ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

えりも自然保護官事務所

37件の記事があります。

2021年04月28日準備着々...

えりも自然保護官事務所 熊谷 文絵

みなさんこんにちは、えりも自然保護官事務所の熊谷です。

▼えりも事務所からの景色

 

山道にはまだ雪が残っているものの気温の高い日が続き、えりもではおなじみの強風も柔らかな春の風へと変わってきました。この時期、個人的には冬が終わってしまった寂しさと花粉が飛ぶなぁ...苦手。そんな気持ちが入り混じります。それでも、"春"に気分が高揚することもあるんです。

それはっ!

野生のゼニガタアザラシの赤ちゃんが見られること。

えりも町周辺はゼニガタアザラシの国内最大の繁殖地・生息地となっていますが、そのゼニガタアザラシは4月後半ごろから出産が始まり子育てのシーズンを迎えます。母アザラシから産まれたばかりの赤ちゃんアザラシは毛が新しいのでツヤッツヤ。成獣(おとな)に比べ、黒っぽく見えます。産まれたその時から泳ぐこともできますが、その動きはまだまだ拙く、こどもらしい可愛らしい姿です。

▼アザラシ親子(4月26日撮影)

 

今年初めてこどもの姿を確認しました!

2頭の間に小さな赤ちゃんアザラシがいます。波が打ち寄せる度、おとなのアザラシはシャチホコのように頭部と尾っぽを反るようにして避けますが、赤ちゃんは波を避けきれずにさらわれそう。見ていてハラハラしてしまいます。本日確認できた赤ちゃんは3頭でした。

近くにはお腹の大きな妊娠個体が沢山いたので、これから小さな赤ちゃんアザラシが増えそうです!

これらの様子を見られる目安は6月いっぱい。その後、栄養、特に脂肪分の多い母乳をもらっていた赤ちゃんアザラシは独り立ちの時を迎えます。少しだけ沖に出てこども同士で遊んだり魚を捕ったりと泳ぎ回ります。

襟裳岬の突端から双眼鏡で覗けばアザラシの子育ての様子が見られます。町施設の「風の館」には望遠鏡が置かれていますので、皆さんもぜひ!

アザラシの子育て。他では見られないこの光景はえりもの春らしさとも言えますが、アザラシとは別のこの光景も、とてもえりもらしいものです。何をしているところでしょう?

▲これは漁師のみなさんが、定置網を設置する準備をしているところです。

えりも町の襟裳岬以西では春(5月上旬~7月に上旬)に定置網漁が行われていますが、その網は周年海に入っている訳ではありません。シーズンが終われば陸に上げ、清掃や修繕をします。またシーズン開始前には網の状況を確かめたり準備をして、初日に間に合うよう決められた場所に設置します。

えりも自然保護官事務所では、今年度も"春さけ定置網漁"に同行し、アザラシによる被害調査を実施します。船に乗り始めるのはGW後からですが、約2カ月続く調査期間を前に準備の進む現場の様子を見て「この時期が来たんだな、始まる」と、ちょっとした緊張感にも包まれます。

漁師さんがよく言います。「準備は前もって、もうこれで大丈夫と何度も確認するくらいでなければダメだ」。定置網漁の準備をする漁師のみなさんの丁寧かつ確実な仕事ぶりを見ていると「えりもの海を熟知していて、だから突風に吹かれても高波がたっても予想外のことが起きてもケガなく対応できるんだ」と思います。

私も、スムーズに調査に入れるよう、調査用紙・水中カメラ・水産合羽等の準備はぬかりなく!始めることとします。

▼調査用紙と記入ボードの準備

▼水中カメラの準備

▼今年から乗船デビューの黒田保護官

船上では合羽を脱ぎ着している暇はありません。また、大きすぎても小さすぎても動きづらいので、自分に合ったサイズを身につけることも大事な準備のひとつです。

準備着々◎

ページ先頭へ↑

2020年10月29日錦秋の豊似湖

えりも自然保護官事務所 熊谷 文絵

みなさんこんにちは。

すっかり寒くなってきましたね。体調崩されていませんか?風邪などひかぬよう、気をつけましょう。

北海道の"秋"はとっても短い!存分に楽しみたいところですが、えりも自然保護官事務所の業務は秋が最繁忙期。11月20日頃までゼニガタアザラシによるサケ被害調査のため、乗船の毎日を過ごしています。そのため事務所と現場の往復になりがちで、知らぬ間に秋が終わってしまう年もあります。今年は秋を満喫したい!と、えりも町が誇る「豊似湖」に行ってきました。

10月27日時点で、豊似湖の紅葉はやや見ごろを過ぎたようでした。

2018年撮影の一枚ですが、一番よいタイミングではこんなにも美しい紅葉を見ることが出来ます。

この写真のタイトルは「錦秋の豊似湖」。まさに燃えるようなエネルギーを感じます。

美しい紅葉にきれいなハート型。なにかいいことでも起きそうな予感がしてきます。

この場所には多くの生物が生息しており、中でもナキウサギが人気です。この日も、カメラを構えタイミングを計っている方々がいました。

私はこれまで何度も通っていますがナキウサギを見れたことはなく、いつも鳴き声を聞いては「いるいる、元気そうだな」と思っています。他にも、気づくと足元にシマリスがいることもあり、ちいさな動物たちが楽しませてくれます。

 

  

豊似湖の紅葉は終わりでしたが、そこまでの森はどこを見ても美しく、鳥がさえずり何ともいい時間が流れます。道中大きな角を携えたオスジカがよく飛び出してきます。シカは1頭いたらそれに続いて複数頭が飛び出してくることもありますので、お越しの際は十分気をつけながら走行してください。

風が強くなる前に秋を感じることが出来ました。中々遠出しづらい今ですが、森はしっかりと季節を進めています。えりもの主要道路から外れた場所なので中々見る機会はないかと思いますが、えりもにもこんな場所があるんです、私の町内お気に入りスポットのひとつ。

これからは強風、いや暴風吹き荒れるえりも。特に12月~2月は本当に強い風が吹きます。風が強まる前に、もう少しだけ秋を楽しみたいです。えりも町にお越しの際は、暖かく、風を避けられる服装を!

ページ先頭へ↑

2020年08月27日盗掘防止活動で高山植物を守ろう!

えりも自然保護官事務所 熊谷 文絵

みなさんこんにちは。

えりも自然保護官事務所の熊谷です。

アザラシ業務の多いえりも事務所ですが、たまには山にも行っています○

8月中旬、振興局主催の『アポイ岳高山植物盗掘防止合同監視』活動に参加しました。

●アポイ岳とは...

北海道様似町に位置しており、標高810.23m。ここの岩石は地球深部にある「マントル」が冷えてできた岩石「かんらん岩」を主とする特殊なものです。

加えて、冬は積雪が少ないことにより地表が凍結、さらには海霧の影響で夏でも低温になるという特異性を有しています。

このような特殊な環境に適応した高山植物には、アポイ岳やその周辺でしか見ることのできない固有種など貴重な植物が沢山あります。しかし、近年ではハイマツやゴヨウマツが分布を広げ、高山植物群落が縮小しており、その希少性から、一部の心ない人による盗掘も見られます。

貴重な高山植物が絶滅の危機に瀕しています。今回参加した盗掘防止活動は、これらの植物を守るためにも、新たな盗掘箇所がないか確認したり、登山を楽しむ皆さんにはルールを守って楽しんでいただけるようお声がけ・注意喚起をするといったものです。

美しい植物を見つけ、"ちょっと写真を撮るだけのつもり"で登山道のロープを越えてしまったら...足元には絶滅の危機に瀕した植物があるかもしれません。気づかぬうちに踏みつけてしまい植物が傷んでいるかもしれません。盗掘をしないことは勿論ですが、植物を傷めないよう、登山道以外には立ち入らない。みんなでルールを守り、美しい環境を維持したいです。

アクティブ・レンジャーをしているくらいです、自然は大好き。ただ、どちらかというと海を得意としている私は登山にはちょっとした苦手意識を持っています。この苦手意識を克服するためにも、登り約3時間、下り約2時間のアポイ岳はチャレンジしやすい山なので、出会える植物や絶景を楽しみに頑張ろう!と意気込んだはずでした...

が、この日はよい天気で気温が高く、日影が少なくなる5合目以降、一気にバテてしまいました。。

頂上に着く頃には、海霧に覆われ周りは真っ白に。下りではいつの間にか霧も晴れ気持ちの良い風も吹いて、海霧と風、よい見晴らしとアポイ岳らしさを感じることが出来ました。

この日の私のお気に入り写真はこちら↓

▲エゾルリムラサキ

強風で上手く撮れませんでした。。ムラサキ科の植物は、紫色の濃いものが多いように感じますがこの花は少し青みがかった美しい瑠璃色です。

▲キンロバイ(金露梅)

様々な植物の緑、かんらん岩の黒色のなかで黄色の花弁をもつこの花は、とても目立ち目に留まります。

花についた露が花色に映えて金色に輝くこと、さらに梅に似た形からついたとされる名前「金露梅」。名前の由来までも好きな花のひとつです。

▲旧幌満お花畑

「旧」となっています。現在も多少の花がありますが、お花畑と呼ぶにはなんとも寂しい場所となってしまっています。かつては沢山の花が風に揺れていたのかと思うと、今ある植物を大切にしないといけないと考えさせられる場所でもあります。

▲眼下に広がる様似市街

霧が晴れ、緑が美しかったです!

今回は盗掘防止を目的とした活動でしたが、多くの方はルールを守り楽しんでおられました。みんなが快適に山を楽しめるよう、盗掘しない、登山道から外れない、どうかご協力ください。

とてもすがすがしい気持ちになれおススメです。みなさんも是非、アポイ岳登山を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ページ先頭へ↑

2020年07月28日えりも"夏の風物詩"

えりも自然保護官事務所 熊谷 文絵

この季節がやってきました~!えりもの夏はコレ!!

この今にも動き出しそうな黒いもの、みなさんな何だか分かりますか?

この風景を見ると、えりもにも本格的に夏がやってきたな~と実感します。

町のあっちでも!

こっちでも!

町内全域にこのような景色が広がります。

これは、日高昆布(別名:ミツイシコンブ)と呼ばれる昆布が干されているところです。

日高地方の広範囲で採れる日高昆布ですが、なんとその約8割がえりも町で採られたものです。

7月~9月頃は昆布漁の最盛期! 町内の多くの各家庭ごとに行われています。

早朝4時半ごろ日の出と共に出港する昆布採りの様子は美しい、、、

(岩の上にやや白っぽく見えるのはゼニガタアザラシ、ゴロゴロしています)

採った昆布は家族総出で各干し場に広げていきます。私も体験させていただましたが、これが難しい。えりも町内でも地域によって採れる昆布の長さが違っており、私の行く地域では6~7mもあり町内でも長い昆布なのだそうです。これらを1本1本がくっつかないように、極力捻じれないように...隙間なく広げていきます。

※昆布干し場には、専用の砂利が敷かれています。町内へ来られる際は、昆布が干されていても干されていなくても砂利の中へ入ることはお控えください。

高級昆布として知られる「利尻昆布」「羅臼昆布」は主に出汁用ですが、「日高昆布」は柔らかいので出汁を取った後にも昆布巻きや煮昆布として食されます。家庭用には日高昆布が使用されることが多く、みなさんも知らぬ間にえりも産の日高昆布を食べているかもしれませんね!地元では、小さく切った昆布を揚げておやつとしているそうです。皆さんもえりも町で親しまれているおやつを試してみてはいかがでしょうか。

えりもに来てから知ったことですが、昆布は採ってから出荷までの工程が多く、とても手間と時間のかかる仕事です。そして、天気・海況に左右されやすく3~4カ月の漁期中、15日実施出来れば上々とのこと。自然相手の仕事ゆえ事故無く実施するためには仕方ありませんが、当日早朝まで実施の可否が判断されないことなどを考えると根気も必要だなと感じます。ただ、その日昆布採りが実施されなくても、これまでに干し終えた昆布を裁断したり等級別に分けたりとみなさん大忙しです。。

町内あちこち干された昆布で真っ黒になる、多くの町民が昆布漁で忙しく過ごす...これこそ、「えりも"夏の風物詩"」です♪

毎日暑い暑いと感じている方に朗報です。

えりもは道内でも寒暖差が少ない地域で夏は平均20℃程度、風が吹けば半袖では肌寒く感じます。

夏のひと時を避暑そして"風物詩"を感じにえりも町で過ごされてみてはいかがでしょうか。

(場所によっては風が強いので、長袖を1枚持っていると安心ですよ)

ページ先頭へ↑

2020年07月15日現場の後は事務仕事...

えりも自然保護官事務所 熊谷 文絵

みなさんこんにちは!

えりも自然保護官事務所の熊谷です。

えりも町では、春(5月上旬~7月初め)と秋(8月末~11月下旬)にサケの定置網漁が行われています。

ここに併せ、えりも自然保護官事務所では周辺海域で生息する「ゼニガタアザラシによる食害調査」を実施しています。

今年の春も、毎日乗船しての調査を実施しました。

この数年、記録的な不漁が続いているため期待半分不安半分で始まった今年の定置網漁でしたが、結果は奮わず...サケマスの大漁を見ることなく漁期終了を迎えました。

定置網は定められた場所に置かれた網に泳いできた魚がかかります。

漁期が長いのでシーズンが進むにつれ水温や海況に変化があり、例年であればかかる魚種も少しずつ変化していくところですが、今年は最初こそその傾向は顕著でソウハチガレイやスケトウダラの漁獲が目立ったものの、5月後半以降は漁獲は少なく魚種が多い状況が最後まで続いたことが、今年の特徴だったように思います。