北海道のアイコン

北海道地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

木道からサロベツ

2020年06月10日
稚内

サロベツにある環境省の施設では、

幌延町にある幌延ビジターセンターが527日から、豊富町にあるサロベツ湿原センターが61日から、

それぞれ通常開館しております。

ただし、来館者の皆様へ感染予防対策のお願いをしておりますので、

ご来館の際はご協力をお願いいたします。

人との距離を保ちながら、さっそく木道へ。

一部、私なりの楽しみ方つきで、今の湿原の様子をご紹介します♪

湿原は一気に緑が増え、小さな植物たちが咲き始めました。

"足下に広がる星空"と言いたいほど、小さな☆がいっぱいで、きらきら輝いている様に見えます♪

☆がいくつか集まって咲く花たちも咲き始めています。

こちらは"星団"といったところでしょうか♪

これからどんどん咲いていく草丈の高い大きめの花たちも、ちらほら咲き出しています。

大きさなどから"銀河"に相当するでしょうか♪

目だけでなく、耳でも楽しい季節になってきました。

ノビタキやノゴマ、コヨシキリなどのさえずりに加え、オオジシギやカッコウの声も聞こえだし、

発声練習をあちらこちらでしているかの様にとても賑やかです♪

更に、湿原を五感で楽しむために、昨年度改修された木道でおすすめの場所があります!

どちらの施設の木道にも広めのベンチが設置されたのです!

座ってぼーっとするも良し、寝転がって空を真正面から見るも良し、使い方はあなた次第です。

私は、周りに人がいないことを確認して寝転がってます♪

座ると目線が変わり、湿原の見え方も変わるので、湿原にあるベンチには是非とも座ってみて欲しいです。

座ることによって、鳥の声や風の動きなどもより感じられ、

湿原の中にどっぷり浸かっている気がしてきます♪

春先だけのお楽しみ、地平線での蜃気楼も見られる広大なサロベツ。

サロベツ湿原では、花や鳥を楽しむだけでなく、

この広大さから、地球や宇宙を感じることもできてしまいます!

サロベツの木道で、

あなたならどんな風に楽しみますか?