北海道のアイコン

北海道地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

熊に化けた狸

2018年08月30日
釧路湿原国立公園

この夏、釧路湿原でハイキングを楽しめる温根内木道を巡視すると必ずと言って良いほど、あたりをキョロキョロ見回して不安そうな方たちに遭遇しました。

5W1H

きっと自分の居場所が分からなくなってしまったのだろう。そう思って「道、大丈夫ですか?」と声をかけると、皆さん口を揃えてこう言うのです。

「クマの糞を見つけたんです...」と。

5W1H

いない訳ではないけれど、ずっとビクビクしながら歩くのも楽しくないだろうと思い、すぐ温根内ビジターセンターで看板をつくってもらい、パークボランティアの小川さんと手分けをして貼りに行きました。特大サイズの糞が計6箇所も。

5W1H 5W1H

正体は、ヒグマに化けたエゾタヌキでした。

何かに化けたり、いたずら好きという言い伝えは、ここからきているのでしょうか。

5W1H 5W1H

時々、歩道や車道にでてくるので、餌を与える、車でひいてしまう、などないようくれぐれもご注意ください。「まぬけでどんくさい」というイメージ通り、俊敏には動かない生きものです。

短い夏も終わりに近づき、温根内木道ではウメバチソウや秋の花が見ごろを迎えます。

↓旬マップはコチラ↓

http://www.kushiro-shitsugen-np.jp/book/onnemap/

9月のオススメイベント↓

①9月9日(日)10:00~12:00「アイヌ民族が利用した植物を観察しよう」

湿原を歩きながらアイヌの人たちが生活に使った植物を観察し、知恵と歴史を学びます。

| 定員15名 | 要予約 | 温根内ビジターセンター 0154-65-2323

それに併せてミニ企画展「アイヌ民族と植物」もこの日から9月末日までやっています。

②9月15日(土)9:00~12:30最終受付「温根内木道スポットガイド」

毎回、大好評をいただいているこのイベントも今年はこれで最後。パークボランティアたちが木道の各スポットでおもしろ話や旬の花について解説をしています。話を聞きながらぐるっと歩いて1時間30分。開催時間中いつでも受付しています。