ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年12月01日知床にもいた!奇妙な生きものにご対面!

知床国立公園 羅臼 宮奈光一郎

 今年も最後の月を迎えました!

 早いものですね。

 今回は今年1年知床で出会った生きものの中でも、一際奇妙な生きものをご紹介させていただきます。

葉の裏に隠れているオカモノアライガイ(2016年6月撮影)

 こちらの写真の生きものをご存知でしょうか。オカモノアライガイと呼ばれる水辺周辺に生息する陸生の巻貝です。知床・羅臼でも水辺周辺の植物を観察していると、よく見かける生きものですが、皆さん、この生きものに寄生する奇妙な生きものを見たことがあるでしょうか。

        それがこちら↓(ちょっと閲覧注意)!

陽のあたる葉の上にいるLeucochloridium.spに寄生されたオカモノアライガイ(2016年9月撮影)

 ロイコクロリディウム(Leucochloridium:属)と呼ばれる寄生虫です。

 どこにいるの?と思われたかもしれません。よくよく触覚を見てください。

 奇妙なしましま模様になっていませんか?

        拡大すると...

Leucochloridium.spに寄生されたオカモノアライガイの拡大写真(2016年9月撮影)

 写真奥が正常な触覚です。写真手前の触覚にはあきらかに他の生きものが入り込んでいます。これがロイコクロリディウム(属)です。

Leucochloridium.spがオカモノアライガイの体内に複数確認された(2016年9月撮影)

 ロイコクロリディウム(属)は終宿主(寄生虫が成体になったときに寄生している生きもの)を鳥とする寄生虫です。鳥の体内で卵を産み、卵は糞に混ざって外に出ます。卵入りの糞を食べたオカモノアライガイが寄生されてしまうというわけです。オカモノアライガイはロイコクロリディウム(属)にとって中間宿主、終宿主である鳥にたどり着くための中継地点となります。

 さて、どうやってロイコクロリディウム(属)はオカモノアライガイから鳥にたどり着くのでしょうか。結論から言えば、オカモノアライガイごと鳥に食べてもらうことで、たどり着きます。オカモノアライガイに食べられたロイコクロリディウム(属)は、体内で成長すると1、2枚目の様に触手に移動し、上下(?)に脈動することで触手をイモムシに似せ、鳥に餌だと思わせます。ただし、オカモノアライガイは日光を好まないので、そのままだと暗い場所に移動してしまい、鳥に見つけてもらえません。そこで、脳に影響を与え、明るいところにオカモノアライガイを移動させます。

 こうして、オカモノアライガイごと鳥に食べられ、体内に入ったロイコクロリディウム(属)は成長して新たな卵を産む、というなんとも奇妙な一生を送るわけです。

 知床を訪れると、ヒグマやオオワシといった大型の生きものに目が行きがちですが、小さな生きものの世界にも魅力が沢山あります。知床に訪れた際には是非、様々な目線で自然を観察していただけたらと思います。

ページ先頭へ↑

2016年11月29日初冬の知床

知床国立公園 笠井 憲子

 知床連山は雪化粧を施し、冬の装いとなっています。知床国立公園です。

 雪が降り始め、知床峠やカムイワッカ湯の滝への道路は冬季閉鎖となりました。

 観光客の姿も減っていき、閑散としています。

 こんな時期だからこそ、万が一に備えて訓練をしました。

 知床五湖園地内で地元ガイドさん達や知床五湖フィールドハウスのスタッフとで、救急搬送の訓練です。

 ザックを使用しての背負い搬送

 担架を使用しての搬送

 搬送される前田R

 様々な場面を想定しながらの搬送訓練でした。

 背負い搬送は体格差がある場合は厳しいなど反省点もありましたが、色々な搬送用具を使用しての訓練は大変勉強になりました!

 知床五湖フィールドハウスに常備している救急用具の確認にもなり、ガイドさん達からも有意義であったと感想がありました。

 知床五湖園地は112515:00に閉園いたしました。

 しばし静かな知床となりますが、1月末頃の流氷の訪れと共に賑やかになって来るでしょう。

ページ先頭へ↑

2016年11月24日今、富良野・原始ヶ原がアツイ

大雪山国立公園 渡邉 あゆみ

こんにちは、東川の渡邉です。

今年はいつになく早い冬の訪れとなりました。

東川町も11月と思えない軽い雪が舞い、自然から冬山へのいざないを受けているかのようです。

これから半年間、モノクロの世界となる大雪山、十勝岳連峰。

アイゼンをきしませ雪稜を一歩ずつ確かに登っていく、吐く息は凍りフェイスマスクも段々固くなっていくー。

困難と知りつつも無限に湧いてくる山への情熱。それは岳人を引きつける冬山の力なのでしょう。

また今年も白い頂きの旅へー。

【富良野岳へ】

さて、今年から8月11日が新たに「山の日」として国民の祝日に加わりました。

これを記念して、富良野市において12月4日(日)にシンポジウムを開催することとなりました。

急なご案内となりますが、モンベル辰野会長のご講演や、今年山の日に原始ヶ原湿原で植生復元のために設置したヤシネットの報告、原始ヶ原の今後についてのパネルディスカッションなど、原始ヶ原にスポットを当てた一日となります。

皆様のご来場、是非お待ちしております!!!

山の日制定記念シンポジウム 富良野で国立公園を考える

~世界に通用するナショナルパーク・大雪山の隠れた魅力「原始ヶ原」の保全と利用について~

ページ先頭へ↑

2016年11月22日黒岳雪山シーズン始まりました

大雪山国立公園 上川 大久保 智子

冬景色の上川自然保護官事務所の大久保です。

今年の層雲峡は雪の量が多く、毎日雪が降っている黒岳では、スキー場は予定通り11月11日にオープンしたので行ってみました。

大雪山で気軽に雪を見たいという方々で埋まったロープ-ウェイからは、見える雪景色に歓声が上がってました。

スキー場の積雪は2mもあり、スキーヤーやボーダーがカラフルなウェアで白いゲレンデを賑やかにしており、国際色も豊かでなんだかとっても楽しい雰囲気でした。

山の方に目を向けると数パーティが山にいました。時折節煙を巻き上げる風に当たりながら高度をゆっくり上げていたり、上の方からは楽しそうな声を上げながらあっという間に滑り降りてくる人の満面の笑みをみて、雪山シーズンの幕開けを感じてきました。

11月から雪遊びができるなんて大雪山最高です!!


黒岳でバックカントリーを予定される方は、天候、雪の状態など十分に状況を把握して入山して下さい。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ