北海道のアイコン

北海道地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

キラコタン岬よりこんにちは

2018年04月27日
釧路湿原国立公園

まだ桜前線が到達していない釧路湿原国立公園の渡辺欣正です。フリースやジャケットなど羽織るものが手放せませんよ!

さて、今日は「釧路湿原の秘境」とも呼ばれるキラコタン岬から。ここは国立公園の特別保護区や国の天然記念物にも指定されており、鶴居村教育委員会(TEL:0154-64-2050)で許可を受ければ往復5kmのハイキングを楽しめる特別な場所です。

私たちは、ここでGW前~11月まで登山者カウンターを設置しており、利用者の動向を調べています。今シーズンもパークボランティアの皆さんと一緒にセッティングしに行ってきました。

5W1H 5W1H

設置後は、キラコタン岬の先端まで春のパトロールへ。オーストラリアから釧路湿原へ渡ってきたオオジシギが見られましたよ。

散策道沿いに倒木が3本ありましたが、チェーンソーを持参していなかったので処理は後日。所々、道が不明瞭な所もあるので、初めて行かれる方は鶴居村教育委員会でよく確認してください。

5W1H 5W1H

森を抜けて岬の先端に行くと、眼下には釧路湿原が!今から100年ほど前、全国どこを探しても見つからなかったタンチョウが再発見されたのが、まさにここ。聖域のような雰囲気をもっています。

5W1H

昨年までの登山者カウンターのデータを整理すると、年間3,000人ほどの方たちがキラコタンでのハイキングを楽しんでいることが分かりました。また、シーズンはじめ・おわりの利用者が多くなってきており、夏だけでなく芽吹きの春から紅葉の秋まで長く利用されるようになってきているようです。

5W1H

最後に、利用者の皆さまへのお願いです。これからも「秘境」に入らせていただくという気持ちを忘れず、ゴミは持ち帰る、散策道をはずれない、植物を採取しないといったマナーを守ったハイキングを続けてください。よろしくお願いします!