ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

釧路湿原国立公園 釧路湿原

169件の記事があります。

2019年12月16日わくわく楽しい野外学習へ パート2

釧路湿原国立公園 渡辺欣正

20192月に釧路湿原へ来てくれた小学生たちが、再び帰ってきてくれました!(過去の日記はコチラ

「この1年でさらに色々なことに興味を持っています。」と担任の先生。それならば!と今回の野外学習では4つの調査隊 ①動物班 ②湧き水班 ③裏山班 ④植物班 の中から好きな班を選んでもらい、湿原へ出かけることにしました。

私がガイドしたのは、①動物班。まずは、湿原の動物ぬいぐるみ探しゲームをしました。

あらかじめ本物そっくりのぬいぐるみを、そこで暮らしているかのように隠しておいたのですが・・・

5W1H 5W1H

遊び始める頃には雪が降り、特にエゾユキウサギやイイズナが見つけづらかった模様。おかげで夏と冬で毛色が変わる理由がよく分かりました!

5W1H 5W1H

「でもどうして野生の動物ってなかなか会えないんだろう?」と質問すると、「冬眠してる!」、「数が少ない!」、「夜行性!」など素晴らしい答えと共に、「動物班なのに動物に会えないの~?」と残念がる声が返ってきました・・・。だよね・・・。

すると、クルルッ!と大きな鳴き声が。なんとタンチョウ3羽が私たちの横を飛んでいったのです!こんな奇跡もあるんですね。

それでも運に頼ることなく、動物を探ることのできる方法・アニマルトラッキングを紹介すると、子どもたちは謎の痕跡を次々と見つけていきました(答えは日記の一番下)。

5W1H 5W1H

5W1H 5W1H

さらに、ルート沿いで見つけたエゾシカ、エゾタヌキ、キタキツネの糞も採取して、温根内ビジターセンターで徹底解剖!普段どんな餌を食べているのか、じっくり観察しました。

5W1H 5W1H

すると、②湧き水班が、水槽に生き物を入れて持って帰ってきました。冬でも凍らない沢の中を網でガサガサして、エゾトミヨやエゾアカガエルを発見したようです。

5W1H 5W1H

「気温より湧き水のほうが温かい~。」とずっと足をつけていた子もいたそう。なんだかタンチョウみたい。

③裏山班は、湿原に面した丘で「牡蠣の化石」と「軽石」を発掘しました。目の前に広がる大湿原が、昔は海だった証拠をつかんだのです。そして遠くには噴煙をあげる火山も見えたとのこと。将来は考古学者かな!

5W1H 5W1H

そのふもとでは、④植物班が色々な形の落ち葉を拾ってマイ図鑑を作ったり、種子を遠くに運ぶための仕掛けを学んでいました。

最後は、調べてきたことの報告会。自分で選んだテーマとだけあって、話が途切れることはありませんでした。楽しいことがいっぱい詰まった釧路湿原、またいつでも帰ってきてください!

▼答え▼

左上:クマゲラ、右上:エゾシカ

左下:アカゲラ、右下:エゾタヌキ でした!

ページ先頭へ↑

2019年09月10日離島巡視〜大黒島〜

釧路湿原国立公園 佐野 綾音

皆さまこんにちは。

北海道内外各地で猛暑日が記録されていますが、冷涼な釧路湿原でも今年は暑い!と9月に入ってからも半袖です。

先日、一泊二日で離島の巡視に行ってきました。厚岸町に位置する大黒島です。

大黒島は島全体が国指定鳥獣保護区(特別保護地区)に定められており、海鳥にとって、とても大切な集団繁殖地となっています。

天候に恵まれ快晴の中、港からいつもお世話になっている昆布漁漁師さんの船に乗って出発しました。

5W1H

講師である厚岸水鳥観察館専門員と環境省職員2名で船に揺れながら海上の様子を確認。

島に上陸後、尾根沿いを徒歩で巡視しながら、鳥類20種及び植物約40種(開花・結実しているものを含む)を確認しました。

5W1H 5W1H

<巡視の様子とハッカの花(とても良い香りがしました)>

この時期、海鳥の繁殖はすでに終わっており、詳しい繁殖状況まで分かりませんでしたが、地面には営巣穴が無数にありました。

5W1H

<ウトウのものと思われる営巣穴>

崖の上にとまるオジロワシやハヤブサといった猛禽類の他、オオセグロカモメやウトウ、夜にはコシジロウミツバメを観察することができしました。

5W1H 5W1H

<オジロワシとハヤブサ>

定点調査(沖合調査)では、ゼニガタアザラシやラッコ、カマイルカといった海獣類も確認されました。

暑い日だったのでとても気持ちよさそうに見えました。

5W1H 5W1H

<定点調査地からの眺めと確認したウミウとラッコ>

また、翌朝(2日目)の巡視では、海岸沿いで昆布漁が盛んに行われていました。

5W1H 5W1H

<昆布漁の様子>

今回の巡視では目立った異常はみられませんでした。

しかし、気がかりなこともありました。

それは、海岸に漂着していた数々のゴミと島に生育していた外来植物です。

ゴミは、海鳥や海獣類、魚などの生き物が誤って飲み込んでしまい、それが原因で命を落としてしまうこともあります。これは、一人一人がポイ捨てをしない等の工夫で被害を減らすことができます。

また、外来植物の存在は、本来の自然の姿を変化させてしまうことがあります。それは、植物単体への影響のみならず、在来植物と共生している他の多くの生き物の住処を奪ってしまう可能性もあります。

私たちが気軽にできることは、外来植物の種子を靴裏につけて運ばないことなのかもしれません。

今後も、ゴミ問題や外来植物に注視しながら、自分ができることに取り組み、様々な生き物たちと一緒に平穏な日々を過ごして行きたいと思います。

最後に、大黒島の巡視を終えたばかりですが、もう来年の巡視が待ち遠しい今日この頃です...

5W1H

ページ先頭へ↑

2019年07月02日釧路川の清掃活動へ

釧路湿原国立公園 渡辺欣正

6/12()6/14()の清掃活動を行ってきました。遅ればせながら、今日はその様子をアップします。

1回目は茅沼カヌーポートを出発し、細岡カヌーポートまでを。2回目は塘路湖から岩保木水門までを。どちらも距離にして15kmありますが、川の流れが後押ししてくれます。

5W1H 5W1H

釧路湿原で一番人気のアクティビティであるカヌーツアー。ハイシーズンを前に、「しっかりキレイにしてお客様をお迎えしたい。」と地元カヌーガイドさんをはじめ、釧路川を愛する仲間たちも一緒です。

5W1H 5W1H

そして手に持ったらゴミで満タンにしたくなる不思議なゴミ袋。アウトドアメーカーのコロンビアさんからご提供いただきました。絵柄もこの活動にぴったりだと思いませんか?

5W1H 5W1H

野生動物の記録も行い、JR釧網本線「くしろ湿原ノロッコ号」を川から歓迎する、という裏ミッションも果たし、

5W1H 5W1H

カヌーの中がゴミでいっぱいになったところでゴール!夏の準備が整いました。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!ピカピカの釧路川を下って、たくさんの感動と思い出をつくってほしいですね。

5W1H

ページ先頭へ↑

2019年06月18日初夏の夢ヶ丘達古武歩道へ

釧路湿原国立公園 渡辺欣正

昨年に引き続き、釧路湿原国立公園クリーンウォーク@夢ヶ丘達古武歩道が総勢31名でおこなわれました。新しく加わったパークボランティアの皆さんも、よつ葉乳業根釧工場より職員の方々が「地域のために貢献を!」とご参加くださいました。

よつ葉乳業さんは、第2土曜に行われるこのクリーンウォークに毎月ご協力いただけることとなりました。大変心強いサポート、この場を借りて感謝申し上げます。

さて、夢ヶ丘達古武歩道は、いつ来てもやっぱりキレイ。一方、歩道の終点にある長い階段は痩せ気味・・・。ということで土のう袋に入れたウッドチップを運び、階段に補給する活動をメインでおこないました。

5W1H 5W1H

「ここにもう1段あったほうがいい!」など皆さんの気づきと工夫で、どんどん良くなっていきました。

5W1H 5W1H

歩道の終点は、夢ヶ丘展望台!眼下を通過するJRノロッコ号を眺め、復路は自然観察を楽しみながら帰りました。

5W1H 5W1H

途中すれ違ったイスラエル人ハイカー2人が、「国立公園でレンジャーたちに出会えるなんてハッピー!こんな景色の中でボランティアできるなんてワンダフル!階段は上りやすくてソーグッド!展望台はアメイジング!」と皆さんの活動に感心していました。

釧路湿原を歩くなら、西の温根内木道、東の達古武歩道がオススメです!

ページ先頭へ↑

2019年06月18日定点撮影調査へ

釧路湿原国立公園 渡辺欣正

先日、釧路湿原国立公園の「定点撮影調査」に行ってきました。

これは、決まったポイントから季節や年を変えてパノラマ写真を撮影し、環境の変化を確認するための調査です。

調査地は全部で25箇所。そのうち辿り付くのが最も大変なのが、今回の地点。頼もしいパートナーであるパークボランティアの方々と地元ネイチャーガイドさん達にも同行いただき、入り組んだ山道を12km・・・頑張って歩きました。

5W1H 5W1H

では、読者の皆様も調査員になったつもりで、同じ時期の20年ほど前の写真と、今回撮ってきたばかりの写真を見比べてみましょう。
2001529日撮影▼

5W1H

20196月6日撮影

5W1H

何か発見はありましたか?

私は、湿原の手前にある丘に注目しました。淡い茶色の笹原から濃い緑色の森林へと変化しています。

実はこの一帯は、国立公園の特別地域に指定されている他、NPO法人トラストサルン釧路が民有地であった所を買い上げ、永続的な保全に取り組んでいる場所です。釧路湿原とそれを囲う丘陵地が、国立公園に指定されて32年。湿原を潤す水源の森が育まれていることがよく分かりました。

途中、見晴らしの良い所で休憩。「いつかここも森の中になって景色が見えなくなっても、湿原は喜んでいるだろう。」と話していると、ネイチャーガイドのおひとりがアイヌの伝統楽器・ムックリを演奏してくれました。太古の昔へも未来へもタイムスリップできそうな不思議な音色と空気に包まれました。

5W1H

ページ先頭へ↑

2019年04月23日パークボランティア募集中!

釧路湿原国立公園 渡辺欣正

只今、釧路湿原国立公園では、2年ぶりにパークボランティアを募集しております。私たちと一緒にパトロールに出かけたり、自然ガイドや清掃活動などをしませんか?詳細は、下記URLをご覧ください。

http://hokkaido.env.go.jp/kushiro/pre_2019/post_69.html

さて先日、パークボランティアの皆さんにもご同行いただき、釧路湿原を見渡せるキラコタン岬へ巡視に行ってきました。

5W1H 5W1H

今回は、既存の散策道や林道をつなげた16kmのルート。普段、ハイキングを楽しまれている散策道は5km程なので、それに比べるとかなり長い設定をしました。

というのも、私たちの任務は、国立公園での異常や違反行為、些細な変化を見つけること。可能な限り、定期的に、隅々までパトロールをしています。

5W1H 5W1H

結果、問題は見当たらず平和な日でした。湿原名物「谷地坊主(やちぼうず)」の間でミソサザイがさえずり、夏鳥のオオジシギ、オオジュリン、ノビタキ、ベニマシコとも久しぶりに再会。

別日には、こちらもパークボランティアの方々にご協力いただき、キラコタン岬の入り口に外来植物の種子除去マットを設置しました。ここから先は、国立公園の特別地域、そして国の天然記念物のエリア。良い環境、良い景色を守っていきたいです。

5W1H 5W1H

ページ先頭へ↑

2019年04月05日釧路湿原野生生物保護センターの池では...

釧路湿原国立公園 佐野 綾音

みなさまこんにちは。

釧路湿原野生生物保護センター(以下センター)の裏には池があり、春と秋の渡の時期に水鳥が多く飛来しています。真冬の間は完全結氷するため、水鳥は見られなくなりますが、池の氷が溶け始めると、どこからものなく水鳥が現れ、採餌したり休憩したりしています。毎日訪れる水鳥を観察するのが楽しみな今時期。

センターに勤めてから3年目になりますが、今までセンターの池にオオハクチョウが飛来しているところを見たことがありませんでした。釧路湿原近郊では珍しくないオオハクチョウ。道路に隣接しているからなのかな、池が小さいからなのかなと思っていました。

しかし、今シーズン初めてオオハクチョウが飛来している姿を目撃しました!

5W1H

釧路湿原野生生物保護センター展示室2階からの眺め

5W1H

休憩しているオオハクチョウ(若い個体)後ろにはマガモやヒドリガモの姿も...

観察していると、頭を水中に潜らせているオオハクチョウの周りをヒドリガモがうろうろしていました。

5W1H

頭を水中に入れて水草を探しているオオハクチョウと周りで様子をうかがっているヒドリガモ

ヒドリガモは潜らないカモ科(非潜水カモ)で、体が小さいので自力では採れない部分に生えている水草を、体の大きなオオハクチョウが水中から採ってくる水草のおこぼれを待っているようです。とてもほほえましい姿でした。

センター裏の池は、建物との距離が近く、展示室2階の窓からは水鳥を観察するのにとてもオススメです!望遠鏡も配備していて、双眼鏡も無料で貸し出ししております。

みなさまも是非、釧路湿原野生生物保護センターに足を運んでみてはいかがでしょうか。

釧路湿原にはシラルトロ湖・塘路湖・達古武湖といった湖沼があり、そこにも多くの渡り鳥が飛来しています。先日巡視した際には、湖面上は多くは凍っていました。その中でも、一部溶けている部分には水鳥が飛来していました。

5W1H

シラルトロ湖に飛来しているヒシクイ(オオヒシクイ)の様子

これから湖の氷が溶けると数多くの水鳥が飛来します。

今年のゴールデンウィークは10連休という超大型連休!ゴールデンウィーク中も多くの水鳥が飛来しています。是非、ドライブの最中に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

********************

釧路湿原野生生物保護センター

住所:北海道釧路市北斗2-2101

電話番号:0154-56-2345

開館時間:1000から1700

開館日:夏期無休(427日から10月末)

    冬期土日祝日休館(11月から4月末頃)

********************

5W1H

お休み中のマガモ夫婦

ページ先頭へ↑

2019年03月22日パークボランティア研修会を開催しました

釧路湿原国立公園 渡辺欣正

釧路湿原国立公園パークボランティア研修会「標茶町博物館へ行こう」を開催しました。

この博物館は、昨年7月オープンしたばかり。

5W1H

標茶町(しべちゃちょう)は、釧路湿原国立公園のおよそ半分を占め、さらに町の北側は阿寒摩周国立公園にもかかっており、自然と歴史の宝庫です。

5W1H 5W1H

そして私が一番驚いたのは、膨大な昆虫標本。どうしてこんなに充実しているのでしょうか?

5W1H 5W1H

標茶町には、「釧路湿原を開発一辺倒でなく、国立公園にして守ろう」と舵を切ったキーマンたちがいました。そのひとりが昆虫博士の飯島一雄さんで、このコレクションはすべて寄贈されたものだそうです。再現された研究部屋の中で、スタッフの金子さんに解説いただきました。

5W1H 5W1H

イイジマルリボシヤンマは、飯島さんが釧路湿原で発見した新種のトンボ。生涯をかけて取り組まれた地道な研究のおかげで、この国立公園があることを実感しました。

つづいて、学芸員の坪岡さんに「文化財」をテーマにした講話を開いていただきました。

有形文化財の出雲大社に平等院、無形文化財の人間国宝、そして天然記念物の釧路湿原。文化財の種類や保護の歴史をご紹介いただきました。

5W1H 5W1H

国立公園でもあり天然記念物でもある釧路湿原も、唯一無二の宝。その価値を再確認する、貴重な機会になりました。どうもありがとうございました。

↓おまけ↓

今回の研修会は、釧路駅からJR釧網本線に乗って行きました。車窓からは特別天然記念物タンチョウ。

5W1H 5W1H

塘路駅を出たら天然記念物オジロワシ&オオワシがお出迎え。お宝いっぱいです。

5W1H 5W1H

 

ページ先頭へ↑

2019年03月08日本日のお客様

釧路湿原国立公園 渡辺欣正

今日は巡視に行かず、内勤の日。年度末なので、書類を作ったり、来年度の準備をしたりと、事務に徹することも多い季節です。

事務所の外で、声が聞こえました。(ん?)

誰か来たようなので、窓の外を見ると...

5W1H

びっくり!釧路湿原大臣*タンチョウが表敬訪問をしに来てくれました。

「湿原をしっかり守ってくださいね。」と言われたようで気が引き締まりました。

3月は、タンチョウ夫婦にとって引越しの季節。湿原のどこにマイホームを建てようか、子育てには良い環境か、いろいろ悩みながら回っているようです。

私の職場も、国立公園の中にあって良い所ですよ。候補地として選んでもらえるよう、静かに見守ろうと思います。

ページ先頭へ↑

2019年02月19日わくわく楽しい野外学習へ

釧路湿原国立公園 釧路湿原 渡辺欣正

2/7()12()に釧路市内の小学校が、総合学習の時間を使って釧路湿原を訪れてくれました。今日の日記は、その楽しい時間のレポートです。

事前に矢部レンジャーが出前授業をおこなったので、子どもたちは日本最大の湿原に色々な生きものが暮らしていることを予習済み。

まずは、湿原を見渡せる北斗展望地を訪れました。みんな(寒いな...)という表情でしたが、「冬でも生きものは暮らしているのかな?」「対岸の丘までがぜんぶ湿原だよ。今からこの中へ探検しに行こう!」と伝えると、ワクワクした顔に変わっていました。

5W1H

その後、温根内ビジターセンターへ移動。矢部レンジャー率いるスノーシュー班と、私が担当する歩くスキー班に分かれて、最後にお互いの発見を報告しあうことにしました。

「いってきまーす!」

5W1H 5W1H

少し歩くだけで、色々な形の足跡を見つけることができました。寒い冬でも、姿は見えなくても、動物たちは元気にたくましく暮らしているようです。

5W1H 5W1H

左)エゾユキウサギと天敵のキタキツネが交差。もしも鉢合わせしていたら...!?

右)大きなエゾシカの隣を小さなネズミが歩いています。童話に出てきそうな世界です。

そして開けたところに出ると、遠くのほうにキタキツネがいました!観察してみると「下を向いている」、「しのび足で歩いている」などの声が。きっと餌となるネズミやウサギを探しているのでしょう。

5W1H 5W1H

その頃、スノーシュー班はというと、ありとあらゆるものが凍りついた湿原に湧く、""を探していました。これが、タンチョウを絶滅から救ったと言われる、冬でも凍らない水なのです。飲み水になるだけでなく、中には小魚やザリガニがたくさんいそうです。

5W1H 5W1H

スキー班の最後は、お楽しみゲーム「ウサギとキツネのかくれんぼ」をしました。真っ白な冬毛のウサギ役は、白いシーツをかぶって林の中へ隠れに。鬼役のおなかをすかせたキツネは、耳を澄まし、足跡をたどり、目をこらしてウサギを探しに行きました。

5W1H 5W1H

パークボランティアの小川さん&藪本さんは、本物のウサギ同様"とめ足"を使って隠れたので、キツネたちは惑わされたようです。

ビジターセンターに戻ってからは、お互いに見つけたことを報告しあいました。目を輝かせて「湿原最高!」、「ここに住みたい!」、「レンジャーになってみたい!」と嬉しい反応がかえってきました。

残りの2月は、鶴居村内の小学校も2校来てくれることになっています。釧路湿原を大好きになってもらえるよう、私もサポートしにいきます!

<学校の先生方へ>

私たち釧路湿原自然保護官事務所とその関連施設では、総合学習や遠足などの時間を使った環境教育、湿原学習のサポートをしています。ご希望ありましたら、遠慮なくご相談ください(釧路湿原自然保護官事務所 0154-56-2345)

過去の事例→http://www.kushiro-ee.jp/scl/scl.html#aoba

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ