ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

釧路湿原国立公園 釧路湿原

172件の記事があります。

2007年11月07日ウチダザリガニ調査体験会を実施しました

釧路湿原国立公園 釧路湿原 磯野 満里子

釧路湿原国立公園では今年、温根内ビジターセンター周辺でパークボランティアさん達と共にウチダザリガニ侵入防除を目的とした捕獲調査を行っていました。
10月28日は6月から行ってきた調査の最終日、そこで一般から参加者を募って「ウチダザリガニ調査体験会」として実施しました。
好天に恵まれた中、25名の参加者と多くのボランティアさん達と共に、前日3ヵ所に仕掛けておいたカゴ罠を確認してまわりました。

1ヵ所目の湿原内を通る木道の下、2ヵ所目の温根内ビジターセンターから2kmちょっと離れた大島川に仕掛けたカゴ罠には、ウチダザリガニの姿はなく、代わりにかかった(?)ヤチウグイやエゾアカガエルなど在来の生物の観察しました。

そして3ヵ所目は温根内ビジターセンターからすぐ近くの右岸堤防。
ここは、堤防をはさんでビジターセンターに近い側に池が、反対側に釧路川水系の温根内川支流があります。隣り合っていても堤防を挟むので池と支流は水路で直接つながっていません。

池は、ウチダザリガニの捕獲ゼロ。
対して支流では・・・

「うわー!」と歓声が!(←本当は喜ばしくない)
支流に仕掛けた8個のカゴ網全てにウチダザリガニがかかっていました。

数えたところ全部で252匹!かなり大漁です。

カゴから出して、ボランティアさん指導のもとみんなで計測しました。
体長(はさみを除いた長さ)が8~10㎝のものが中心で、最大でも11㎝程度でした。

釧路湿原の主な河川には、広くウチダザリガニが分布しています。
今年温根内の周辺では、この日の分を含め計1,793匹のウチダザリガニを捕獲しました。うち99%が温根内川支流での捕獲。その他は大島川(但し28日に回った地点よりもずっと下流)での捕獲です。
調査した範囲では、湿地や堤防で隔離された池などでウチダザリガニの確認はありませんでした。
このことから、今のところ、侵入経路となり得るこの2つの流路をウチダザリガニが独力ではい出て侵入する可能性は少ない印象をうけています。

堤防を隔てての近接した2つの水辺の捕獲数。0:252。
参加者の一人から、近接した「いない場所」と「いる場所」の両方を見て、「何故生きたまま移動させてはいけないかやっとわかった」、という感想をいただきました。
湖などと異なり、解放水系である河川に入り込んだウチダザリガニの数を減らすのは困難です。
それでも人為的な移動をしないことで自然には侵入し得ない場所への分散は防げます。
今回参加いただいた方をはじめ、一人でも多くの方がこのことを知り、周りの方に伝えていただければと思いました。

さて体験会の最後は、調査だけではなく味も体験ということで、希望者でウチダザリガニを茹でて味見しました。

もともと食用として持ち込まれただけあり、おいしいと大好評!

小さなお子さんもむしゃむしゃ食べていました。
この分だと湿原のウチダザリガニが参加者の食卓へと有効活用されるは・・・近い?

*釧路湿原では「ウチダザリガニを移動させないで」リーフレットを作成し、配布しています。
こちらからPDF版をダウンロードできます。
http://c-hokkaido.env.go.jp/kushiro/pre_2007/0730a.html

ページ先頭へ↑

2007年11月02日釧路湿原野生生物保護センター(WLC)

釧路湿原国立公園 釧路湿原 森永 太一

釧路湿原野生生物保護センター(WLC)の庭に生えているオンコ(イチイ)の木には、今年たくさんの赤い実がなりました。

そこへ少し前から、小鳥の群れが毎日せっせと通ってきています。
職員入口近くに生えているため、朝、出勤すると慌てて奥のハンノキ林へ飛び去ります。
それでも、しばらくするとまた戻ってきます。
 
事務所の窓からそっと覗いてみました。



あまり上手に写りませんでしたが、シメが嘴の周りに赤いオンコの実を付けて食べていました。
冬に向け栄養をつけているのでしょうか?
 

センターの裏側を覗くと、大きな池があります。
展示室2階から観察することができます。
その池にカモが姿を現すようになりました。


まだエクリプス(※1)なのでなかなか見分けが難しい種もあります。
これはスズガモです。

これから全面結氷してしまうまで、たくさんのカモが見られるようになります。

是非、ご来館下さい。

※1.エクリプス
カモの仲間は雄雌で体色の違う種類が多く、繁殖期にはオスが派手な色になる。繁殖期以外の時期は、メスに近い地味な色となり、この時期のオスのことを指す。

ページ先頭へ↑

2007年10月23日総合学習

釧路湿原国立公園 釧路湿原 森永 太一

釧路市内の中学1年生5名が釧路湿原野生生物保護センター(WLC)へ希少野生動物種について学びに来ました。
「自分達で公共交通機関を使って目的地まで行き学ぶ」という、総合学習の授業でした。

事前に知らされていた時刻になっても生徒達が現れないので心配していると、10分程遅れて現れました。
聞くと、バス停の位置がわからずに通り過ぎてしまい、歩いて戻ってきたとのことでした。
そんなことも、仲間達との良き思い出となるのでしょうか?

どの生徒も初めてWLCを訪れたようで、展示室に興味津々。
講義よりも館内を見て回りたいという感じでした。そんな気持ちをぐっと堪えて、まずはパワーポイントを見ながら希少野生動物種について学びました。

講義の中では、ヒトは地球上に生息する生物全体約30,000,000種のうちのたった1種でしかないことから学び、ヒトの様々な活動により数を減らしてしまった鳥類のうち、道東でみられる国内希少種の紹介があり、また実例として、?天売島における水鳥の問題と対策、?私達の地域に生息するタンチョウに起きている問題とその対策を学びました。

その後、釧路地域と密接に関係しているタンチョウをテーマにして、「タンチョウの抱えている問題」、「私たちにできること」、「周りの人や観光客に呼びかけること」を1人5枚ずつ考えてもらいました。

出してもらった問題と対策を分類していくつかのグループに分け、一人一テーマずつ担当を決め、まとめてもらいました。
最終的に一人一枚の紙になりました。

完成したものは、WLCに展示しています。
是非見に来て下さい。

今回は、身近に生息しているタンチョウの問題を知り、自分達に出来ることを考えてもらいました。
この日感じたこと、考えたことを少しずつでも行動に移してもらえたらうれしいです。

私個人としては、午前中の講義での野生課課長補佐 小野さんからの最初の問いかけ

「なぜ、野生動物を守らないといけないのか?」

が、すごく印象に残りました。

かわいそうだから?
ヒトと同じように他の生物にも権利があるから?
野生生物が住めない環境は、人も住めない環境だから?
・・・・・
 
 皆さんはどう思いますか?

ページ先頭へ↑

2007年10月01日秋の気配

釧路湿原国立公園 釧路湿原 森永 太一

釧路湿原野生生物保護センターが閉館する午後5時、少し前までは外はまだまだ夕方という雰囲気で、「さて、仕事が終わったら今日も釣りに行くぞ」っと、張り切っていたのですが、最近ではもう暗くなり始めています。

仕事を終えて外に出ると、肌寒さに身震いしつつ秋の訪れを感じました。
小走りで車に乗り込んで駐車場からセンターの入口へ向かうと、茶色の小石のようなものがヘッドライトに照らされアスファルトの上にたくさん落ちているのが目に入りました。小石でもないし、枯れ葉でもないようです。気になって停まってみると、ピョンピョン跳ねています。どうやら、エゾアカガエルのようです。

夏の暑い時期、雨が降った日にたくさんのエゾアカガエルが出てきているのは見たことがありましたが、この時期にこんなに出てきているのを見るのは初めてでした。(ただ単に今まで気付いていなかっただけかもしれませんが・・・。)

冬眠のための場所と普段生活する場所が違うため移動しているのでしょうか?
移動するのであれば、?規則性など無く、個々が好き勝手な方向へ移動し、冬眠に具合の良さそうな場所を見付けて落ち着くのか、?臭いなどの人が判別できない何らかの刺激を頼りに目標に向かって移動しているのか、はたまた?毎年自分の場所を覚えていてそこへ何らかの能力を使って戻っていくのか。もしそうだとしても、今年生まれた個体は?か?の方法を使って場所を見付けなくてはならないのでしょう・・・。

また、どのような外的環境変化そして体内変化によって行動が起こるのでしょうか?
・・・・

自然というのは観察すればするほどいろいろな発見、そして謎がうかんできます。
常に判らないことだらけです。
だから、もっともっと観察したくなるんでしょうね。



エゾアカガエル

■環境省からの連絡■
カエルなど両生類に感染するカエルツボカビについて
http://www.env.go.jp/nature/info/tsubokabi.html
 

ページ先頭へ↑

2007年09月25日「はたち祭り」でクイズラリー実施

釧路湿原国立公園 釧路湿原 磯野 満里子

釧路湿原は今年、国立公園指定20周年を迎えました。
最後の大きな20周年記念イベント「はたち祭り」が9月23日に実施されました。
これは釧路湿原に関連する各団体によるネットワーク型のイベントで、環境省は2つの催しを実施しました。
航空写真の床面パネルの展示「釧路湿原を写真でかっぽ」、そして温根内ビジターセンター周辺の木道での「秋の湿原クイズラリー」です。

「秋の湿原クイズラリー」は、5ヵ所のスポットを回って解説&クイズを受けたらスタンプをもらえる仕組みとし、全て集めた方には「エコバック」などをプレゼントしました。
何よりこの企画は、パークボランティアさん達(釧路湿原ボランティア・レンジャーの会)の全面的な協力によって実現しました。
釧路湿原のパークボランティアさんの中には、ほぼ公園指定当時から活動されている方も多く、様々な知識やノウハウを持っておられます。
今回は短い準備期間の中、解説やクイズの内容などを各担当で用意して頂くことになりましたが、お得意のプログラムを披露して頂いた方、解説初チャレンジで一からがんばって頂いた方、裏方に徹して頂いた方と、それぞれにご活躍頂きました。
改めてマンパワーのすばらしさ、実感です。
ではここで、ボランティアさんによるプログラムの一部をご紹介。

「やちまなこ」(=湿原の水たまり)の深さを調べてみよう!
何メートルあるかな?
実際に棒を入れて確かめてみる。

木道に「タヌキ」出現!

実は湿原の食虫植物「タヌキモ」の解説でした。

10時から2時までの間で、100人近い方が参加され、子供から大人まで「楽しかった」と好評でした。特にタヌキやタンチョウのコスチュームは大いに受けていました。
ボランティアの皆さんにとっても、地元の方、観光でいらした方と湿原のお話を通して交流し、楽しいひとときだったようです。

ボランティアの皆さんそれぞれがお忙しい中で、今回のようなプログラムは頻繁には実施できませんが、熱いリクエストがあれば復活もあるかも?

ページ先頭へ↑

2007年08月27日オニクワガタ

釧路湿原国立公園 釧路湿原 森永 太一

温根内ビジターセンターの休館日対応に行ってきました。

以前にこのアクティブレンジャー日記で紹介していますように(06/7/20 磯野AR)、7月中旬から8月末まで(概ね本州の夏休み期間)、温根内VC・塘路湖エコミュージアムセンターを無休で開館しています。
その対応で週一回ずつ、アクティブレンジャーとボランティアレンジャーが各センターを開館しています。

さすがに本州ではまだまだ夏休み中とあって、たくさんの観光バスがたくさんのお客さんを運んできました。時折、センター内が人でごった返すこともあります。

昼頃に来られたお客さんは、木道の奥(高層湿原)でタンチョウを観たと教えてくれました。センターで借りた双眼鏡が大活躍だったようです。
そんな中、珍客もありました。


オニクワガタです。
体長2.5cmと小型ですが、これでオスです。
よく見ると意外と立派なアゴを持っています。

僕は長野で生まれ育ったので、夏休みは毎日カブトムシやクワガタを採りに行きました。
ラジオ体操を終えてから。夕食後の暗くなってから。
一日二回、近所の友達と共に自分達で見付けた秘密の場所へ通っていました。他の人が採りに来ることのない、まさに秘密の場所。知っているのは見付けた僕達の仲間数人だけ。
レジャーシートと、夜は懐中電灯を持って集合し、自転車で向かいました。木の下にレジャーシートを敷き、思いっきり木を蹴って揺らすと、ボトッボトッと音を立てて、シートの上にたくさんのカブトムシ、クワガタが落ちてきました。
懐かしい思い出です。

話が逸れましたが、当時は見たことが無いばかりか、その存在すら知らなかったオニクワガタ。
初めて見付けたのは、昨夏でした。

調べてみると、全国に分布しているようです。
樹液に集まらないらしく、それ故、僕らのような採集方法では捕まらなかったのかもしれません。
灯火に集まり、朽ち木などで見られる種類で、あまり生きた樹木では見られないようですが、今回は撮影のために樹木に掴まってもらいました(不勉強でした・・・)。
撮影の後は、もちろん元の場所に戻しておきました。

※温根内木道を訪れる方へ一言アドバイス
木道をまわる前に、センターに寄っていきましょう!!


今咲いている花情報、タンチョウやシマリス、シマヘビなどの目撃場所などが、自然伝言板や職員から得られます。
また、双眼鏡を貸し出ししている他、木道の地図もあります。
もっと詳しく知りたい方には、温根内木道のガイドブックも販売しています。

ビジターセンターで準備を整えてから、短い夏の終わりを惜しむように賑わう木道へ出発しましょう。

ページ先頭へ↑

2007年08月22日ヤチボウズはどこに?

釧路湿原国立公園 釧路湿原 磯野 満里子

夏は「ヤチボウズはどこに行ったら見られますか?」という質問をよく受けます。
旺盛に茂る植物がヤチボウズを覆い隠してしまい、わかりにくくなってしまうからでしょう。初めて湿原を訪れた方には、豊かな緑の下にヤチボウズがぽこぽこ並んでいるとは想像がつきにくいと思います。

湿原の地面からボール状に高く盛り上がるヤチボウズ。その正体は、カブスゲなどのスゲ類が前の年までの根の上に新しい根をはって年々株を成長させたものです。
湿原の至る所で見られるシンボル的存在です。

1枚目の写真は5月中旬、2枚目は本日(8月22日)、ほぼ同じ場所から撮影したもの。
5月はヤチボウズ(スゲ)一辺倒ですが、今は紫色の鮮やかなサワギキョウを筆頭に、モザイク状に様々な植物が見られます。
地面から隆起したヤチボウズは、ちょっと湿地が苦手な植物にとってはよい足場となるので、宿主以外の植物も「寄せ植え」のように便乗することがあります。逆にヤチボウズ同士の谷間は水が溜まりやすく、水位の高い場所が好きな植物にとっては天国となりえます。
ヤチボウズの生み出す微妙な地形は、湿原の花々の配置を決める要素の一つとなっているのです。

サワギキョウは今が盛りで、8月いっぱいは楽しめます。
さてサワギキョウが生えているのはヤチボウズの上?それとも谷間の方でしょうか?
植物の生え方から想像してゆくと、隠された坊主姿が見えてくるかもしれませんよ。

5月中旬のヤチボウズ芽吹きのころ

今の状態:たくさんの花が咲き、ヤチボウズの面影はないように見えますが・・・

サワギキョウ:今の釧路湿原はこの紫色とセリ科の白い花とのコントラストが見事。

ページ先頭へ↑

2007年08月03日湿原のホタル

釧路湿原国立公園 釧路湿原 磯野 満里子

夏も冷しい釧路湿原では、少し気温が高い日は目に見えて虫たちの動きが活発になります。
コエゾゼミの羽化も今がラッシュのようです。

夏の釧路湿原、なんと言ってもオススメは夜のホタル観察です。
釧路湿原にはヘイケボタルが生息しています。温根内や達古武キャンプ場の木道を利用すると、間近にその姿を観察することができます。
気温が高い日ほど活発に飛び回ります。また少々の雨や霧でもホタルは光ります。1匹のホタルが大人になってから生きられるのはわずか1週間程。この間にオスとメスが光で交信しながら出合い、次世代へ命をつなぎます。
釧路湿原で観察できるのはお盆頃までです。

観察のポイント
◆懐中電灯の使い方に注意!人工的な光でホタルを惑わせないよう、足下など必要な場所だけ照らしてください。カメラのフラッシュもほどほどに。
◆手のひらにのせて観察するときは、つぶさないよう優しく扱ってください。
◆ホタルに霧中になりすぎて、うっかり木道から湿原に足を踏み外さないよう気を付けてください。


羽化の最中のコエゾゼミの羽化。8月2日、同じ木で2匹が同時に羽化していました。気温は24度ですが、釧路湿原ではかなり暑いほうです。

7月中旬温根内でのホタル観察会の様子。

ヘイケボタル。手のひらに載せると小ささが愛おしい。さて小さな体の発する光は暖かい?

ページ先頭へ↑

2007年01月16日タンチョウ調査? 鶴見台は危険な給餌場?

釧路湿原国立公園 釧路湿原 磯野 満里子

 釧路湿原からの2007年最初の話題は冬の風物詩「タンチョウ」の調査について。続々といくつかの調査に参加する機会があるので、随時お届けしたいと思います。

 今回は「鶴見台タンチョウの事故発生状況調査」について。
 
 この調査は、(財)日本野鳥の会「鶴居伊藤タンチョウサンクチュアリ」が一般からボランティアを募って実施しています。タンチョウ保護を進める各機関が協力しており、釧路湿原のAR2名も時々参加しています。

 鶴見台は、タンチョウ保護増殖事業の一環として冬の餌不足の解消を目的として位置づけている「給餌場」の一つです。タンチョウへの給餌活動は1950年頃から住民の地道な努力によって始められ、1962年には北海道庁による地域の人への給餌委嘱が開始されるなど、長い歴史があります。鶴見台もこのような経緯を持つ古い給餌場の一つで、今では多い時は1日に300羽近くのタンチョウが飛来します。観光バスの利用も頻繁にある「タンチョウ観察の一大人気スポット」です。

 一方で、鶴見台で給餌が開始された1960年代と比べ、周辺に民家や道路が増えるなど、状況が変化しています。そのため、当初は予見されていなかった問題が生じているようです。

 タンチョウは道路の上を飛んで鶴見台に出入りします。実は、道路沿いに縦横に配置されている電線などの人工物が曲者。タンチョウの電線への接触を目撃したという情報があるのです。電線への接触はバランスを崩して墜落、時に感電死してしまう危険性もあります。そのため北海道電力が目立つ色のガードをとりつけ衝突防止の対策をとっています。また現地には電線以外の人工物、気象条件、人の活動など、影響が考えられる様々な要素が存在します。したがって人工物以外、あるいは複合的な要因によって接触等が生じている可能性もありますが、これまできちんと調査がされていませんでした。今回の調査の目的は、このような状況をデータとして把握することなのです。
 
 この調査では、定点から鶴見台を往来するタンチョウを観察し、通過した数、時間、方向などを記録しています。通過時にもし「人工物への接触・衝突事例」が発生した場合は、更に詳細に状況を記録することとしています。

 残念(?)ながら私はまだ決定的瞬間には立ち会っていません。しかし、直前でタンチョウが足を曲げて電線を回避する「未遂」の行動は何度か目撃しました。中でも、目の前でタンチョウが急に進路を変えて電線をくぐり、車道を超低空飛行で横断した時は、車と衝突しないかと思わずひやり。一体、順調に飛んでいた(と見えた)タンチョウが何故危険な方向転換をしたのか?実際にこのような場面に居合わせると、人工物への衝突が発生する状況下では、車の往来や人間の動きなど様々な要素の関連を感じます。

 保護の為の給餌の成果とはいえ、人の生活の近くにタンチョウが集まる現実がある以上、人の活動による影響の軽減は不可欠です。この調査は3月まで続けられますが、タンチョウとの共生を模索する上で非常に意味深い結果が得られると思います。

 調査ボランティアは随時募集しているそうです。事故発生状況調査の他、観光客の利用状況調査も行っているので、冬の観光シーズン本番のこれからは忙しくなることでしょう。1回のみの参加でも歓迎とのことです。興味のある方は是非ご参加下さい。

問い合わせ先:
(財)日本野鳥の会
鶴居伊藤タンチョウサンクチュアリ
(0154)64?2620


鶴見台給餌場に集まるタンチョウ


看板・電線の上を通過し鶴見台へ「出勤」するタンチョウ。電線には衝突防止のガードが付けられている


氷点下の中、風よけを設置して調査(ストーブもあり)。写真左は森永AR。

ページ先頭へ↑

2006年09月20日10月は自然再生の森へ

釧路湿原国立公園 釧路湿原 磯野 満里子

秋の行事のご案内です。

釧路湿原国立公園内の達古武沼周辺では、「自然再生事業」の一環として、湿原を取り巻く森林の再生を試みています。

10月にこの達古武地域で2つの行事を開催し、自然再生の作業地を公開します!

湿原に親しみながら、自然再生の森をのぞいてみませんか?


◆自然ふれあい行事
「釧路湿原丘陵地の森を歩こう?達古武自然再生事業地?」

 日  時:10月1日(日) 10時?15時
 集合場所: 達古武オートキャンプ場
 参 加 料: 200円(保険代)
 定  員: 20名
 申 込 先: 釧路湿原自然保護官事務所
       お電話でお申し込み下さい
      受付用電話番号 090-5224-8897
 
*展望のよい「夢見が丘」を目指しながら、森を散策。
 自然再生作業地については自然保護官らによる解説を交えます(ARも解説を担当します)。


◆自然再生を考える調査体験会
「森林と動物をしらべる
 その1 タネ集め・苗作りと、タネを運ぶ動物をしらべる」

 日  時: 10月21日(土) 9時?14時
 集合場所: 達古武オートキャンプ場
 参 加 料: 200円(保険代)
 定  員: 20名
 申 込 先: 釧路自然環境事務所
      お名前と連絡先を、FAXまたはメールでお送り下さい
      FAX 0154?32?7575
      メール takkob-info@cho.co.jp
 
*2004年から実施している調査体験会です。
 フィールド調査のプロが担当((株)さっぽろ自然調査館)。
 子供も楽しめる内容です!(小学生以下は保護者同伴でどうぞ)



達古武の広葉樹林(8月末)。10月には紅葉も期待?

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ