ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年05月26日グリーンウェイブ2017に参加しました!

利尻礼文サロベツ国立公園 青山留美子

パークボランティアとの活動が目白押しになってきた、稚内の青山です。

521日(日)に、グリーンウェイブ2017の活動として、「苗木の床替え」作業をしてきました。

グリーンウェイブ2017とは、522日(国際生物多様性の日)前後に世界各地の子どもたちの手でそれぞれの学校や地域等で植樹等を行う活動です。

豊富町稚咲内(わかさかない)では、利尻礼文サロベツ国立公園に指定されている砂丘林内の一部で、毎年秋に植樹を行っている場所があります。

グリーンウェイブ2017の活動に賛同するため、今年は春にも活動することになりました。

苗畑には、地域の皆さんで集めたドングリから育てた苗木が所狭しと育っています。


ここから1本ずつ掘り起こし、別の畑に植え直す作業です。

植え直すことで、ヒゲ根がたくさんつくようにし、活着しやすくします。


主役の子どもたちは、

サロベツの自然の中で様々な活動をしている「なまら!!サロベツ∞クラブ」の子どもたちで、

ジュニアパークレンジャーの活動として、一緒に汗を流しました。

子ども用の仕事はありません。大人と同じ道具で同じ作業を、協力しながら頑張りました。


地元稚咲内の方たちと、パークボランティアも含めた全27名で、移植した苗の本数は292本でした。

最初は途方もない作業だと思っていましたが、新たに整列した苗畑がうまれるまで、あっという間の1時間半でした。



秋の植樹が楽しみです! それまで、しっかり根を広げてね~!

ページ先頭へ↑

2017年05月26日ポン山の山頂の植生保護活動

利尻礼文サロベツ国立公園 今泉潤

こんにちは。北海道北緯45°の離島、利尻島ARの今泉です。

利尻島といえば標高1721mの利尻山が有名ですが、標高444mの「ポン山」というかわいらしい名前の山もあります。山麓の駐車場から徒歩40分ほどで山頂に行けるハイキングコースとして人気がある場所です。来訪者が多ければ植生を傷める機会も増えてしまいます。
そこで毎年5月中旬に地元ガイドのみなさん・町役場の人たちとともに踏み付け予防のための植生保護活動をしています。

活動内容①杭を打ちロープを張って立入り可能範囲の制限 

活動内容②サークル状に石を置いて貴重な植生があることを示す 

活動内容③看板で明示

登山に尻込みしている人もポン山なら大丈夫かもしれません。ぜひチャレンジしてください。

上級登山者はクールダウンに?下山途中にポン山も訪れて利尻山を別の角度からご覧ください。

作業前のポン山山頂の様子

 


杭打ち作業 と ロープ張り


利尻山を背景に参加者のみなさんと

          

ページ先頭へ↑

2017年05月25日アクティブ・レンジャー写真展 開催のお知らせ!

大雪山国立公園 渡邉 あゆみ

環境省 北海道地方環境事務所には12名のアクティブ・レンジャー、希少種保護増殖等専門官が在職しています。


山・海・森・川・動植物、自然を愛する私たちは、美しく希少な北海道の自然環境を大切に活用し、そしてその自然を次世代へ繋いでいくため、国立公園や日本有数の渡り鳥の渡来地である鳥獣保護区の維持管理や現地調査、動植物との共存方法を考えながら保護・増殖をしたり、地域の関係者と現地で汗を流しながら、日々様々な業務に励んでいます。

そんな私たちの活動を知ってもらい、北海道の自然の素晴らしさを伝え、自然環境保護への理解を深めてもらうため、今年度「アクティブ・レンジャー写真展」を開催することとなりました!


写真は、私たちが業務中に撮影したもので、各地域の特性・魅力が伝わりやすい作品になっています。

写真の他、アクティブ・レンジャー紹介パネルや撮影地パネル等も展示します。

道内各地で展示をしますので、スケジュールをご覧になって頂き、お近くの方は是非ご来場ください。

また、会場にはアンケートを設置します。写真展の感想など、アンケートに回答してくださった方には記念ポストカードをお渡ししますので、是非アンケート記入のご協力をよろしくお願いします。

アクティブ・レンジャー写真展はいよいよ6月1日(木)サロベツ湿原センターからスタート!

是非、私たちの写真展にご来場頂き、北海道の雄大な自然・動植物の魅力を見に来てください。また、アクティブ・レンジャーの活動を知ってもらえたら嬉しいです。

【北海道アクティブ・レンジャー写真展のお知らせ】

http://hokkaido.env.go.jp/to_2017/29.html

先日、パークボランティアの皆さんと春山研修のため、スキーで三段山に登りました。

ピークから見た十勝岳連峰は、春山から夏山へと季節が大急ぎで移っていくのを感じました。

稜線の向こう側では鈴なりのツボミが待ち受けていること、響き渡るウグイスの鳴き声、雪解け水の音...ただ季節が巡ることがどうしてこんなにも心を温めてくれるのでしょう。まばゆい白銀の山に後ろ髪を引かれつつも、生き物の息づかいがする緑色の山や靴の底から伝わる土の感触も愛おしく、いつの季節も何度でもこの景色に励まされ、自分にとっての楽園はここであると、山からまた生きる糧をもらいました。


ページ先頭へ↑

2017年05月24日夏への扉

知床国立公園 ウトロ 高橋 優太

The Door into Summer

山の新緑が暖かな陽射しに輝いて、時まさに春!たまに暑くてTシャツ短パンになる日がある知床国立公園・ウトロの高橋です。Tシャツ短パンと言えば、もはや夏と言っても過言ではないでしょう。そして夏と言えば......そう、「山」ですね!!!

ほぼ夏山の羅臼岳

羅臼岳はまだ残雪豊富ですが、四捨五入すればおおむね夏山です

というわけで夏山シーズン到来に先立ち、知床半島最高峰・羅臼岳に続く登山道の準備をしてきました。羅臼岳の登山道はウトロ側、羅臼側にそれぞれ1つずつあり、今回はそのウトロ側、岩尾別登山口での作業です。

登山基地・木下小屋

岩尾別登山口に建つ羅臼岳登山者たちのベースキャンプ、木下小屋

  登山口には、情報掲示板が設置されています。冬になると雪に埋もれてしまうため、壊れないよう毎年秋に

 解体し、春を迎えて夏山シーズンが始まる今時分に組み立てる、というのが慣例になっています。

組み立て作業Before 組み立て作業After

Before → After

登山道関係者(環境省、林野庁、北海道、地元山岳ガイド、山小屋管理者等々)らが集まり、協力して作業をおこないました。

掲示板の屋根をつける 記入台をつける

掲示板は重厚かつ頑強な金属製で、屋根などは持ち上げるのに大人4、5人がかりの代物ですが、毎年多くの方々が参加してくださるおかげでサクサク組み立てられていきます。

サクサク組み立てられていく様子

サクサク組み立てられていく様子

完成 登山道情報が貼り出された様子

ここにヒグマの出没状況や雪渓や危険箇所の状況など、登山道の最新情報が貼り出されます。羅臼岳に登られる方は入山前にぜひともチェックしてください!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ