ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

苫小牧

53件の記事があります。

2019年11月18日鳥インフルエンザ糞便採取調査 ウトナイ湖

苫小牧 大久保 智子

こんにちは、野生生物課の大久保です。

ウトナイ湖で休息していた渡り鳥もだいぶ旅立っていきました。

渡り鳥の往来があると心配なのは野鳥の鳥インフルエンザの発生です。

日本における高病原性鳥インフルエンザの発生要因は、渡り鳥等の野鳥によりウイルスが運搬されていると考えられます。その理由として、渡り鳥が飛来する10月から5月の間の発生であることや、野鳥の糞や死亡個体から原因ウイルスが検出されること、発生のたびに新しいウイルスが大陸から国内へ持ち込まれていることから、渡り鳥による持ち込みであると推測されています。

高病原性の鳥インフルエンザは、伝染力が強く家きん産業に及ぼす影響が大きいため、毎年渡り鳥の時期には警戒しています。

鳥インフルエンザの感染の拡大を防ぐために、野鳥の異常の監視やウイルス保有状況の調査を行いウイルスの国内の発生を早期発見することが重要になっています。そこでウトナイ湖でも毎年、渡り鳥の飛来の時期に、糞便を採取しウイルスの保有状況の調査を実施しています。今年も10月24日に糞便調査を行い、検査したところ陰性でした。ひとまず安心です。

 

       採便の様子                  採水の様子

鳥インフルエンザウイルスは、野鳥を観察する程度の接し方では、ヒトに感染しませんが、死亡または衰弱した野鳥やその排泄物に直接触れると危険性が高まるので触らないでください。

野鳥にむやみに近付きすぎず冬鳥の観察を楽しんでください。

ページ先頭へ↑

2019年10月11日宮島沼にマガンが集まってます

苫小牧 大久保 智子

こんにちは、野生生物課の大久保です。

農業が盛んな美唄市宮島沼には、稲刈りが終わる頃、極東ロシアからマガンが渡ってきます。

宮島沼は、長い渡りの途中で羽休めをし、栄養を補給するための大切な中継地です。

鳴き声がする空を見上げるとV字編隊を組んでいます。

宮島沼で滞在中のマガンの1日の行動は、

朝、宮島沼を飛びたち、採食地へ向かうことから始まります。

田んぼで落ち穂などをお腹いっぱいになるまで食べます。

その後、午前中のうちに一度宮島沼に戻ってきて休息し、午後にはまた田んぼで採食する生活が基本です。

日中は、採食と休息の繰り返しです。ただ、天気が悪いときや、田んぼに十分な飲み水があるような時は、わざわざ沼に戻ってこないで、田んぼで休息することも多くなります。

夕方、日没前後になると、採食地に散らばっていたマガンは、編隊を組んで一斉に宮島沼に戻ってきます。

いわゆるねぐら入りです。キツネなどの天敵が活発になる夜間を、安全な沼で過ごしています。

先日訪ねた時には、天気が悪かったため、マガンはお出かけ中でした。

宮島沼にマガンが集まるのは、安心して休める沼とエネルギーを蓄える餌場があるからです。

田んぼで落ちモミを食べることを理解してくれる近隣農家さんの理解もあって、渡り鳥との共生が成り立っているところです。

マガンに安心して沼で過ごしてもらうために、宮島沼友の会通称ミヤトモで観察のコツやマナーを紹介していますので是非ご覧ください。

https://miyajimanuma.wixsite.com/miyatomo/geesewatch

宮島沼でのマガンの観察は、「早朝のねぐら立ち」「夕方のねぐら入り」がおすすめです。

「早朝のねぐら立ち」は朝5時半前後が目安で、「夕方のねぐら入り」は夕方5時前後です。渡り鳥の群れが一斉に飛び立つ様子はかなりの迫力があります。是非この感動を体験してみませんか?

ページ先頭へ↑

2019年10月07日10月のウトナイ湖

苫小牧 大久保 智子

こんにちは、野生生物課の大久保です。

9月にウトナイ湖野生鳥獣保護センターで開催していたAR写真展は無事に終了しました。ご来場いただいた皆様ありがとうございました。また100名以上の方にもアンケートに答えていただき大変ありがたかったです。皆様からのご意見やコメントが、これからの業務の励みにもなります。今後のAR写真展の参考とさせていただきます。

さて、9月30日にウトナイ湖野生鳥獣保護センターに行った際に車を降りたら、ウトナイ湖から賑やかな声が響き渡っているのが聞こえました。急いで湖畔に行くと、渡り途中のマガンやオオヒシクイやオオハクチョウが湖で羽根休みをしていました。ウトナイ湖は、鳥たちが越冬のために移動する秋の渡りの中継地点となっています。3,000~4,000kmもの距離を移動する壮大でドラマチックな旅の一端を垣間見ることができるとても貴重な場所です。

これから10月下旬にかけて渡り鳥がどんどん増えていくと思います。色々な鳥で賑わうのが今から楽しみです。

渡り鳥に中継地点に選ばれたウトナイ湖。鳥たちにゆっくり休んでもらえるよう驚かせないようにしたいものです。

よく見たら、羽を休める渡り鳥たちの向こうをシカが歩いていました。

また、今のウトナイ湖散策路は、木々が彩り豊かな実をつけており、その間をシジュウカラが飛び回っています。

鳥の声で賑やかになる10月、水鳥や小鳥を観にウトナイ湖に来ませんか?

ページ先頭へ↑

2019年09月10日ウトナイ湖で秋を感じて

苫小牧 大久保 智子

こんにちは、野生課の大久保です。

ウトナイ湖では、涼しい風が頬をなでるようになりました。秋の渡りで賑やかになる前の静かなこの季節は、湖畔沿いを散策するのにもってこいです。

今日の巡視では、

 

漆の紅葉とドングリの赤ちゃんをみつけ、秋を感じてきました。

散策路沿いにはまだ花も咲いています。

   

  キンミズヒキ      ツリフネソウ      キツネフリ       ノコギリソウ

森の小鳥たちは、繁殖期を終えたのでさえずりが聞こえなくなり、とても静かですが、時折散策路脇にも現れます。今は、アオジ、センダイムシクイ、クロツグミ、ウグイスなどがいます。

ウトナイ湖畔にあるウトナイ湖野生鳥獣保護センターでは、ウトナイ湖の自然や鳥の紹介を行っているほか、展示室からウトナイ湖を望むこともできます。

また、ウトナイ湖鳥獣保護センターの2階では、9月3日から29日まで2階でアクティブレンジャー写真展を開催しています。

北海道地方環境事務所のアクティブレンジャーが業務中に撮影した選りすぐりの写真を展示しています。国立公園や鳥獣保護地区で撮影した景色や動植物の写真をみると、撮影された場所にきっと訪れたくなると思います。

今年のアクティブレンジャー写真展の案内はこちら

  

秋を探しにウトナイ湖に是非お越しください。

ページ先頭へ↑

2019年08月02日ウトナイ湖夏休み子どもスペシャル 「野生動物を守る!獣医さんと環境省のお仕事体験」

苫小牧 大久保 智子

こんにちは。6月に北海道地方環境事務所 野生生物課に着任した大久保です。

大雪山国立公園の上川地区から札幌に移ってきました。

これからは野生生物課の業務の活動を報告していきますので、よろしくお願いします。

苫小牧市のウトナイ湖は、国指定鳥獣保護区に指定されており、そこにウトナイ湖野生鳥獣保護センターという施設があります。

ここでは、ウトナイ湖の自然を学ぶための展示を行い自然情報を発信したり、ウトナイ湖及び鳥獣保護区周辺で保護された傷病鳥獣の救護活動なども行っています。

そのウトナイ湖野生鳥獣保護センターで、7月27日(土)に夏休み子どもスペシャル

「~野生動物を守る!獣医さんと環境省のお仕事体験~」というイベントを行いました。

前半は、ウトナイ湖野生鳥獣保護センターの獣医さんなどから野生動物を守ることの意義や、傷病鳥獣発生の原因について説明を受けつつ、救護施設や保護収容されている鳥の見学を行い、その後実際に鳥を治療する際に暴れないように保定をしたり、治療の際のポイントを教えてもらったりと獣医さんの体験をしてもらいました。

後半は、環境省レンジャーのお仕事体験として、ウトナイ湖散策路の現地調査を行ってもらいました。現地調査では、動植物の自然情報の収集や、整備した木道などの利用施設の点検を行います。今回のお仕事体験で観察できた動植物のシールをマップに貼ったりメモをとったりしてもらいました。

参加してくれたのは、小学4,5年生を中心に15名。はじめから積極的で、いろいろなことに関心を持ってくれたので、緊張していた私は、子どもたちに救われる思いでした。これから見る力や探す力を養い、ずっと自然環境への興味を持ち続けていてくれたらいいなと思いました。

これからもウトナイ湖の自然の素晴らしさをもっと勉強していき、伝えられる機会をつくっていきたいと思います。

ページ先頭へ↑

2019年06月07日長い間お世話になりました

苫小牧 平 尚恵

皆さん、こんにちは。

突然のご報告ではございますが、この度、6月7日をもって8年1ヶ月勤めた北海道地方環境事務所を退職することになりました。

酪農学園大学を卒業し、一度は民間企業に勤めましたが、野生動物の保全活動に携わりたいという思いを諦めきれず、カナダでワーキングホリデーとして1年間滞在しながらSPCAという野生動物保護センターでボランティア活動を行いました。その経験の中で、さらに野生動物保全への思いを強くし、帰国後の平成23年に環境省の北海道地方環境事務所 野生生物課でアクティブレンジャーとして勤務することになりました。

新任当初は環境行政のなんたるかを全く分かっておらず、理想ばかりが先を行き壁にぶつかることも多くありました。そのたびに落ち込み、なぜ思い通りに動物を守ることが出来ないのかと苦悩する毎日でした。それでも僅かな希望を持ち続けて業務に当たることが出来たのは、いつも暖かく、時には厳しく指導してくださった、ウトナイ湖や宮島沼センターやの皆さまをはじめ、研究者の先生方、これまでお仕事をご一緒させていただいたすべての皆さま、また歴代のレンジャーが常に側にいて、サポートしてくださったおかげです。

この場をお借りしてお礼を申し上げます。長い間、本当にありがとうございました。

皆さんにいただいた数えきれない優しさは、これから私が出会う、全ての動物と人に全力で返していきますね!!

退職後は、スコットランドのアバディーン大学で海洋保全について学ぶ修士課程のコースに進む予定です。先ずは10週間の語学コースでみっちり英語を勉強し、その後本コースが始まります。イギリスの修士課程はコースワークだと1年間で卒業しなければならないので、かなり忙しいようです。

このコースでは、海洋ほ乳類と人の軋轢を緩和すつ方法について学ことになるようですので、日本でも応用出来る先進事例を持ち帰ってこられるように、しっかりと学んできたいと思います。

語学もさることながら、初めて学ぶ海洋保全の分野ですので、授業についていけるかはとても不安ですが、私の大好きな海洋ほ乳類が幸せに暮らせる海を守るべく頑張ります!!

帰国しても野生動物の保全に携わって行きたいと考えていますので、皆さんともどこかで再会できればとても嬉しいです。

再会のその日まで、しばし修行に出て参ります。

それでは、長い間お世話になりました。行ってきます!!

ウトナイ湖      最後は、最高に綺麗なウトナイ湖を見た時の写真で。 私は右の緑色です。

ページ先頭へ↑

2019年05月08日宮島沼に夏鳥を見に来ませんか!

苫小牧 平 尚恵

皆さまこんにちは

宮島沼も担当しております。平です。

宮島沼(美唄市)には毎年、マガンの群が春と秋の渡りの中継地として訪れます。

普段はゆったりした時間の流れる宮島沼ですが、この時期だけは湖面はマガンやヒシクイ、ハクチョウ類で、センターはバードウォッチャーで大賑わいです。

沼では、早朝に塒立ち(ねぐらだち)と言って、周辺の田畑へエサを食べるため、日の出ご頃に一斉に飛び立つ光景が見られます。

~私が初めて宮島沼のマガンの塒立ちを体験したときの様子です~

寒さに耐えながら、白い息を吐き、観察小屋の横に立っている私の耳に、突然、走っているはずのない貨物列車の音が沼の奥から地響きのように届きました。次の瞬間、黒い塊が沼の奥からこちらに迫ってきたかと思うと、一瞬で空を埋め尽くし、薄曇りだったわずかな空の光を遮り、再び暗闇が訪れました。

あのときの衝撃と、生命の力強さは今も忘れられません。マガンの塒立ちはまさに圧巻です!!

沼の奥から迫ってくるマガン

沼の奥から迫ってくるマガン

薄暗い早朝 一斉に飛び立つマガンの群

空を埋め尽くすマガンの群

そう、そしてマガンは今年もちゃんと宮島沼にやって来ました。

先月の4月16日に宮島沼を訪れたときには、ちょうど6万羽に達したところでした。

沼の横で観察していると、近くに居た群が一斉に沼に戻ってきて、私の頭上を「ヒャララン・ヒャララン」と鳴き合いながら、旋回して沼に下りていきました。

 

        沼近くの畑で             賑やかな声に上空を見上げると

 

春の渡り鳥たちはすでに北帰してしまいましたが、これからは夏鳥の季節になりますので、沼の野鳥観察はまだまだ楽しめます。

センターのパンフレットに宮島沼歳時記として、各月に観られる野鳥や見所を紹介していますのでご覧下さい。パンフレットはセンター入り口に置いてあります。

宮島沼歳時記

また、最新の野鳥の情報は順次更新される、ミヤログからもチェックできます。こちら

周囲を田んぼに囲まれた宮島沼はどこか懐かしい雰囲気が漂っていて、都会の喧噪を離れ一時の休憩するにはもってこいの癒やしスポットです。是非、宮島沼水鳥湿地センターへお越し下さい。

ページ先頭へ↑

2019年03月15日瀕死のオジロワシを搬送しました

苫小牧 平 尚恵

皆さん、こんにちは。

冬になると北海道各地で、極東ロシアから越冬のために渡ってきたオオワシやオジロワシを観察することができます。

ozirowasi

流氷に舞うオジロワシ

(羅臼自然保護官事務所)

そんななか、道央でオジロワシを収容しました。

保護してくださっている方から連絡をいただき現地に到着したときには、すでにオジロワシの衰弱が激しく、目をかろうじて開けていられるくらいの状態でした。通常なら人が触れようとすると威嚇して暴れるのですが、この個体は全く抵抗することがなく、呼吸が弱く目を力なく瞬くだけでした。

さらに、オジロワシ特有の白い尾羽に緑色の便が付着していることに気付き、私の不安は一気に増しました。うつろな目、緑色の便、これは十分に鉛中毒の際にみられる症状を現していたからです。

midoriben

尾羽に付着した緑便

交通事故などで骨折した状態で保護されたオジロワシでも、移送ケージに移すときなど暴れて力一杯に抵抗するのですが、今回の個体は本当に気力も体力も突きかけているといった様子でした。

個体の体力を少しでも保つために車内をなるべく暖かく保ち、獣医さんとの待ち合わせ場所に向かいました。

駐車場で待っていてくれた獣医さんの車は大きなバンで、車内には診察台が備えられており大抵の処置ができるように設備が整っています。保護状況の説明を聞いた獣医さんが、急いで採血を行い血中の鉛濃度を計測すると、計測できないほど高いレベルでした。普通なら、数値ででるのですが写真のとおりHighと表示され、測定可能な範囲を振り切ってしまっていました。

high

血中鉛濃度の計測機器

獣医さんが、オジロワシの両足に補液、ビタミン剤を注射し、鉛を吸着して体外に排出するためのキレート剤を翼角の静脈に注射しました。

酸素が出ている保育器のなかに個体を寝かせ、ここからは獣医さんが釧路湿原野生生物保護センターまで搬送します。私は、この個体の無事を願いながら、未だに無くならない鉛による猛禽類の被害に憤りを感じなら事務所へ戻りました。

oziro

力の無い目をしたオジロワシ   

今回のオジロワシがどのようにして鉛を体内に取り込んだのかはっきりしたことはわかりませんが、1つの可能性として、エゾシカ猟の際に使用された鉛弾を受けて死んだシカを、オジロワシが食べるときに謝って鉛弾の破片も一緒に誤飲したことが考えられます。※鉛弾は使用、所持が禁止されています。

鉛弾で捕殺したシカを適切に処理せずに林内に放置した場合、そのシカの死体はワシを含む野生動物に食べられます。自然界において獲物を奪い合う場合、力のある個体から順に獲物にありつくことができます。つまり、本来生存能力が高く子孫を多く残すであろう個体から、鉛散弾の被害に遭ってしまうのです。

今回のオジロワシも立派に頭部が白くなった、成熟した固体でした。

人の生活に起因する野生動物の死は様々な原因があります。例えば、交通事故、建物や風車への衝突、生息地の破壊など私たちの生活とは切り離せない理由が大半です。ただ、この鉛中毒に関しては鉛を自然界に出さないという、ただそれだけのことで防ぐことができる死因なのです。

遙か極東ロシアからはるばる渡ってきたワシたちが、安心して冬を過ごすことの出来る北海道でありたいと、そう強く願っています。

hoikuki

保育器に入って釧路へ向かう

ページ先頭へ↑

2019年02月07日雪の滑り台が登場!!

苫小牧 北海道地方環境事務所

皆さん、こんにちは。

ウトナイ湖担当の平です。

今年の札幌はとても雪が少ないのですが、ここ数日は気温も下がりパウダースノーが降り積もっています。

札幌の大通公園では雪祭りも開催されており、沢山の観光客の方が北海道らしい雪を満喫されているのではないでしょうか。

さて、22日は世界湿地の日という湿原の記念日なのですが(詳しくは、こちら)、この日に合わせて2月中、ウトナイ湖でも色々なイベントを行っています。

23日(日)は、結城保護官と私が解説をしながら、ウトナイ湖の湖岸や林をスノーシューで探検しました。当日は天気もよく、18名の方に参加いただきました。雪の上に残った生き物の足跡を観察したり、湖面の氷上に止まっているオオワシやオオハクチョウ、ゆったりと飛んでいるオジロワシなどの生き物を観察したりしました。

湿原は私たち人間を含め、様々な生き物の生活の場です。

残り少ない最後のオアシスを皆で大切にしていこうじゃありませんか。

結城さん解説

イベントの様子:結城保護官が雪の上に残る生き物の足跡を解説

イベントの様子:上空を飛ぶオジロワシを発見!!

イベントの様子:上空を滑空するオジロワシ。氷の上にはオオワシも。

イベントの様子:ウトナイ湖の上でハイチーズ

※環境省のイベントで安全管理を行った上で、特別に湖面を歩きました。

許可が無い限り、危険ですので氷の上には絶対に上がらないで下さい。

また、2月中の毎週土日は、日本野鳥の会レンジャーの解説を聞きながら野鳥観察が出来る、冬のミニツアーが開催されていますので是非お越し下さい。

☆イベントの詳細はこちら

今回のイベントに合わせて、センター横に雪でミニ滑り台を作りました!!

苫小牧市は雪があまり降らないので、除雪機で雪をかき集め、水を掛けながら雪を固めて作りました。雪不足でジャンプ台の設置は断念・・・。しかし、途中から90度のカーブを付け、中々楽しい仕上がりになりました。

センター森の休憩室側の出入り口に、ペレットの空き袋で作ったソリも置いてありますので、いつでもご自由に遊んで頂けますよ。


結城保護官(福岡県代表)も滑ってみましたが、途中のカーブで一回転

野鳥の会の和歌月レンジャー(東京都代表)もくるりと反転

もしや、真っ直ぐ滑る技術は道産子だけの特技??センターの道産子たちは勢いよく下まで滑りきることが出来ました。(笑)

翌日はエゾリスも訪れたそうです。

気に入ってくれたのかな?

 

日本野鳥の会:和歌月レンジャー提供

ページ先頭へ↑

2018年11月22日秋のウトナイ湖で、シマフクロウを学ぼう 完

苫小牧 平 尚恵

皆さん、こんにちは。

今日は11月11日に開催したセミナーについてご報告します。

なんと、当日は59名もの方々にご参加いただきました!!

正直、驚いています。こんなに大勢の方が一度にレクチャールームに入れたことに。(笑)

冒頭は当所の太田課長補佐が「シマフクロウ保護増殖事業の歩み」と題して、1990年には100羽以下まで生息数が減ったシマフクロウを、研究者の方々や行政が絶滅を危惧し開始した、保護活動の歴史についてお話しました。続いて、シマフクロウ環境研究会代表の竹中氏に、シマフクロウの棲む森で今何が起きているのかについて、データに基づいた科学的なお話をしていただきました。

アンケート結果をみていただくと当日の様子がよく分かるので、いくつかご紹介します。

【アンケート結果より】

○保全事業には、環境省や専門家が頑張るだけではなく、様々な機関との連携が必要

なことが分かった。

○私の住む地域でも近い将来見ることができるだろう、というのが印象に残りまし

た。

○ 繁殖には餌が重要で、その餌を守るために河川や森林の環境整備をしなくて

はいけないということが、とてもストンと理解できました。

○ シマフクロウの住む10km圏内に豊かな自然が広がり他の動物も暮らしやすい

こと、最終目的は生息環境の保全で、ただ数を増やせば良いという簡単な問題ではな

いことが分かった。

○ このようなセミナーを聴かせていただくのは初めてで、何もかもがとても新鮮で

した。剥製に触って、より分かりやすかった。

 

他にも紹介しきれないほど、沢山のコメントをいただきました。

皆さんの真剣な眼差しや、剥製を触ったときの驚きの表情、次から次に飛び出す質問の嵐に皆さんの関心の高さが伺えました。剥製も大好評で、休憩時間やセミナー終了後にも部分標本の羽を手に取ったり、ツーショットで記念撮影をしたりされていました。写真で見るよりも大きな体と、寒い地域に適応した形態などシマフクロウの特徴を知っていただくことが出来たようです。剥製となっている子は、残念ながら事故で死亡した個体を活用しています。イベント後はヘアスタイルがボサボサになってしまうのですが、毛繕いをして指にクリームを塗り、美容にはしっかりと気を遣っていますよ。(笑)

シマフクロウの羽とツーショットシマフクロウ剥製

↑シマフクロウの羽標本と一緒に

大人が持っても片羽だけでこの大きさです。

←シマフクロウの剥製

このシマシマ模様が名前の由来。ではなく、北海道=島 

島に住んでいるフクロウでシマフクロウです。

 

シマフクロウは絶滅が危ぶまれる種の中でも、その数を順調に増やし、保全活動への協力者も多く居る、希望の光と言える種だと思います。

アイヌの方には「コタンコロカムイ:村の守り神」とされているシマフクロウですが、皆さんの街を守りに来てくれるには、もう少し時間が掛かりそうです。

これから数が増えるにつれて、交通事故などの人間活動に由来する事故、ごく一部のカメラマンによる行き過ぎた撮影行為など、まだまだ心配の種は尽きません。

皆さんが直接、河川や森の環境改善に手を加えることは難しいですが、シマフクロウと正しく付き合っていくことは誰にでもできます。

例えば、皆さんがシマフクロウの写真を目にしたとき、一瞬だけ疑問を持っていただけないでしょうか。

例えば、ヒナの写真はどのようにして撮影されたのか。巣の真下から、あるいは巣穴まで登り、威嚇するヒナを撮影したのではないだろうか。その行為を、餌をくわえた親鳥が警戒し、近づけずに遠くから見ていたのではないだろうか。

環境省では理由が無い限り、個人の方にはシマフクロウの写真を提供していません。

もし、あなたが行政や研究者以外の方が撮影したシマフクロウの写真を目にしたとき、その写真は必ずしもシマフクロウの生態に配慮した写真ではないかもしれません。

      標識調査中、遠くから注視する親鳥    

      標識を着けられたヒナ

皆さんの正しい理解が、これからどんどん人目に付くであろうシマフクロウが、安心して子育てすることのできる環境を守ることに繋がります。

そして、シマフクロウの保護活動には環境省だけではなく、森を守る林野庁、川を守る開発局、その地域を一番理解している住民の方々の協力が不可欠です。垣根のない保全の環が一つに繋がったとき、この札幌の街にもシマフクロウの声が届くかもしれません。

いつか、窓のむこうから「ぼーぼー、う゛ー」って聞こえる日が来るのかな~。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ