北海道のアイコン

北海道地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。
アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等のパトロール、調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の職員です。管内には、利尻礼文サロベツ、知床、阿寒摩周、釧路湿原、大雪山、支笏洞爺国立公園があります。

環境省アクティブ・レンジャー写真展 北の自然の舞台裏

2022年06月01日
えりも自然保護官事務所

アクティブ・レンジャー 熊谷 文絵

「春うらら」

 

襟裳岬 4月

 

 一年を通して風が強いことで有名なえりもですが、その風が一番弱まる春はのどかな季節です。

 "ゼニガタアザラシ"は日本に定住する唯一のアザラシで、その半数以上が襟裳岬周辺に生息しています。雌は、4月後半ごろから始まる出産シーズンを控え過敏な時期ですが、それでもすっかり安心した様子でひなたぼっこ。舌を出すのはご愛嬌!このアザラシは、見に行く度に舌を出した姿を披露してくれます。どうか、母子ともに無事に出産を終えられますように...

 

 

「秋への入口」

 

えりも町 10月

 

 業務で出かけた"とある森"の入口は、秋への入口でもありました。

 えりも町はとても強い風が吹きますが、特に秋頃からはその強さを増し厳しい季節が始まります。しかし、森へ入れば厳しさ一転、静かに進んだ深まる秋を楽しむことが出来るのです。この先ではどんな動物と出会えるだろう、どんな植物が紅葉しているだろう...そんな、高揚感を感じられる場所です。