ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

阿寒摩周国立公園

21件の記事があります。

2021年02月17日一歩園の森展望ハイキング

阿寒摩周国立公園 北川 栄司

皆さまお久しぶりです、阿寒湖管理官事務所の北川です。

前回の阿寒湖アクティブレンジャー(AR)日記で鈴木ARが紹介しました、2月14日開催の「一歩園の森展望ハイキング」に参加しましたので、その様子をお伝えします。

阿寒湖の周辺は「前田一歩園財団」の所有地となっている場所が多く、毎年許可を頂いて温泉街の南に広がる森の中をスノーシューで歩くハイキングイベントです。

▲スノーシューで森歩き

▲新雪の上を歩くので、転ぶのも楽しい!

面白いガイドで人気のある阿寒湖畔エコミュージアムセンタースタッフの野竿さんが、リピーターの方でも飽きさせないよう、毎年新たなネタを仕込んでガイドします。

今年は・・・。

▲トドマツの葉っぱを発酵させて・・・

▲葉っぱについている酵母を増やしてトドマツ天然酵母パン作り

トドマツの香りが強く、パン作りに使った炊飯器についたトドマツのにおいが取れないそうです。

▲松ヤニを溶かした石鹸水で作ったシャボン玉

割れにくく、色もついてきれいです。

▲エゾシカのアキレス腱で作った糸

丈夫で、アイヌ楽器のトンコリの弦に使ったりします。

もちろん、自然解説もしてくれていますよ。

▲エゾモモンガの巣穴

▲クマゲラの採餌跡

見晴らしの良い場所でお弁当を食べた後は、阿寒湖を歩いて帰ります。

▲結氷した阿寒湖上を歩いて帰ります

いつもは冷たい北風にさらされて、皆さん黙々と歩くのですが、この日はなんと最高気温がプラスの(!)6.7℃!風も無く暖かな天候で、おしゃべりしながら景色を見たり雪だるまを作ったりと、楽しく帰ることが出来ました。

▲阿寒湖上から見る雄阿寒岳

北海道の真冬の時期、さらに新型コロナウィルス感染症の影響もあり、出歩くことが減っている状況が続いていますが、皆さんも感染対策は十分に実施しつつ、気分転換に自然を楽しんで下さいね。

▲また来年の冬にお会いしましょう

ページ先頭へ↑

2021年02月03日ひょうたん沼スノーシューハイキング

阿寒摩周国立公園 阿寒湖 鈴木達郎

みなさん、はじめまして。

阿寒湖管理官事務所の鈴木達郎です。

これから、阿寒の自然や私たちの活動について紹介していきますので、どうぞよろしくお願いします。

1月22日(日)、阿寒湖畔エコミュージアムセンター主催の自然ふれあいイベント「ひょうたん沼スノーシューハイキング」に同行してきました。

ひょうたん沼は阿寒湖畔から東へ10kmほど離れた、鶴見峠の入り口に位置する沼です。この沼は、春から夏の釣り利用を除いてほとんど人の立ち入りが無く、ひっそりとした雰囲気が魅力のスポットです。

特に冬期は、林道の閉鎖にともない車の通行が制限されるため、沼周辺は一層静まりかえって、耳を澄ませば動物の息づく声さえ聞こえてきそうなほどです。

今回はツアー参加者とスタッフ合わせて総勢21名で森にお邪魔しました。


スノーシューを装着し、森に入ろうとしたところで早速動物の足跡を発見しました。

ひょうたん沼入口付近にてエゾユキウサギの足跡

▲前後に長い後ろ足と、真ん中にちょんと着いた前足の跡。この特徴的な足跡は、エゾユキウサギですね。

ひょうたん沼入口付近エゾユキウサギの糞

▲足跡と一緒にまん丸い糞も転がっていました。

木材を細かく砕いてそのまま丸く圧縮したような面白い見た目です。


可愛らしい痕跡に皆さん顔を綻ばせながら、木々の間を抜けていきます。

今季は雪が少なかったためか、斜面でもどこでも随分歩きやすくなっており、余裕を持って自然を楽しめました。

ひょうたん沼林道にて針葉樹の葉状に成長した霜の結晶ひょうたん沼林道にて羽毛状に成長した霜の結晶

▲地面の段差から垂れ下がって大きく成長した霜の結晶。

場所によって風向きや湿度などの条件が異なるのか、まるでビーズで出来た針葉樹の葉のような形状もあれば、もこもこした羽毛のような形状もありました。

ひょうたん沼林道にてエゾシカによるオヒョウニレ食害の解説

▲阿寒湖畔エコミュージアムセンター野竿さんによるオヒョウニレの解説。

エゾシカによる食害の傷跡が痛々しい...。オヒョウニレ内皮は強靱な繊維質になっており、アイヌの人々はかつて布や衣服に利用していたそうです。

ひょうたん沼の凍結湖面から仰ぎ見る雄阿寒岳

▲結氷したひょうたん沼の湖上から仰ぎ見る雄阿寒岳。
雲一つ無い青い空と真っ白な雪原に挟まれて非常に美しかったです。

ひょうたん沼凍結湖面にて何層にも連なったアイスバブル

▲ひょうたん沼のアイスバブル。

氷の層が10層以上も重なり、中に多数のアイスバブルが閉じ込められた幻想的な様相を呈していました。

今回は残念ながら動物と出会うことはありませんでしたが、写真で紹介した他にもエゾリスの食痕、エゾシカやキタキツネの足跡、したたかに根付く樹木の数々など、様々な自然の営みを観察出来ました。

来月は、阿寒湖から国道240号線を挟んで南側にある、前田一歩園財団が管理する「光の森」をスノーシューで歩くイベントが開催されます。光の森は、温泉街近郊であるにもかかわらず、一般には開放されていないエリアで、ひょうたん沼と同様に動植物のありのままの姿を楽しむことが出来ます。

冬のハイキングが初めてという方でも参加しやすいイベントですので、是非お気軽にご参加下さい。

・一歩園の森展望ハイキング

■日時  :2月14日(日)午前10時~午後3時半

■集合場所:阿寒湖畔エコミュージアムセンター

■参加費 :1,000円

■主催  :阿寒湖畔エコミュージアムセンター

※申込受付は阿寒湖畔エコミュージアムセンター(0154-67-4100)までご連絡下さい。 

 イベント詳細は阿寒湖畔エコミュージアムセンターのインスタグラム(https://www.instagram.com/p/CKs7H11nLs7/)にも掲載しております。

※新型コロナウイルスの状況により、開催を中止させて頂く場合がございます。悪しからずご了承下さい。

ページ先頭へ↑

2019年06月27日イベントのお知らせ

阿寒摩周国立公園 杉山万里子

すっかり夏らしい陽気に包まれている川湯地域で、今週末28日(金)から30日(日)の3日間、イベントが開かれます。

川湯エコミュージアムセンターのスタッフによるつつじヶ原のガイドウォークや、遠く群馬県桐生市にあるアウトドアブランドのセレクトショップによる展示即売会があります。

つつじヶ原のイソツツジは満開で、まだ見にこられていない人はぜひ、今のうちにお越しください。また、普段はなかなか聞くことのできないスタッフによるガイド解説も貴重な機会になるはずです!

展示即売会では、セレクトショップが選ぶおしゃれなモノやコーヒー、ベーグルなども販売されます。去年の夏に改装された川湯エコミュージアムセンター2階で、コーヒーを片手に窓の向こうに広がるアカエゾマツの森を眺めながら休憩もでき、いつもとは違った特別な雰囲気を楽しめるのではないでしょうか。皆様のご来場をお待ちしています!

なお、イベントの詳細は下記URLをご覧下さい。

川湯エコミュージアムセンター

https://www.kawayu-eco-museum.com/

ページ先頭へ↑

2019年06月10日イソツツジ開花

阿寒摩周国立公園 杉山万里子

新緑も日に日に濃くなり、初夏を思わせる季節になりました。

今、硫黄山の裾野のつつじヶ原ではイソツツジの開花が進んでいます。

ご存じの方も多いかもしれませんが、つつじヶ原は日本一広いイソツツジの群落として知られています。硫黄山の影響で地温も酸性度も高く、厳しい環境ではありますが、自分の落ち葉を栄養にしながら生育しています。

イソツツジが開花の時期を迎えると喜ぶ虫は誰でしょうか?散策をしているとあちこちからブーンという羽音が聞こえてきます。マルハナバチが忙しく飛び回っています。

散策のおすすめは川湯温泉から続くつつじヶ原自然探勝路です。

片道約2.7キロ、約1時間。途中にあるイソツツジテラスやハイマツデッキに寄り道して景色を味わってくださいね。ゴール地点では硫黄山が待っています!

また、610日からは川湯地域の住民による、朝の散策ツアーが始まります。

詳細は下記のポスターをご覧ください。

この季節ならではの景色を観に来られませんか?

ページ先頭へ↑

2019年04月16日「山の神現る!」

阿寒摩周国立公園 川湯 岡西 大助

啓蟄から随分経過したように感じますが、阿寒摩周国立公園、摩周地域でも鮮やかなフクジュソウが咲き、フキノトウも芽をだし、少しずつ自然の息吹を感じる季節がやってきました。

 先日、摩周湖の氷上でヒグマ現る!の情報が入りました。アイヌの人達が昔からキムンカムイ(山の神)と、畏敬の念を抱いてそう呼んだヒグマもいよいよお目覚めです。

目撃されたヒグマは摩周岳登山道方面へ姿を消したとの情報なので、安全確認のため巡視に行ってまいりました。

当日は風も無く、登山道も日が当たるところは地面が出てきており、春の日差しにつつまれた巡視になりました。

太平洋方面もスッキリ...。

しかし山開きまで1月半ほどあるので、登山道の大半はこのような状況。スキー、スノーシュー等は必携。

摩周湖も全面結氷。カムイシュ周辺も不思議な模様が現れている。

今日の巡視の最終目的地の摩周岳、西別岳分岐点

時間と体力に余裕が有れば摩周岳登頂も考えていましたが、どちらもない!

最近、運動不足だったので予想以上に時間がかかりました 反省!