ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年04月12日トムラウシ南沼汚名返上プロジェクト

大雪山国立公園 上士幌 上村 哲也

「初夏の五色ヶ原」

初夏の五色ヶ原 初夏、まだ残雪が多く残る頃、パークボランティアのみなさんと沼ノ原クチャンベツ登山口から入山し、ヒサゴ沼野営指定地に泊まってトムラウシ山まで登山道整備に赴いたときの風景です。五色岳山頂を間近にして、来た道を振り返ると、大沼を抱えた沼ノ原越しにニペソツ山を望むことができます。

 五色ヶ原は、雪の消えるそばから高山植物が咲き乱れ、季節が移ろえば次々と花が代わり、紅葉期にも華やかに色づいて訪れる人の目を楽しませてくれます。

 残念ながら、現在、沼ノ原クチャンベツ登山口へ通じる層雲峡本流林道は、平成28年に台風などの被害を受け通行止めが続いています。

「トムラウシ南沼汚名返上プロジェクト...トムラウシ山では携帯トイレを使いましょう。...」

 上士幌自然保護官事務所は、「トムラウシ南沼汚名返上プロジェクト」に取り組んでいます。し尿ゴミの調査と回収

 トムラウシ山頂直下にある南沼野営指定地の周辺では、草陰や岩陰にし尿ゴミが散見され、野営地から物陰まで経路の高山植物が踏みつけられています。現状に衝撃を受け、自然保護官と十勝総合振興局の呼びかけに応えて多くの協力が集まり、平成29年4月にこのプロジェクトが立ち上がりました。新得山岳会、十勝山岳連盟、山のトイレを考える会、十勝西部森林管理署東大雪支署、新得町、上川総合振興局、十勝総合振興局(事務局)とともに、南沼野営指定地周辺において、携帯トイレの利用を促進することでし尿ゴミを無くし、踏み分けられたトイレ道の植生を復元することを目指しています。

 夏山シーズン、トムラウシ山には、麓の短縮登山口やトムラウシ温泉登山口から3,000人を超える登山者が登ります。表大雪や十勝岳連峰から縦走する登山者も多くいます。平成29年7月下旬から9月末までの限られた期間ですが、自動カメラを設置して設営されたテント数を調査したところ71日間に324張りを数えました。野営指定地で7回行ったアンケート調査に基づくテントひと張りあたりの平均宿泊人数から試算してみると調査期間中に約700人余りが宿泊したと考えられます。ただし、この調査は夏山シーズンを全ては網羅しておらず、悪天候による19日の欠測日を含んでいますから、実際にはこれ以上の人数になります。携帯トイレの普及啓発

 南沼にはトイレがありません。携帯トイレを利用するためのブースが1基だけ置かれています。し尿ゴミが無くならないのはブースが足りないからなのか、携帯トイレそのものが知られていないのか。プロジェクトでは、アンケート調査、利用者数調査を行い、携帯トイレの増設が必要か、その設置は、維持管理はどのように実現していくか、検討を積み重ねています。平成29年のアンケート調査では、84%の登山者が携帯トイレを装備していました。新聞などに大きく取り上げられ高い数字となりました。今後も普及啓発に力を注いでいきます。

トイレ道の植生復元 踏み分けられたトイレ道では、土壌や種子が流れ出るのを食い止め植生を復元しようと、周囲の植生に影響がないヤシ繊維のネットを敷きしました。多くの参加者が協力して資材を運び上げ作業しました。今後も経過を観察し、修繕や改良を施し、施工箇所を増やしていきます。

 登山者の皆様には、どうぞ高山植物の植生域に踏み込まず、汚物や使用済みの紙はお持ち帰りいただきますよう協力をお願いいたします。

ページ先頭へ↑

2018年04月11日釧路湿原東部三湖沼とそこに飛来する水鳥たち

釧路湿原国立公園 佐野 綾音

 皆さまこんにちは。

 4月に入り、釧路湿原にも少しずつ春の訪れを感じるようになりました。

 先ほど、日記を投稿した釧路湿原自然保護官事務所渡辺アクティブレンジャーよりバトンを受け取り、今回は春の訪れとして、釧路湿原国立公園内にある、3つの湖とそこに飛来している水鳥(カモなどの渡り鳥)についてご紹介したいと思います。

 北海道東部の湖は水鳥にとって、渡りの途中に翼を休める「経由地」となっています。越冬のため南方に移動する9~12月、越冬地から繁殖地へと移動する4~5月に、いろいろな種類の水鳥が見られます。一方、1~3月は湖全体が凍ってしまうため、水鳥のすみずらい環境になってしまいます。

 釧路湿原の東部にある、シラルトロ湖・塘路湖そして達古武湖にも現在多くの水鳥が飛来しています。私たちは、いつ、どんな水鳥が、どのくらい飛来しているのか、毎年9月頃から湖面の完全結氷までと、湖面の氷が解ける4月から5月頃まで調査を行っています。

 3月20日に調査を行った際は、シラルトロ湖及び塘路湖では、解氷面が一部出てきていましたが、達古武湖では全面結氷していました。

5W1H

シラルトロ湖

5W1H

塘路湖

5W1H

達古武湖(全面が凍結している)

 

 湖のほとんどが凍っている真冬の時期は、水鳥はほとんど見られず、オジロワシやオオワシ、タンチョウといった鳥が多く見られます。

5W1H

シラルトロ湖に集まる鳥たち

5W1H

達古武湖の凍結した湖面上にたたずむオジロワシ

 その後、4月5日に湖へ調査へ行くと...

 いずれの湖も全て解氷していました。

5W1H

シラルトロ湖

5W1H

塘路湖

5W1H

達古武湖

 そして双眼鏡や望遠鏡で湖を覗いてみると...

5W1H

 上の写真でみると、中央上部にいる2羽がヒシクイ(国の天然記念物、環境省レッドリスト絶滅危惧Ⅱ類)です。写真下部にいるのはオオハクチョウ、そして左側にいるのがヒドリガモです。

5W1H

 上記の写真の鳥は、白ベースに目の周囲が黒いことからパンダガモとも呼ばれているミコアイサです。他にも多くの種類の水鳥が飛来していました。

 これらの水鳥は、これから、シベリアなどの繁殖地に向けて渡っていきます。

 また秋に、繁殖地で生まれた子どもたちを連れて、釧路湿原に戻ってくるのでしょう。

 釧路湿原はまだまだ寒いですが、ぜひ一度、この時期ならではの水鳥観察にいらしてください。水鳥はもちろんのこと、晴れた日には湖面がキラキラと輝き素敵な景色を眺めることが出来ます。

 4月21日(日曜日)には、平成30年度自然ふれあい行事イベントとして、「早春の湿原 野鳥観察会」が標茶町にあるシラルトロ湖・蝶の森周辺で開催されます。このイベントでは、森の野鳥やシラルトロ湖に飛来している水鳥について、専門家の解説を聞きながら観察できるので、是非ご参加ください。お申込みやお問合せ先は塘路湖エコミュージアムセンターへ。

お申込み・お問合せ先

塘路湖エコミュージアムセンター

電話番号:015-487-3003

開館時間:午前10:00~午後5時(4月~10月)

休館日:毎週水曜日

ページ先頭へ↑

2018年04月11日パークボランティア研修会を開催しました!<パート2>

釧路湿原国立公園 渡辺欣正

釧路湿原国立公園パークボランティアたちの活動がより深く、より楽しくなるために開催している研修会。

前回の応急手当につづき、3/24(土)にも開催しました!(フレッシュな報告ではなく、ごめんなさい...。)

今回は、バスをチャーターしてラムサール条約登録湿地「厚岸湖・別寒辺牛湿原」へ!

私たちのフィールドである釧路湿原から一歩外に出て、厚岸水鳥観察館の澁谷さんから、お隣の湿原のこと、水鳥のことを学びました。

座学の冒頭。

澁谷さん「この鍋、なにかおかしいことに気づきませんか?」

5W1H 5W1H

(ヒントは右の写真)

「こういう誤認はよくあります。全種を覚える必要はないですが、大きさ、色、形、行動の特徴といった識別ポイントはおさえておきましょう!」と。

専門家ならではのおもしろい小ネタを交えながらの座学の後は、野外で実物の観察へ。

5W1H 5W1H

「全体的に黒い!あ、潜った!キンクロハジロのようだけど、白い部分は腹から背中で、くちばしの根元が白いのもいるから...スズガモだ!」と習ったばかりの観察のコツが活きました。

当日の資料はコチラ。カモの観察にオススメのポケット図鑑です。

http://www.biodic.go.jp/gankamo/seikabutu/data/report/IdentificationGuide_bypage.pdf

そして、釧路湿原国立公園にも、ただいま北帰行中の水鳥たちがやって来ていますよ!果たしてどんな鳥が見られるのでしょうか。水鳥調査から帰ってきたばかりの佐野アクティブレンジャーバトンタッチ!

ページ先頭へ↑

2018年03月30日ボッケ遊歩道リニューアル!

阿寒摩周国立公園 北川 栄司

ボッケ遊歩道の改修工事がひとまず終わり、ウッドチップも敷き詰め直され歩きやすくなりました。

柵も新しいものに交換され、全体的に明るい雰囲気になった気がします。

(改修されたボッケ遊歩道)

また、阿寒湖を望む個所に小さな展望スペースを設けました。

(ボッケ遊歩道展望台)

湖畔園地のトイレは、4月中旬頃を目処に使用を開始する予定です。

(工事中の湖畔園地トイレ)

今年は積雪も少なく暖かい日が続いており、雪解けが早く生き物たちも活発に活動し始めています。

ボッケ遊歩道も様々な生き物たちの音が聞こえています。

(駆け回るエゾリス)


(ドラミングをするオオアカゲラ)


(瞬膜が閉じた顔も撮れました)

(ゴジュウカラや様々なカラ類もさえずっています)


(ハクセキレイもお尻を振り振り歩き回っています)


(人気のシマエナガも飛び回っていました)

春の訪れを告げる生き物たちの声を聴きに、阿寒湖を訪れてください。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ