火山活動解説資料抜粋)

上記解説資料や、現在の噴火警報発表状況はこちら。

気象庁 >ホーム >知識・解説 >火山 >全国の活火山の活動履歴等 >北海道地方の活火山 >雌阿寒岳

雌阿寒岳・雄阿寒岳ともに活火山であることに留意し、積雪も考慮した登山をお楽しみ下さい。

さて、6月分からお知らせしています雄阿寒岳&雌阿寒岳の登山者数、8月分のデータを平年値とあわせてお知らせします。

まずは、雄阿寒岳。

「雄阿寒岳2017年8月」

「参考:雄阿寒岳平均値」

次に、雌阿寒岳。

「雌阿寒岳2017年8月」

「参考:雌阿寒岳平均値」

8月の登山者数も、引き続き、雄阿寒岳・雌阿寒岳ともに平年より多くなっています。

皆さんもぜひ、百名山の「阿寒岳」にお越しください。

ページ先頭へ↑

2017年09月28日オンネトーの魅力を再発見! オンネトーフォーラムが開催されました

阿寒摩周国立公園 末永 浩之

雌阿寒岳西麓に広がる湖『オンネトー』

そのオンネトーが位置する足寄町を中心に設立された団体【オンネトーの魅力創造委員会】が主催

する「オンネトーの魅力を再発見!フォーラム」が開催されました。

【オンネトーの魅力創造委員会】は、外国人旅行者の拡大を見据え世界水準のブランド化を目指す

「国立公園満喫プロジェクト」に阿寒摩周国立公園が選ばれたことを契機として、オンネトー・

雌阿寒岳地区のことを考えていくために設立されました。

これまでの会議ではワークショップや現地視察などを行い、オンネトーの魅力、オンネトーの課題、オンネトーの将来像などについて話し合いが行われました。

今回のフォーラムは、阿寒摩周国立公園名称変更記念事業 国立公園を持つ町足寄町「オンネトーを生かしたまちづくり~」と題し、講演やパネルディスカッションを通じてオンネトーの今後のあり方を考えるため、道の駅あしょろ銀河ホール21にて開催されました。

阿寒摩周国立公園管理事務所長より国立公園満喫プロジェクトの概要を説明。

公益財団法人日本交通公社 理事・観光研究部長 寺崎竜雄氏を招聘し、「自然と地域を生かすこれからの

ツーリズム」をテーマに屋久島国立公園、小笠原国立公園、中部山岳国立公園の先進事例をはじめ、地域

と観光資源の結び付き、自然環境に配慮した観光のあり方についてご講演をいただきました。

第2部は、北海道大学大学院 農学研究院 愛甲 哲也准教授をコーディネーターとして、委員会メンバーを

中心にパネルディスカッションが開催され、オンネトー・雌阿寒岳地区の観光資源としての役割、課題、

今後の将来像など忌憚のない意見が交されました。

オンネトーの魅力創造委員会は、これからも月に1回のペースでオンネトー・雌阿寒岳地区の魅力を引き

出し、原生的な景観を守りながら将来へ繋げることができるよう取組んで参ります。

ページ先頭へ↑

2017年08月30日雄阿寒岳&雌阿寒岳登山者数【2017年7月】

阿寒摩周国立公園 阿寒湖 北川 栄司

先月からお知らせしています雄阿寒岳&雌阿寒岳の登山者数、7月分のデータを平年値とあわせてお知らせします。

まずは、雄阿寒岳。

「雄阿寒岳平均値」

「雄阿寒岳2017年7月」

・雄阿寒岳は登山道が1本の日帰りの山なので、本来は入山者数と下山者数が一致するはずですが、計測誤差が数%ありますので、データに差があります。

・また合計人数は、誤差の影響を考慮したデータの合計のため、入下山者数の合計とは一致していません。

次に、雌阿寒岳。

「雌阿寒岳平均値」

「雌阿寒岳2017年7月」

・雌阿寒岳は登山道が3本あり、雌阿寒温泉から入山しオンネトーに下山する方等、各登山道の入山者と下山者の数に大きな差が見られます。

・また、メアカンキンバイやメアカンフスマ等の高山植物が楽しめる山なので、開花時期の7月の登山者数が多くなっています。

7月の登山者数も、先月に引き続き、雄阿寒岳・雌阿寒岳ともに平年より多くなっています。

皆さん、花を楽しまれたでしょうか。

「雌阿寒岳のイワギキョウ」

皆さんもぜひ、百名山の「阿寒岳」にお越しください。

ページ先頭へ↑

2017年08月09日雌阿寒岳登山巡視 ~阿寒湖畔コース~

阿寒摩周国立公園 阿寒湖 末永 浩之

4月より阿寒摩周国立公園阿寒湖管理官事務所にアクティブレンジャーとして着任いたしました、末永浩之と申します。阿寒湖地区の自然やイベントなどをご紹介して参ります。どうぞよろしくお願いいたします。

先日、雌阿寒岳の登山巡視を行いました。雌阿寒岳は、阿寒湖の南西に位置する阿寒山群の主峰です。年間約12,000人もの登山者が訪れ、現在も活発な火山活動を続けている活火山です。今回は雌阿寒岳の登山道3コースの中で比較的初級者でも登りやすい阿寒湖畔コースをご紹介します。

登山口からはトドマツの森林帯の中を緩やかな登りが続きます。

笹が深い場所や風倒木など登行にご注意ください。

4合目に差しかかると辺りがハイマツ帯に変わり、急に視界が開けます。

そして、剣ヶ峰の勇ましい鋭峰が姿を現します。

6合目を過ぎ、振り返ると後方には阿寒湖と雄阿寒岳が映り込み、大展望に思わず足が

止まり歩みを忘れてしまいます。

登山道の一部が崖で崩落している箇所がありますので注意してください。

剣ヶ峰を過ぎ、ナカマチネシリ火口を横目に溶岩と砂礫の尾根より山頂を目指します。

雌阿寒岳(1,499m)山頂からの眺望。登山者も疲れを忘れ癒されるのではないでしょうか。

雄阿寒岳の向こうには、摩周岳、斜里岳を望むことができます。

ポンマチネシリ火口に佇む青沼と隣にそびえる阿寒富士(1,476m)

メアカンキンバイ、メアカンンフスマの他、イワブクロ、終わりかけのコマクサなどの

高山植物も楽しむことができます。

平成27年は火山活動の活発化により火口周辺の立入りが規制され、平成28年は度重なる台風

の襲来による風倒木・崩落など登山道が影響を受けました。今年は大きな自然災害も無く登

山には絶好のシーズンとなっています。

阿寒湖畔コースは、登り3時間 下り2時間 全長6kmの距離の長いコースです。ルールと

マナーを守り、安全な登山を楽しんでください。



ページ先頭へ↑

ページ先頭へ