ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [北海道地区]

北海道地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2021年04月28日4月の大掃除

利尻礼文サロベツ国立公園 稚内 福井翔太

突然ですが初めまして!

福井翔太(ふくい しょうた)です!

大学を卒業し、4月からサロベツ地域のアクティブレンジャーとして活動をしています!!

実は私は地元民なのですが、道北の気温には慣れていると思いきや、4月にまだ残る肌寒さや風の強さを実感しました。

これからAR日記などを通してサロベツ地域の魅力や活動をお伝えします

皆様よろしくお願いします!

さっそくですが4月中二箇所の清掃活動に参加をしてきました。

4月11日(日)ペンケ沼清掃活動

ペンケ沼は幌延町のサロベツ原野の中にあります。

普段は牧草地と湿原に囲まれているため立ち入ることはできませんが、清掃活動と言うことで特別に牧草地の持ち主の方から立入りの許可をもらって行っています。

ペンケ沼の清掃活動は平成30年度から行われている活動になります。

午前9:30

快晴の中、特別に牧草地を通りペンケ沼へと向けてひたすら進んでいきます。

沼が見えてくると人の気配を察知して飛び立つコハクチョウやオオヒシクイたち

サロベツは4月にマガンやオオヒシクイ、コハクチョウといった北へ向かって渡る鳥たちが多くきています。

マガンやオオヒシクイはこんな感じで集まっています。

今回活動を行ったペンケ沼も多くの鳥が集まります。

しかし、足下を見ると...ペットボトルや空き瓶、タイヤなどたくさんのゴミが...

どうやら川や雪溶け水の増水によって流れてきている様子です。

胴長を来て沼の中へと進んで行き、ひたすらゴミを集めていきます。

後日、改めて整理し、結果40リットルのゴミ袋を20袋分、約90kg回収しました!!

4月22日(木)浜勇知園地清掃活動

利尻礼文サロベツ公園内の浜勇知園地の清掃です。

浜勇知園地はこうほね沼を囲むように作られた園地で利尻富士がよく見え、沼周辺ではハマナスやエゾカンゾウ、初夏には様々な植物を見ることが出来ます。

今回は稚内自然保護管事務所から2名 パークボランティア(PV)から5

北海道宗谷総合振興の方や町内会の方など65人で清掃活動を行いました。

午前10:00 清掃開始

こちらはペットボトルそして流木やプラスチックが多い印象でした。

人数が多いぶん回収はあっという間・・・

1時間でこちらの活動も大量のゴミを回収しました!

後で確認したところ約1000kg回収したとのことです。

皆様今回はお疲れ様でした。

こうした清掃活動を続けていくことや

普段の生活からゴミを外に落とさないようにするなどの意識や行動から

綺麗な景観や動植物が安心して住むことができるように行動をしていきたいです。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ