ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

利尻礼文サロベツ国立公園 稚内

194件の記事があります。

2018年06月06日自然再生事業地で、ヒメシャクナゲに包まれる

利尻礼文サロベツ国立公園 青山留美子

薄着になる前に、顔と手だけが日に焼けてきて困っている、稚内の青山です。

531日、パークボランティアさんと共に、自然再生事業地へモニタリングを兼ねて巡視に行ってきました。

サロベツで環境省が行っている自然再生事業地は3箇所ありますが、どれも普段は立ち入ることができない場所となっています。調査等で入るための木道はつけられていますが、一人が通れる幅しかなく、バランスを崩すとすぐ湿原に落ちてしまうため、バランス感覚が求められる場所です。


そんな木道の状態を確認することと、自然再生事業地の現状を見ること、そしてその道中では、初夏を迎えつつあるサロベツ湿原を楽しむことを目的に行ってきました。

だだっ広い中を延々と木道が続きます。この木道の先では、2000年始めまでの30数年間、泥炭の採掘をしていました。当時、採掘に使われていた浚渫船(しゅんせつせん)という船が、サロベツ湿原センター横に展示されています。

掘った跡地には、製品として使われなかった残りが戻されました。戻されたあと、順調に植生が回復している所もあれば、回復せず何十年も植物が生えていない裸地の場所もあります。

環境省では、その裸地の場所に植生が定着するお手伝いをしています。

写真の中央あたりが、裸地の場所にネットを敷いている様子です。


少しずつですが、着実に植生が増えています。最初はミカヅキグサ(上の写真で灰色に見える所は全てこの植物の枯れた状態です)ばかりですが、その間から様々な種類が出てきています。

また、掘った跡がそのまま残り、開水面として残っている場所も多くあります。

遠くでカモ類やアオサギ、近くではツメナガセキレイが舞い降りる姿が確認できたり、水際を好む植物などを確認したり、自然に活用されている様子を垣間見ることができました。


泥炭採掘跡地の自然再生事業地は、大きく手を加えていくのではなく、これからも変遷を見守っていきたいと思う場所です。

更にこの周辺は、ミズゴケを中心とした高層湿原の植生を楽しめる場所でもあります。

この日は、ヒメシャクナゲが見頃でした。


小さな花が、あちらこちらに咲いていてピンクの絨毯になっている様は圧巻です。

ミズゴケの中に、ツルコケモモの実が残っているのも見つけました。

細い木道でバランスを保ちながら頑張って歩いた、ご褒美をもらえた気分になりました。


高層湿原だけではなく、中間湿原部分も見応えがあります。この日は、咲く一歩手前のエゾカンゾウを見つけたり、ワタスゲの穂や、行きでは閉じていたタチヤマリンドウが帰りには開いている所を見ることができたりと、道中は楽しい発見がいっぱいです。


普段入れない調査用木道は、サロベツ湿原の歴史、課題、取り組み、湿原植物、鳥などなど、様々な要素を見る、知る、感じることができる素敵な場所です。

行ってみたくなった方、いませんか?

普段入れない場所だからと、がっかりする必要はありません!

10月まで毎週1度、ガイドの案内で行く「バックヤードツアー」が開催中だからです。

私たちが今回行った、泥炭採掘跡地を見に行けます。

詳しくは、下記をご覧下さい。

http://sarobetsu.or.jp/swc/topics/950/

サロベツを満喫できること、間違いなしです。

少数定員ですので、要確認と要予約でお願いします。

湿原では、次の主役たちがスタンバイ中です。皆様のお越しをお待ちしております!


ページ先頭へ↑

2018年05月25日春爛漫な礼文島にて

利尻礼文サロベツ国立公園 小笠原涼太

こんにちは!

礼文島担当アクティブレンジャーの小笠原です。

今年度も礼文の様子をしっかり伝えていけるように頑張ります!!

さて、暖かい日が続いた4月、逆にちょっと肌寒く感じる5月が過ぎていく中、礼文島はすっかり花の季節を迎えています。春の花の代表格「エゾエンゴサク」や「キバナノアマナ」、そして桃岩展望台では初夏に咲く「エゾノハクサンイチゲ」が一面に花を咲かせています。


※霧が立ちこめた桃岩展望台より。白いエゾノハクサンイチゲがあちこちに見えます。春から初夏に掛けてよく見られる、礼文島の風物詩とも言えますね。

これから夏に向けて少しずつ暖かくなっていく礼文島。

今はまだ芽だけですが、もう間もなく礼文を代表する「レブンアツモリソウ」が咲く季節もやって来ます。礼文の花のシーズンは盛り上がりを見せています。


※写真中央に生えているのがアツモリソウの芽です。ここの株はそれなりの大きさですが、アツモリソウ群生地の株はまだサイズが小さいです。最近の気温の変化が生育に影響を及ぼしているのでしょうか。

そんな春と夏の間を行き来する日々が続く中、先日、礼文町で「みどりの日」自然環境功労者大臣表彰伝達式が行われました。

本来は東京で執り行われる本式典ですが、諸事情により礼文町にて北海道地方環境事務所の所長が代行する形で、表彰状伝達式が行われることとなりました。

表彰されたのは、礼文島在住の杣田美野里さん。昔から礼文の自然を愛し、環境保全に精力的に活動してきた方です。環境省も大変お世話になりました。これからも宜しくお願いします!!


※杣田さん(右)と北海道地方環境事務所長(左)。杣田さんはエッセイストでもあり、自然について色んな本を執筆なさっています。是非読んでみてください。

めでたい出来事も重なって礼文島はどんどん活気付いています。

礼文島は今年も賑やかになりそうです!

ページ先頭へ↑

2018年02月23日ワシゴマセンサス2018

利尻礼文サロベツ国立公園 今泉潤

こんにちは。北海道最北、国境離島である利尻島の今泉ARです。


オオワシ・オジロワシは環境省レッドブックの絶滅危惧種に指定される希少野生動物です。それらの動物が増えているのか減っているのか長期にわたって固定された条件の元で調べることは重要な活動です。

オオワシ: http://www.env.go.jp/nature/kisho/hogozoushoku/owashi.html

オジロワシ: https://www.env.go.jp/nature/kisho/hogozoushoku/ojirowashi.html

毎年2月の第三日曜日は北海道全体で一斉にオオワシ・オジロワシを観察し、その数を調査しています。

利尻島にも精悍なオオワシ・オジロワシが冬になるとシベリアより渡ってきます。同時期にゴマフアザラシもやってきます。これらの数をカウントして記録するのが「ワシゴマセンサス」です。

今年から利尻礼文サロベツ国立公園パークボランティアの皆さんにも参加を募り一緒に調査を行いました。

前日はフェリーが欠航するほどの荒れた天気でしたが当日は雪ときどき晴れの好天に恵まれ、観察日和でした。利尻町立博物館の学芸員、地元在住の方々に混じって稚内パークボランティアも参加し総勢7人でマイクロバスにのって出発!観察に適した天候エリアを優先的に訪れるために時計反対回りで島を一周しました。

車内で誰かが見つけると他の人が確認します。遠くなのでカラスと間違えてしまうこともしばしば。
安全に停車できる場所で下車し双眼鏡やフィールドスコープで観察。その美しさ・精悍さに驚きやため息が聞こえてきます。

今年は残念ながらオオワシを発見することはできませんでしたが、オジロワシが8羽、ゴマフアザラシを2頭確認できました。

緑あふれる夏の利尻島も良いのですが、厳冬期2月の利尻島もその時期ならではの大自然に出会えます。天候次第ですが毎日飛行機もフェリーも運行しています。冬も営業している宿もあります。来冬はワシゴマセンサスに参加してみませんか? 誰でも参加できますので事前申し込みをお願いします。


マイクロバスから真剣に探す



ワシの観察



オジロワシ発見!(フィールドスコープにデジカメを合わせて撮影)



まとめ---観察種別と数の確認



当日は見えませんでしたが月に1~2回利尻山山頂までの素晴らしい景色に出会えます

201822日の仙法志御崎園地からの写真)

ページ先頭へ↑

2018年02月07日冬のカモ観察会を開催しました!

利尻礼文サロベツ国立公園 青山留美子

今日はとても寒いな~と思っていたら、稚内の事務所からも流氷が見えました!

寒さに震えながらも、流氷に胸弾ませている、稚内の青山です。

事務所のある建物内より撮影(奥のぼやっとした山並は、サハリンです)

流氷もやってくるほど寒い毎日ですが、2月3日(土)に、稚内の港を舞台に「冬のカモ観察会」を開催しました。


寒い中、わざわざ港に出かける訳ですが、その甲斐があると思えるほど、冬にしか見られない海鳥たちに出会える場所です。

当日は、パークボランティアさんの協力を得ながら、会場設営や資料準備などを行いました。

そして、港で見られるカモしれない鳥たちをまずは写真で紹介し、双眼鏡の練習もして、港に行ってからの準備を万全に整えます。

港に移動したら、いよいよ観察&調査の開始です。

調査は、稚内の代表的な3種類であるコオリガモ、シノリガモ、クロガモを4年前からカウントしてもらっています。

今回はそれらを見つける前に、オジロワシが止まっていたり、オオワシが旋回していたり、更にはゴマフアザラシが顔を出していたりと、とてもラッキーな出会いが沢山ありました。

移動する度に風が強くなり、寒さが増していきましたが、約1時間、港での観察を皆さん楽しまれていたようでした。


皆さんがカウントした今年の結果は以下の通りです。

コオリガモ 1315

クロガモ 21+

シノリガモ 40+

今までのカウント数と比べると、数は少ないのですが、

近くで見ることができたり、大群でいるところが見えたりなど、満足感が得られました。

サービス精神旺盛な子ばかりいてくれたのでしょうか?

寒い毎日ですが、今しか見られない鳥たちが、私たちの日常の近くにいます。

あなたの町の港にもきているカモしれません。

是非、会いにいってみて下さい。

ページ先頭へ↑

2017年08月01日利尻山登山道整備協働作業

利尻礼文サロベツ国立公園 今泉潤

こんにちは。北海道最北の街である稚内の60km沖に浮かぶ利尻島ARの今泉です。

8/1現在、山に残雪はまだあるものの、登山道上の雪は完全に消失し本格的なシーズンとなりました。

毎年恒例の沓形コース登山道整備を7/18に利尻町職員・林野庁職員・登山道整備専門家・ARと協働で行いました(鴛泊コースは7/27 に利尻富士町職員を中心に実施済)。

当日は好天に恵まれ効率的に作業ができたものの、日差しが強く暑く体力を消耗しました。

作業内容は、標識設置・矢印マーキング塗装 歩道維持のための草刈り ③登山道上にある木材防腐  ④山頂付近の登山道崩壊予防のためのテンサー設置を行いました。

<鉄筋等の資材荷上げ (急勾配箇所では特に集中力を要する)>


<写真左=地名板の設置>             <写真右= 草刈り前は道が見えないほど>


<写真左=木部防腐塗装>              <写真右=テンサーを用いた土留設置>


<花畑・残雪・沖に浮かぶ礼文島>


<参加者集合写真>


楽しい登山のために以下のことを念頭に置いてぜひ百名山利尻へどうぞお越し下さい。

◯ 悪天候時は登山を延期する。または早めに途中下山を決断する。

◯ 水を最低2リットル (今泉は3.5㍑持参しています)

◯ スタートは日出をふまえできるだけ早い時刻に(8/15=日出時刻は4:36)

◯ 下山も早い時刻に(例:15時頃)

◯ 携帯トイレ持参とトイレブースの位置確認

ページ先頭へ↑

2017年06月28日上サロベツ自然再生協議会が開催されました!

利尻礼文サロベツ国立公園 青山留美子

6月は寒い日が多く、もうすぐ7月になるとは思えない稚内の青山です。

そんな623日(金)、上サロベツ自然再生協議会が豊富町で開催されました。

環境省も協議会メンバーの一員であり、自然再生事業実施者として自然保護官からの報告などもあるため、同行しました。

豊富町と幌延町にまたがっているサロベツ湿原の中で、豊富町側を上サロベツ湿原と称しています。この上サロベツ地域では、湿原のとなりに町の基幹産業である酪農地帯が広がっています。湿原と農地がとなりあう環境で、生じている様々な課題を解消し、湿原と農業の共生を目指した「上サロベツ自然再生協議会」が、平成17年に発足しました。

現在、自然再生事業を行っているのは、環境省北海道地方環境事務所、稚内開発建設部、北海道森林管理局の行政機関だけですが、構成員には他に、地域住民、関係団体、研究者など幅広く参加しています。自然再生事業は、多方面からの意見をふまえ、承認を受けて進められています。

協議会は年に一度で、日頃お会いする機会が無い方々が集結するため、私にはとても新鮮な場です。

研究者の方からの指摘や意見は目の付け所が違い、とても勉強になります。

札幌などから宿泊を伴って参加される皆さんからは、改めてサロベツ湿原の魅力や凄さを教えていただいています。

協議会員の2年の任期が満了し、新たなスタートとなったこの日の協議会では、会長や各部会の座長などが滞りなく決まり、また1年後の協議会へ向け、それぞれの活動が始まりました。

サロベツ湿原には、きれいな花が咲いている奥で、密かに行われている湿原を守る取り組みがあります。

更に奥には、それを支えている多くの方々の協力と、強い想いのある方々が集まっている協議会があるのです。

その支えがあるからこそ、時間のかかる自然再生の取り組みが、ここ上サロベツ湿原で行われているのだと、強く思った一日でした。

ページ先頭へ↑

2017年05月26日グリーンウェイブ2017に参加しました!

利尻礼文サロベツ国立公園 青山留美子

パークボランティアとの活動が目白押しになってきた、稚内の青山です。

521日(日)に、グリーンウェイブ2017の活動として、「苗木の床替え」作業をしてきました。

グリーンウェイブ2017とは、522日(国際生物多様性の日)前後に世界各地の子どもたちの手でそれぞれの学校や地域等で植樹等を行う活動です。

豊富町稚咲内(わかさかない)では、利尻礼文サロベツ国立公園に指定されている砂丘林内の一部で、毎年秋に植樹を行っている場所があります。

グリーンウェイブ2017の活動に賛同するため、今年は春にも活動することになりました。

苗畑には、地域の皆さんで集めたドングリから育てた苗木が所狭しと育っています。


ここから1本ずつ掘り起こし、別の畑に植え直す作業です。

植え直すことで、ヒゲ根がたくさんつくようにし、活着しやすくします。


主役の子どもたちは、

サロベツの自然の中で様々な活動をしている「なまら!!サロベツ∞クラブ」の子どもたちで、

ジュニアパークレンジャーの活動として、一緒に汗を流しました。

子ども用の仕事はありません。大人と同じ道具で同じ作業を、協力しながら頑張りました。


地元稚咲内の方たちと、パークボランティアも含めた全27名で、移植した苗の本数は292本でした。

最初は途方もない作業だと思っていましたが、新たに整列した苗畑がうまれるまで、あっという間の1時間半でした。



秋の植樹が楽しみです! それまで、しっかり根を広げてね~!

ページ先頭へ↑

2017年05月26日ポン山の山頂の植生保護活動

利尻礼文サロベツ国立公園 今泉潤

こんにちは。北海道北緯45°の離島、利尻島ARの今泉です。

利尻島といえば標高1721mの利尻山が有名ですが、標高444mの「ポン山」というかわいらしい名前の山もあります。山麓の駐車場から徒歩40分ほどで山頂に行けるハイキングコースとして人気がある場所です。来訪者が多ければ植生を傷める機会も増えてしまいます。
そこで毎年5月中旬に地元ガイドのみなさん・町役場の人たちとともに踏み付け予防のための植生保護活動をしています。

活動内容①杭を打ちロープを張って立入り可能範囲の制限 

活動内容②サークル状に石を置いて貴重な植生があることを示す 

活動内容③看板で明示

登山に尻込みしている人もポン山なら大丈夫かもしれません。ぜひチャレンジしてください。

上級登山者はクールダウンに?下山途中にポン山も訪れて利尻山を別の角度からご覧ください。

作業前のポン山山頂の様子

 


杭打ち作業 と ロープ張り


利尻山を背景に参加者のみなさんと

          

ページ先頭へ↑

2017年05月18日冬の片付けと夏の準備

利尻礼文サロベツ国立公園 稚内 今泉潤

こんにちは。

北海道北部の離島、利尻島ARの今泉です。

標高1721mの利尻山にはまだ雪がたくさん残っており例年7月下旬でも楽しめます。


夏の登山シーズン準備があちこちで着々と進んでいます。

役場や島の人たちとの協働作業も多くあります。

先月は環境省の看板を養生するブルーシート撤去作業がありました。

今回は登山口近辺にある除雪ポール撤去・駐車場位置看板設置・登山届提出ボックス設置・携帯トイレ回収ボックスの設置を行いました。

濃霧で気温も6℃でしたが2時間で無事に終了しました。


10月下旬にはこれらの逆の作業があります。

冬の島は暴風雪の日もあります。冬期間の設備劣化を防ぐために地味ですが大切な作業です。

 

写真左:濃霧に覆われた見返台園地駐車場      写真右:撤去された除雪ポールと固定鉄骨

写真左:差し込んだ標識をボルトで固定、写真中:二輪車の駐車案内標識、

写真右:携帯トイレ回収ボックスの固定

ページ先頭へ↑

2017年05月11日目覚めたサロベツ

利尻礼文サロベツ国立公園 稚内 青山留美子

稚内でも桜の開花宣言がでました!

この最北にも春が到着し、一気に緑が増え、春らしさを実感している稚内の青山です。

桜が咲く前でも、

あちらこちらで咲いているミズバショウやエゾエンゴサクなどの春一番の花たちや、

あちらこちらで見られた北帰行中の渡り鳥たちによって、

春が来ていることはひしひしと感じていました。


春の予感でうきうきするゴールデンウィークは、

最北にとっての目覚めの時期とも言えます。

冬の間眠っていた植物、動物(人も含む)が一斉に動き出します。

冬の間眠っていた建物や場所なども、併せて開かれていきます。

幌延ビジターセンターもその一つです。

51日、半年の眠りから目覚め、開館しました。

室内には、開花情報や湿原についてなど知ることができる展示・映像もあります。

散策前に、是非お立ち寄り下さい。


そして、2階では、

「サロベツ・エコモー・プロジェクト活動報告展」を開催しています。

サロベツ地域(豊富町、幌延町)で活動し、「サロベツ・エコモー・プロジェクト」に登録された32活動についての昨年度の活動報告です。

「サロベツ・エコモー・プロジェクト」とは、サロベツの自然や文化を楽しむ活動の環を広げ、湿原と農業が共生する地域づくりを進めるための取り組みです。

サロベツ地域で行われている様々な活動を通し、この地域の事を知って頂けると思います。

館内の展示と併せて、是非ご覧下さい。


人による活動を室内で知り、外では動植物の活動に触れて、サロベツを満喫して下さい。

木道沿いでは着々と、新たな季節を感じとれますよぅ♪

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ