ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年07月27日7月30日開催!THEキャンプフェス ~山の日制定記念~

支笏洞爺国立公園 高橋祐子

みなさま、こんにちは。今日はイベントの告知です。

いよいよ今週の土曜日に迫ってまいりました

羊蹄山のふもとで行われる『THEキャンプフェス ~山の日制定記念~』!!

私たち洞爺湖自然保護官事務所で企画したのは

トークライブ!!

完成するまで長い長い道のりがありました。

今年から休日に指定された『山の日』

そのコンセプトは

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝すること」

自然やその恩恵・そこを選んで生きている人々・動物・植物

いろいろなことがつながり、絡み合って成り立っている世の中

羊蹄山を通して、そういう自然のいろいろを

みなさまともに体感し、共に歩み、後世につなげていけたら...

そんな思いを胸に

地元の方・各関係機関の皆様・登壇してくださるゲストのみなさまと一緒に創り上げてきました。

トークライブ登壇者

四角友里氏 (アウトドアスタイル・クリエイター)

古市竜太 氏 (マウンテンガイド・コヨーテ代表)
近藤英輝 氏 (蝦夷富士避難小屋・小屋番)
吉田亜希子 氏 (後志総合振興局 保健環境部環境生活課 自然環境係専門員)

当日、お近くにいらっしゃる方はぜひ!いらしてください!!

場所:羊蹄山自然公園(羊蹄山真狩登山口)

ページ先頭へ↑

2016年07月27日利尻山コマドリプロジェクトPR活動

利尻礼文サロベツ国立公園 今泉潤

利尻山の困(コマ)ったことを取り(トリ)除くプロジェクトは2014年より実施されています。困ったこととは登山道の荒廃やトイレ汚物による植生への悪影響です。

登山道の維持整備には継続的に多額の費用がかかり地元自治体・林野庁・環境省も費用負担しながら改善をすすめていますが足りません。そのために登山者や観光客の方に趣旨を理解して頂き賛同して下さった方から1口1000円の寄付を募りお礼としてバッチを進呈しています。今年も例年登山者が一番多い7月の連休にPR活動を行いました。


コマドリは本州では珍しい鳥ですが利尻島には高密度に生息しており、利尻富士町・利尻町両方の「町の鳥」です。PR活動中も会場そばで美しいさえずりが聞こえました。


開催した7/18は予報の雨ではなくよく晴れた日でした。

利尻富士町・利尻町・利尻森林事務所・(株)トレイルワークス・利尻礼文サロベツ国立公園パークボランティアの会・環境省が合同で行いました。また利尻島自然情報センターも共催で外来種除去活動を現地で実施しました。

登山道上では補修活動を実際に行ってPRし、山麓ではボードを使って説明して登山道利用者への理解を深めることができました。

今後もこの活動を継続して、利尻山と登山道の荒廃予防に役立てます。


ページ先頭へ↑

2016年07月22日真夏となって・・・

利尻礼文サロベツ国立公園 小笠原涼太

みなさんこんにちは。礼文担当アクティブレンジャーの小笠原です。

最近、日本はとても暑い日々を迎えていますね。まさに夏真っ盛りです。

日本各地の高い気温を見て、「うわあ...」と声を上げております。

礼文町も暖かい陽気に包まれてはいるのですが、たまに寒さを感じることもあります。

やはり日本で最も北にある町というのは伊達ではありません。

そんな最近の礼文島の様子をご紹介します。

 

(少し靄に包まれながら。自画自賛ながら悪くない画が取れたと自負しています(笑))

 

かなり目立つようになってまいりました、エゾカワラナデシコという花です。咲いている場所は礼文島中といって差し支えないのではないでしょうか?事実、私は礼文島のあちらこちらのトレイルコースでこの花を見かけています。

見頃は8月との事なので、これから礼文島を訪れようと考えている方たちにはまさにといった花でしょう。

 

そして、こちらの花。

(別名、エーデルワイス。セイヨウウスユキソウではありませんが、同じウスユキソウ属の花です。)

 

別名を知っている方は多いのではないでしょうか?レブンウスユキソウです。

写真ではアップでとっているため大きく見えますが、実際は小さなお花です。

礼文町の町花ともなっています。礼文林道コース内にあるレブンウスユキソウ群生地は現在すばらしい花畑となっています。

 

そんな貴重かつ美しい花々を守るための活動も行われています。

713日には「高山植物盗掘防止合同パトロール」が再び実施されました。

(パトロール中に利尻山がはっきりと。この日はいい天気でした。)

 

パトロールしていますよとのアピール、利用者の方々への活動の周知と普及と、より多くの方々が花々を慈しみながら、笑顔で楽しく観賞できるように様々な活動が行われています。

 

夏の暑さにうんざりした方々も多いと思います。涼を取りに、花に癒されに、ぜひ礼文島へといらっしゃってください。

ページ先頭へ↑

2016年07月21日ホタルウィーク始まります

釧路湿原国立公園釧路湿原 平川 正詩

 釧路湿原自然保護官事務所 平川です。夏でも涼しい釧路湿原でもようやく半袖のシャツを着る機会が多くなってきました。釧路湿原にも夏がきたなと感じるイベント、温根内ビジターセンターでの自然観察会「ホタルウィーク」をご紹介します。

 昼はこのようなさわやかな湿原ですが、日が落ちて夜になると・・・

 このように、歩道脇からちらちらとホタルの光が見えてきます。昼と夜でだいぶ違った景色が楽しめるのはこの時期だけです。ビジターセンターでホタルの生態と観察のルールを学んでから夜の湿原へと出かけて行きます。観察する際には木道から落ちないよう十分お気をつけてください。しばらく歩くと暗さにもなれホタルも見つけることができるようになるでしょう。なお、ホタルウィーク中はスタッフのサポートがありますので、夜の歩道が不安なかたでも安心して観察することができます。

・開催日時 7月29日(金)~31日(日) 午後7時30分~9時まで 7時30分までにビジターセンターにて受付を済ませてください

・定員 各日20人(事前予約が必要です、30日(土)が定員まで余裕があります)

・持ち物 懐中電灯、虫除け(ホタルも虫ですのでなるべく控えましょう)

・服装 長袖、長ズボン、足下が滑りやすいので長靴か、滑らない靴(サンダル、革靴はやめましょう)

・問い合わせ先 温根内ビジターセンター TEL:0154-65-2323

 なお、ビジターセンターは現在建て替え工事中です。旧ビジターセンター手前の仮設の施設にて運営していますので初めての方はご注意ください。

 トイレもホタルウィーク期間内はスタッフがいる間はご利用できます。ただし、トイレの数が少なくなっていますのでなるべく用をすませてからお越しください。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ