ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年03月29日[ゆっくりやって来る北国の春]

阿寒摩周国立公園 川湯 岡西 大助

 阿寒摩周国立公園の岡西です。本州では桜も満開!というニュースが聞こえてきて、いよいよ春本番という感じでしょうか。しかい川湯に住んでいると本当に日本は広いことを実感します。最高気温はやっとプラスに届くかどうか、最低気温は10度(もちろんマイナス)を下回る日もあります。しかし、どこかに春はいるはず...。

3月26日川湯の森を巡視。

 

木々の隙間から差し込むやわらかな光 確かに春はすぐそこまで...

枯れたようにみえていたアカエゾマツの森にも、みどり色の新しい芽吹きがありました。

長い冬の間、休んでいた自然もいよいよお目覚めかな?

翌日327日、濤沸湖・神の子池コースを巡視。

 

「濤沸湖」 ラムサール条約登録地に指定されている、渡り鳥の貴重な飛来地。寒い!気温も低いけどこの寂寥感がさらに寒さを強調していました。

 

濤沸湖水鳥・湿地センター 環境省の直轄施設。センター内から多種多様な鳥類が観察できます。カモの群れの中に若いタンチョウが。

続いて神の子池へ。

 

神の子池へと続く林道は冬期閉鎖中。約2㎞の林道歩き。春はどこにいるんだろう...

道路脇の標識はこのとおり。林道の真ん中にある先行者のトレール跡を外さなければスノーシュー等は必要ありませんでしたが、持参が無難。

雪の中で静かに佇む神の子池

「ゆっくりでいいから。」春をあせる私に語りかけているみたい。足下をしっかり固めて新年度を迎えよう!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ