ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

大雪山国立公園 上士幌

90件の記事があります。

2021年12月14日アウトドアはコロナに負けないか。

大雪山国立公園 上士幌 上村 哲也

 東大雪地域には、十勝岳新得コース、トムラウシ山短縮コース、トムラウシ山温泉コース、石狩岳シュナイダーコース、ユニ石狩岳十勝三股コース、ニペソツ山幌加温泉コース、ウペペサンケ山糠平コース、白雲山士幌高原コース、白雲山然別湖畔コース、東ヌプカウシヌプリ、南ペトウトル山などの登山道があります。上士幌管理官事務所では、主な登山口に登山者カウンターを設置し、そのほかの登山口については森林管理署から入林簿をお借りして、利用者数を集計しています。

 登山者カウンターの計数値には誤差があり、入林簿は全ての方に記入いただけてはいないでしょうが、おおまかな利用者数やその推移を推し量ることはできるでしょう。

 新型コロナウィルスの感染拡大が始まったのは2020年の冬、2月28日に北海道が独自の緊急事態を宣言。4月16日、緊急事態措置は全国に拡大、5月25日全国で解除。大雪山が登山シーズンを迎える頃には緊急事態宣言こそ解除されていましたが、咳エチケットや手指衛生を心がけ、人々が密集、密接し、密閉された空間を避けることが求められていました。新しい習慣が登山という活動にどう影響するのか予想が付きませんでした。大雪山国立公園では、避難小屋の利用を避けたり、人との距離を取ったりするよう呼びかけましたが、それが万全の策なのか、手探りが続きました。

 2021年も北海道には5月16日から緊急事態宣言が出され、6月20日にまん延防止等重点措置へ移行、7月11日に解除など、感染拡大と収縮が繰り返されました。

 各登山口の年間入山者数を、新型コロナウィルス感染拡大前の一昨年(2019年)から並べてみると、ほとんどの登山口で、一昨年より昨年、昨年より今年の方が入山者数が増えています(下図参照)。東大雪地域の山々は、表大雪の旭岳や黒岳に比べれば登山者が少なく、ロープウェイや路線バスなど登山口にアクセスする公共交通機関が少ないことから、密を避けて登山できることが好まれたのかもしれません。

 登山に関連して新型コロナウィルスの集団感染が発生した話は聞きませんが、できうる対策は取りながら山を楽しみましょう。

ページ先頭へ↑

2021年11月08日流域面積と降水量から川の流水量を知る

大雪山国立公園 上村 哲也

 上士幌町の幌加川の奥、丸山(1,692m)近くに丸山噴泉塔群という名所があります。地表へ噴き出た温泉に含まれる炭酸カルシウムが積み重なり、塔とまで呼ばれるほど高くなった「石灰華」です。先日、撮影隊に同行する機会を得ました。

 しかし、荒れた林道を歩き、やがて道は踏み跡となり、渡渉を繰り返さなければ辿り着けません。一部の渡渉は胴長が必要なほどでした。雨が降れば水かさが増します。雨が上がってもしばらくは減ってくれません。やがて雪に閉ざされる季節が迫りながら、何度も天候待ちで延期になりました。決行するには川の流水量を見極める必要があります。

 上士幌町の幌加ダムに下る川の流域面積は国土地理院のウェブサイト、地理院地図から約70平方キロメートルと求められます。

幌加川の流域面積は70平方キロメートル ダムに近いぬかびら源泉郷や三股に設置されている気象庁のアメダスから地域の年間降水量(深さ)が1,000から1,300ミリと推定できます。流域面積と掛け合わせれば年間降水量(体積)は7,000から9,000万立方メートルとなります。

 この水量が幌加川に流れ込むと、365×24時間×60×60秒で割り毎秒では2.22から2.85立方メートルという流水量になります。国土交通省のウェブサイト、川の防災情報から幌加ダムの全流入量(=幌加川の流水量)を知ることができます。大雨や雪解けどきを除く穏やかな流れのときは毎秒2立方メートル余りです。

 降った雨は、再び蒸発したり伏流する分もあるでしょうが、ほとんどは川を流れ下るようです。そうして直近の降水とダムへ流入する水量の関係が見えてきます。流域に推定50ミリ余りの雨が降ったとき、流入水量は降り始めから数時間遅れて増加します。雨が降り止んだ頃に頂点を迎え、その後数日かけて平常を取り戻しました。流域の森林が雨を蓄えて流水量の急増を抑える役割を果たしているのです。

幌加川の流域面積は70平方キロメートル 丸山噴泉塔群を訪ねるような、川の渡渉を繰り返す行動では、流域に降った雨の量に気を配る必要がありそうです。どこの川にも雨量や流水量を測る設備があるとは限りません。経験を積んだ現地に詳しいガイドさんがとても頼りになります。今回の撮影でも、地元ガイドさんに大変お世話になりました。

 苦労し時間をかけて辿り着いた丸山噴泉塔は、地中の温度や圧力が下がったのか、頂上からの噴出が見られず高さの成長を止めてしまったようです。それでもあちらこちらからプクプクと泡を立て真っ白な噴出物が流れ出ているようで、落ち葉や倒木などを巻き込みながら下流へと面積を広げているようです。

 なお、今回撮影された映像は、後日、上士幌町ぬかびら源泉郷の「ひがし大雪自然館」において一般公開される予定です。

ページ先頭へ↑

2021年09月14日オオハンゴンソウとの戦い

大雪山国立公園 上士幌 上村 哲也

 上士幌管理官事務所では、大雪山国立公園の特別地域において特定外来生物「オオハンゴンソウ」の駆除を行っています。国立公園利用者の目に留まりやすい道路脇から堀取りを行っています。主に国道273号糠平国道と道道718号忠別清水線の道路脇に生育しています。オオハンゴンソウは、寒冷な気候にも対応でき、根を張り葉を広げ土の中で根茎を太らせると、やがて茎を伸ばし花を咲かせるようです。埋土種子の寿命や発芽率など詳しい生態はわかっていませんが、根茎を残さず掘り取り種を落とす前に駆除することで、徐々に生育数が減っていくはずです。

 駆除の効果を確かめるため、2019年からは掘り取った開花茎を数えながら進めています。なかなか思うように減っていってはくれません。全体としては減少させていると言えますが、年々半減ということにはなっていません。

主な生育場所における駆除数の推移(本)
生育場所 2019年 2020年 2021年
忠別清水線

189

113 61
糠平国道49km地点 757 266 279
音更川第3橋梁付近 62 79 17

 フキやササ、イラクサの混在する茂みからオオハンゴンソウを根茎ごと掘り取るのは辛い作業です。次の写真は糠平国道の道路脇を見下ろした様子です。乗用車の運転席からは一部しか見えないかもしれませんが、大型バスからは黄色い花が広がる生育地全体が見えるに違いありません。写真の範囲の124本を駆除するのに1時間以上かかりました。土壌に石が混じっていたり、フキの根に癒着していたり、ササの根と絡み合ったりしているととても厄介です。

駆除前(黄色い花を咲かせているのがオオハンゴンソウ)

駆除後

 もう3年ぐらい駆除を続けた結果として約100本以下になれば、計画的に日付や時間を割り振らなくても、目に付いたときに掘り取っていけば生育数を抑制した状態が保っていけるのではないでしょうか。

ページ先頭へ↑

2021年08月04日してはならない

大雪山国立公園 上村 哲也

 平成28年8月、短い期間に3個の台風が北海道に上陸し、1個が接近して断続的に大雨となり、ニペソツ山の十六ノ沢(杉沢)コース登山口に通じる林道が壊滅的な被害を受けました。関係者の努力により廃道同然であった幌加温泉コースが整備され、平成30年夏、こちらから登山ができるようになりました。

 幌加温泉コースは往復10時間から13時間と紹介されるロングコースです。関係者が協議し、前天狗を暫定の野営指定地として扱うこととしています。

 自然公園法の特別保護地区にあたる前天狗では、許可を受けなければしてはならない行為がいくつもあります。土地の形状を変更することもそのひとつです。テント場にと裸地を広げること、風よけにと石を積むこともこれに含まれます。

 岩場や風衝地、ハイマツなどが広がる前天狗ですが、岩と岩の隙間、風衝地の礫の中にも一生懸命に植物が根を下ろし枝葉を広げようとしています。岩の表面に張り付いて広がる地衣類もいます。これらの岩を動かしたり裏返したりしてしまうと、風当たりや日当たり、そのほかの環境が大きく変化してしまい、生育・生息していた植生や昆虫などが影響を受けます。

 高山の植物としてコマクサがよく知られ愛されていますが、これらは、礫地の中の比較的大きな石粒や岩に寄り添って守られるように根を張っています。イワウメやイワベンケイなども岩の隙間に、あるいは岩に張り付くように生育します。花が咲いていると誰でもすぐに分かり踏みつけないように心がけますが、葉を広げただけでも気付きたいし、芽も葉も出ていなくとも高山植物が生育しそうな地質や土壌があれば踏み荒らさないよう心がけたいものです。

手厚く守られるコマクサ石のサークル(写真左)で手厚く守られるコマクサ

テント(?)につぶされたイワブクロテント(?)につぶされたイワブクロ

ページ先頭へ↑

2021年05月12日特定外来生物 セイヨウオオマルハナバチ

大雪山国立公園 上士幌 上村 哲也

 トマトなどの温室栽培で受粉作業を効果的に行うため外国から導入された特定外来生物・セイヨウオオマルハナバチですが、野外に逸出した個体が繁殖し、餌や巣の競合で在来種を駆逐したり、植物の受粉を妨げることが懸念されています。セイヨウオオマルハナバチは、在来種に比べて大型、短舌なことから、花の形状によっては受粉を助けることなく花の根元などを破って蜜だけを吸う盗蜜という行動をすることが知られています。
 毎年、上士幌管理官事務所では、セイヨウオオマルハナバチの女王蜂が活発に活動する頃を選んで、十勝総合振興局、士幌町役場、JA士幌町、大雪山国立公園パークボランティアのみなさんと防除活動を行ってきました。近い将来、薬剤による駆除が実現することを睨みモニタリングを続けています。活動の中心となる士幌町役場の敷地にはエゾムラサキツツジが多く植えられていて、花を訪れるハチが網を振って届く高さを飛ぶので捕獲しやすいのです。
 しかし、5月10日(月)に士幌町にて予定していたセイヨウオオマルハナバチの防除は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため中止しました。残念ながら2年連続の中止です。
 代わりにモニタリングを上士幌管理官事務所のみにより実施しました。今年は桜の開花が早く、エゾムラサキツツジも早々に咲き終わってしまうのではないかとも心配しましたが、十分に花があり安心しました。雨が降ってきたため30分ほどで終了しましたが、15個体を捕獲、5個体を取り逃し、在来種であるエゾオオマルハナバチを3個体目撃しました。
 この後、士幌高原、鹿追町の扇ヶ原展望台や白樺峠、上士幌町のぬかびら源泉郷や十勝三股など、少しずつ標高を上げながらモニタリングを重ねていきます。温暖化などの影響で彼らが大雪山の奥深くまで訪れる前に駆除方法が確立してほしいものです。
 写真は、エゾムラサキツツジに訪れた在来種のエゾオオマルハナバチです。
エゾオオマルハナバチ

ページ先頭へ↑

2021年03月03日大雪山 ヌタプカウシペ

大雪山国立公園 上村 哲也

 総合型協議会への改組に伴い大雪山国立公園連絡協議会のウェブサイトをリニューアルすることになり、大雪山の山々を紹介するページにアイヌ語地名解説を加える機会を得ました。それらを調べる中で大雪山を表す「ヌタプカウシペ」に興味を持ちました。

 ヌタプは湾曲する川に囲まれた土地を表すことがあるようです。例として挙げられるのは網走の大曲や新篠津の袋達布ですが、せいぜい長径で2km足らずです。アイヌのスケール感はどれほどだったのでしょう。旭川から大雪高原温泉辺りまで石狩川は大雪山を囲むように遡りますが、これもまたヌタプとして捉えられていたのでしょうか。旭川から層雲峡を越え石狩川本流を遡り、高根ヶ原を越えて天人峡に辿り着いたなら湾曲していることを知れたのかもしれません。

 しかし、大雪山には別の答えがありました。「北海道の地名」(山田秀三著)の大雪山の項に次のとおりの記述があります。

 石狩川上流に行った時に、同行してくれた近文の尾沢カンシヤトク翁に、どこかにそのヌタプがないでしょうかと尋ねたら、「あのヌタプは山の上の湿原のことだと聞いています。一段高くなった山の上に広い湿原(nutap)があって、更にその上に聳えている山だからヌタプ・カウシ・ペというのだ思っていました。」との答えだった。それなら地形的にはぴったりである。
 とにかく分からなくなった山名である。参考のために聞き書きを書いた。これからも同好者によって検討して行ってもらいたい名である。

 石狩川上流の一段高くなった山の上にある広い湿原とは何処のことでしょうか。山田秀三氏は石狩岳近くの源流部までは訪れていないようです。翁もまたその湿原を、そこからその上にある山を見てきたのではないようです。

 沼ノ平でしょうか、裾合平でしょうか、はたまた高根ヶ原でしょうか。登山道からは少し離れているので、高根ヶ原に広い湿原があることを私は知りませんでした。

 広い湿原の、更にその上に山が聳えているといいます。いずれの場所も確かに愛別岳や旭岳、白雲岳などがその上に聳えています。沼ノ原や五色ヶ原越しにトムラウシ山を仰ぎ見ると、ここもまた捨てがたいように思えます。あるいはその全てが当てはまり、この大きな山体をヌプカウシペと呼んだのかもしれません。

 今年は、広い湿原のその上に聳える山、ヌプカウシペの光景を求めて山行を重ねよう、そう新年に思ったのでした。

 絵は、大雪山国立公園からは外れたチトカニウシ山。チ・トゥカン・イ・ウシ(我ら・射る・いつもする・処)近くを通るときに矢を放ち吉凶を占ったのだそうです。

<参考文献>

山田秀三.北海道の地名.北海道新聞社,1984,586p.

ページ先頭へ↑

2021年01月05日環境省アクティブ・レンジャー写真展をオンラインで開催中

大雪山国立公園 上村 哲也

 2017年に始まり5年目となるアクティブ・レンジャー写真展です。国立公園や希少な野生生物を守るアクティブ・レンジャーが業務の中で触れた美しい風景や愛らしい生物たちを切り取ってきました。自然の大切さとともに私達の働きについて理解をいただきたいと、業務紹介を添えながら続けて参りました。

 2020年は、新型コロナウイルスの感染拡大という災いに揺さぶられた一年でした。近年、年度の締めくくりに札幌地下歩行空間(チカホ)で写真展と野生生物の保護や携帯トイレの普及など啓発のイベントを開催し、1日限りのふれあいを楽しみにしてくださる方もいらっしゃったところですが、残念ながら今回は開催できませんでした。各地のビジターセンターで開催した写真展へも思うように足をお運びいただけなかったのではないでしょうか。

 ウイルス感染に気を使うことなくご自宅からお楽しみいただけるよう、オンライン写真展を開催中です。

アクティブ・レンジャー写真展 2020~2021 ~北の自然の舞台裏~

開催場所(URL) http://hokkaido.env.go.jp/post_92.html

開催期間 令和2年12月15日(火)~令和3年1月12日(火)

会場でお配りした解説冊子も御覧いただけるようリンクしています。
アンケートにもご協力ください。

よろしくお願いします。

ページ先頭へ↑

2020年10月23日エゾシカの香箱座り

大雪山国立公園 上村 哲也

 然別湖周辺の森の中で、エゾシカの寝床らしい痕跡を見つけました。

 写真の左上を頭の方向にして前足の肘を折ってたたみ腹を地面に押しつけていたようです。両肘が深く地面に押し込まれています。その後方には立ち上がったときに付いた蹄の跡も残っていました。

エゾシカの蹄の跡

 肘を折ってたたむのは、リラックスした家猫が見せる香箱座りという姿です。猫が香箱座りをしてうとうとと目をつむっているとたいへん可愛らしいものですが、警戒心の強い野生のエゾシカが寝姿を見せてくれることはありません。

 日が落ちれば真っ暗になる針葉樹の森の中、周囲にはほかに痕跡は見当たりませんでしたから、オスジカが独りで夜を過ごしたのかもしれません。

 痕跡から想像してみました。

ページ先頭へ↑

2020年09月25日いつかはトムラウシ

大雪山国立公園 上士幌 上村 哲也

 アクティブ・レンジャーは、国立公園の自然保護官事務所や管理官事務所などに1名または複数名が配置され、業務に励んでいます。大雪山国立公園のように山岳が中心となるところもあれば、支笏洞爺国立公園のように湖を、えりも自然保護官事務所などのように特定の野生生物を保護管理するところもあります。フィールドや業務の内容に違いはありますが、アクティブ・レンジャー同士のつながりが互いの助けになることもあります。

 そんな絆を深めようと「登山会」を始めました。リクエストも受けながら年に1座か2座を企画しています。ニペソツ山、富良野岳、白雲岳とその周辺の山など大雪山を中心に、後方羊蹄山や暑寒別岳にも登りました。始まった当初から「いつかはトムラウシ」が合い言葉になりました。

 9月の連休、道北に低気圧が停滞し空気の不安定な状態が伝えられながらも北十勝はまずまず好天の予報に、テント泊にてトムラウシ山登頂を目指しました。
 1日目は適切な歩調を整えられず、休憩が多くなって後半に失速。15時過ぎに南沼野営指定地に到着、山頂に雲がかかって来たこともあり、この日の登頂を諦めテントの設営に取り掛かりました。設営を終えた頃から予報にはなかった雨が降りだし2、3時間でしたでしょうか、なかなかの強さで叩かれました。強く降る前にテントには入れて幸運でした。後から調べてみると新得やぬかびら源泉郷のアメダスではまったく観測されていません、降ったのは山の上だけのようでした。
 夜遅くに雨は止み、2日目、雲の多い朝を迎えました。朝食を済ませ軽装備で山頂を踏みます。十勝岳では噴煙が東へと長くたなびいていました。山頂は秋らしいやや冷たい風が吹いていましたが、30分ほど粘り十勝岳連峰や黄金ヶ原、東大雪の山々などまずまずの展望を楽しみました。
 カバが黄葉することなく葉が傷んでいます。ナナカマドも赤には程遠いと感じながら、イワイチョウやウラシマツツジらが秋の彩りを描いてくれています。山頂を振り返り彼らの色づきを楽しみながら下山しました。

トムラウシ公園から仰ぎ見る山頂トムラウシ公園から仰ぎ見る山頂

山頂から十勝岳連峰を望む

山頂から十勝岳連峰方面を望む。

ページ先頭へ↑

2020年09月23日オオハンゴンソウとの戦い

大雪山国立公園 上村 哲也

 2019年は大雪山国立公園の東大雪地域、中でも特別地域に生育するオオハンゴンソウが少なくとも1,026本あることを確認し、確認個体はすべて抜き取ることができました。

 しかし、できるだけ根塊を残さないよう注意を払いましたが、ササの根に遮られたり地中深くまで太い根が伸びていたり、あるいは花を咲かせずひっそりと隠れていたりと一度で倒せる相手ではありません。2020年も8月半ばを過ぎると黄色い花弁が目立ち始めました。

 今年は、大雪山国立公園パークボランティアの協力を得て、短期間に抜き取ることができました。昨年と同じ区域から抜き取ったオオハンゴンソウの数は次の表の通りです。多くの区域で半減しています。昨年の抜取りが効果を現したのでしょう。さらにもう半分程度になってくれると、僅かな労力で駆除を続けられそうです。

オオハンゴンソウの駆除数(本)
生育地 2019年 2020年
糠平国道51km 23 11
糠平国道49km 734 266
糠平国道45.5km 2  
音更取水堰 3 3
幌加駐車場南 8  
三の沢付近 5 2
黒石平 62 79
忠別清水線 189 113
合計 1026 474

 しかし、油断はできません。ほかの地域の報告では、駆除を続けているのに数年後生育数が急に増えたところもあるようです。眠っていた種子が芽吹いたと考えられています。

 国道273号線、上士幌町の黒石平にある国立公園界から数キロメートルは普通地域ですが、国有林の中を道路が通っているだけで住宅や牧場、耕作地などもありません。自然に近い普通地域です。ここにやはり特定外来生物であるヤエザキハンゴンソウ(オオハンゴンソウの変種)と思われる植物が生育しています。数も多くは見えなかったことから今年の駆除の対象に加えることになりました。

 ところが、立ち向かってみるとササの下に隠れていて数は予想以上に多く、長い地下茎がササの根と絡み合って堀取りに苦労しました。4時間半をかけ379本を抜き取りました。

 最も悪いニュースがこちら。推定3万本以上が生育する群落が新たに見つかりました。

オオハンゴンソウの群落 やや、落胆し途方に暮れていますが、周辺の密度の低い区域では抜取りにより駆除を進めています。これまでに抜き取ったのは431本。合計では1,284本、昨年の駆除数を上回りました。花や葉を落とし茎が枯れてしまう前にもう少し抜取りを進めます。

 写真のように密度の高い区域では、機械刈りと遮光シートを合わせた駆除が有効であるとの報告を見つけました。少し光を感じるニュースです。情報を収集中です。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ